文鳥に青米は必要?栄養や食べないときの対策について

白米はよく知っているけれど「青米」は聞きなれないという人もいるのではないでしょうか。青米は未成熟な状態で収穫されたため、緑色になっているお米のことで、お米を収穫すると必ず一定の量が収穫されます。文鳥にはこの青米の方が普通の白米よりも適しており、適量を食べさせることで健康を維持させやすくなるといわれています。ここでは青米の必要性や食べないときの対策などについてご紹介します。

目次

文鳥には白米よりも青米が適している?

Fotolia 105489752 xs

文鳥はスズメの仲間だといわれています。スズメといえばお米が大好きで、イネ科の植物を主食としていますが、文鳥もスズメと同じようにお米が大好きです。そのため、農家を営む人にとっては田んぼのお米を狙う害鳥として知られています。

青米が適している

お米が大好きな文鳥ですが、文鳥には白米よりも青米の方が適しているといわれています。青米は栄養価が豊富で文鳥の健康状態を良くしてくれます。また、玄米が硬くて食べることのできない場合でも青米であれば食べさせることができます。

混合シードに含まれている

個別に青米を与えなくても文鳥の主食である混合シードなどに含まれています。特に文鳥専用のペレットであればアワやヒエ、キビ、カナリアシードなどと一緒に青米も入っているため、ペレットを食べさせることで必要な栄養素をバランス良く摂らせることができます。そのため、意識して青米を食べさせる必要はありません。

食べてくれない場合はどうすればいい?

青米が入っている配合飼料や混合シード、ペレットなどを食べさせていても、カナリアシードばかり食べて青米を残してしまうということがあります。文鳥は好き嫌いが激しく頑固なところがあるので好き嫌いをして青米を食べてくれない場合は工夫する必要があります。

青米を個別で食べさせる

混合シードなどに入っている青米を残してしまう場合は、青米を個別で購入して少しずつ食べさせてみましょう。
毎日好物に少量だけ混ぜて与えることで少しずつ食べてくれる場合があります。また、残っている青米は必ず毎日入れ替えるようにしてください。

雛の時期に食べさせる

文鳥は食べ慣れていないものをなかなか食べてくれない動物です。一般的に生後1ヶ月〜4ヶ月くらいの時期が学習期だと言われており、このタイミングで食べ物の好き嫌いが決まってしまいます。そのため、一人餌の練習をする際に少しずつ混ぜて、大人になった時に食べられるように与えていきましょう。

ポイント

米好きな文鳥にとって青米は栄養価が高く健康を維持するためにとても役立つ食べ物となります。文鳥の主食となる混合シードやペレットには青米が含まれていることが多いため、わざわざ個別で購入して食べさせる必要はありませんが、好き嫌いをして残してしまうという場合は好物に少量混ぜたり、雛の時期に少しずつ与えておくと良いでしょう。