文鳥の暑さ対策は?気をつけるべき注意点について

暑い夏はペットが熱中症になってしまわないか心配ですよね。特に日本の夏は気温に加えて湿度も高いので文鳥にも暑さ対策が必要となってきます。また、気温が高い場所に放置しているとストレスの原因にもなってしまうので注意しなければなりません。ここでは文鳥の暑さ対策の方法や、気をつけるべきポイントについてご紹介します。

目次

文鳥の暑さ対策について

Fotolia 64990649 xs

気温の変化によって暑い日が多くなっている近年の日本では、ペットも人間と同じように暑さ対策が必要となります。鳥類のなかには暑さを苦手としている鳥もいますが、文鳥はどうなのでしょうか

文鳥は暑さに強い?

文鳥はもともとインドネシア原産の鳥です。インドネシアといえば熱帯性気候の国なので、一年中夏のような暖かい気温となっているため、文鳥は比較的暑さに強く、25度〜30度くらいが適温となります。

しかし、日本の夏は湿度も高く、部屋のなかは何もしないと気温が40度を超えてしまうこともあります。そのため、暑さ対策によって適切な温度管理が重要となります。

適切な温度管理について

文鳥がいる室温を適切な温度に保つためにはエアコンをつけてあげる必要があります。室温が高くなりすぎてしまわないように、適温である28度くらいに設定してあげましょう。
飼い主さんがいるときは気温が高いと感じたらすぐにエアコンで室温を下げることができますが、文鳥を留守番をさせる場合は注意が必要となります。

特に季節の変わり目の時期は、午前中は涼しかったのに午後になって気温が急上昇してしまうこともあるので注意してください。

凍らせたペットボトルも効果的

ケージがあまり大きくない場合は凍らせたペットボトルを使ってケージ内を冷やすことができます。ペットボトルを水に入れて凍らせたものをタオルで巻いてケージの上に置いてあげるだけである程度温度を下げることができるので試してみてください。

水浴びをさせる

文鳥は水浴びが大好きです。そのため、暑い夏にも水浴びが出来るように水浴び用の水を用意してあげましょう。ただし、ぬるくなったり、古くなってしまった水ではよくないので毎朝水を入れ替えるようにしてください。

どんなことに注意すればいい?

文鳥の暑さ対策はとても重要となりますが、エアコンの効き過ぎには注意しなければなりません。また、暑い夏であっても文鳥には日光浴が必要となります。

日光浴は必要

暑い夏は直射日光が当たらない場所にケージを置いてあげる必要がありますが、日光浴はなるべく毎日行った方が良いと言われています。文鳥は日光を浴びることで骨が丈夫になり、ビタミンDが生成されます。そのため、朝や夕方などにケージから出して日光浴をさせる時間を作ってあげましょう。

エアコンの効き過ぎに気をつけよう

夏は文鳥の熱中症を避けるためにエアコンによって室内の気温を下げてあげる必要がありますが、エアコンの効き過ぎには注意する必要があります。

人によってはエアコンの設定温度が28度では暑いと感じてしまうかもしれませんが、それ以上室温を下げると部屋が冷えすぎてしまう恐れがあるので、扇風機をつけるなどして工夫しましょう。また、エアコンの風や扇風機の風が直接あたる場合も文鳥が体調を崩してしまう原因となるので注意しましょう。

ポイント

文鳥はインドネシア原産の鳥ということもあって暑さには強いですが、夏場は暑さ対策が必要となります。室温が上がりすぎてしまうと熱中症になってしまうこともあるので、エアコンで室温を28度くらいに設定して温度を調整しましょう。文鳥が口を開けていたり、羽を広げているときは暑さを感じている可能性が高いので、室温を下げるか、氷をケージの上に置いて冷やしてあげてください。また、室温を下げ過ぎたり、扇風機やエアコンの風を直接あててしまうと文鳥が体調を崩す原因となるので注意してください。