文鳥の誤飲には注意が必要?症状や予防法について

誤って異物を飲み込んでしまう誤飲は、文鳥でも意外と多いため注意が必要です。飲み込んだものによってはとても重い症状を引き起こしたり、最悪の場合は命を落としてしまうこともあります。主に放鳥を行っているときに部屋の中にあるものをエサと間違えて飲み込んでしまうことが多いため、飼い主さんの管理が重要となります。ここでは文鳥を飼う上で気をつけなければならない異物誤飲の注意点や症状、予防法などをご紹介します。

目次

文鳥の異物誤飲に注意しよう

Fotolia 105827806 xs

文鳥は気になるものがあるとクチバシでつついたり、噛む傾向があります。文鳥の噛む力は意外と強いため、プラスチックや金属などを噛み砕いて飲み込んでしまうことも十分に考えられます。そのため、少し目を離した隙に異物を飲み込んでしまうケースもあるので注意しましょう。

異物の誤飲は放鳥中に多い

文鳥の異物誤飲は放鳥中に多く起きています。飼い主さんが見ていない間に何かを飲み込んしまった場合は発見が遅れてしまうこともあるので非常に危険です。そのため、放鳥を行う場合は誤飲する恐れがあるものをあらかじめ片付けておく必要があります。

誤飲しやすいもの

以下は文鳥が誤飲しやすいものです。

・ビニール
・プラスチック
・金属片
・洗剤
・薬剤
・輪ゴム
・消しゴム
・針金
・ボタン
・鉛筆やシャーペンの芯
など

他にも壁やカーテンをかじったり、観葉植物の肥料を口に入れて中毒を引き起こすという例もあるので注意しましょう。

症状や予防法について

誤飲は飼い主さんが目を離した隙に起こることが多いので、症状が出るまで気がつかない場合があります。そのため、もしも誤飲があった場合は、なるべく早く異変に気づいてあげる必要があります。

誤飲の症状

どのようなものを誤飲したかによっても症状は異なりますが、主に食欲不振を引き起こしたり、水をよく飲むようになる、排泄がしづらくなるためお尻を振る、元気がなくなるなどの症状が見られるようになります。

また、何らかの中毒症状を引き起こしている場合は上手く歩けない、木に止まることができない、痙攣を起こすなどの症状が出てきます。いずれも時間が経過してから出ることが多いので注意しましょう。

予防法について

誤飲の予防は放鳥を行うときになるべく文鳥から目を離さないことがもっとも重要となります。また、放鳥を行う場合はあらかじめ誤飲の恐れがあるものを片付けておきましょう。文鳥はすぐにクチバシでつついたり、噛んでしまうことがあるので、なるべく物を片付けて、おもちゃも壊れそうになっているものがあればすぐに処分する必要があります。

ポイント

文鳥の誤飲は意外と多く起きているので、放鳥を行う場合は注意しましょう。誤飲する恐れのあるものは事前に片付け、なるべく文鳥から目を離さないようにします。また、ケージ内のおもちゃなどが壊れそうになっている場合は、破片を飲み込む恐れがあるのですぐに処分してください。

誤飲の覚えがない場合でも食欲不振などの体調不良が見られた場合は誤飲を疑いましょう。文鳥は気になるものがあれば何でもクチバシでつついたり、加えたりしてしまうので、飼い主さんがきちんと管理をして誤飲を防いであげましょう。