文鳥の荒鳥を手乗りにすることはできる?慣れさせる方法について

人間に対して警戒心を持つ荒鳥はスキンシップを取ろうとしても怖がって逃げてしまうため、なかなかコミュニケーションをとることができません。文鳥は比較的、人懐っこい動物だと言われていますが、それは小さい頃から飼い主さんが育てた場合で、荒鳥の場合はなかなか手なずけるのに苦労してしまいます。しかし、時間をかけて正しく接していれば荒鳥でも人に慣れるようになります。ここでは荒鳥を慣れさせる方法をご紹介します。

目次

荒鳥と手乗り文鳥の違いについて

Fotolia 74523514 xs

荒鳥とは人に慣れておらず、なかなかなつかない鳥のことをいうため、手乗りの反対の意味を指す言葉となります。荒鳥と手乗りの違いは育てられた環境に違いがあります。違いについて見ていきましょう。

手乗りは雛の時期から育てられている

手に乗せることができるくらいになついている文鳥は、雛の時期から人間がさし餌を行い、適度なスキンシップをとっているため、人を怖がならなくなります。文鳥はとても人になつくため、手乗り文鳥の場合は自分から人の肩に乗ったり、飼い主さんの手の中に入るくらいになつくこともあります。

荒鳥は人間を怖がる

一方で荒鳥は雛の時期に親鳥に育てられている場合がほとんどなので、人間に対して警戒心を持っています。
文鳥はとても臆病な動物なので雛の頃から接していないと人間のことを怖がって近寄らなくなるので、手乗りと違ってなかなかなつくことがなく、手に乗せたり触ったりすることが難しくなっています。

どんな方法で慣れさせればいい?

荒鳥でも時間をかければある程度人に慣れてくれるようになります。接し方次第では気を許してくれるようになるので、根気強く取り組んでいきましょう。

怖がるような行動をとらない

基本的なことですが、文鳥が怖がるような行動をとらないようにしましょう。イライラして怒ったり、乱暴に扱う、大きな声を出すことなどは控えましょう。また、手乗りよりも警戒されている状態なので、無理して触ろうとしたり、指先を近づける、執拗に追いかけるなどの文鳥が嫌がる行動をとらないように気をつける必要があります。

きちんと世話をする

文鳥からの信頼を得るためには、きちんと世話をしてあげることがもっとも重要となります。
エサを与えるときも優しく声をかけたり、朝エサをかえる際に自分の近いところにエサを置いて誘ってみるなどして慣れさせていきましょう。無理をしてはいけませんが、慣れてきたら自分の手でエサを食べさせてみてください。

狭い場所で放鳥を行う

文鳥は基本的に毎日ケージから出して放鳥を行う必要がありますが、いきなり広い場所で放鳥をしてしまうと怖がって寄り付かなくなってしまいます。そのため、ある程度落ち着くまで数週間は放鳥を避けましょう。

また、放鳥を行うときは押し入れなどの狭い場所で行い、人が近くにいても文鳥に対して何も危害を加えないということを理解させてあげましょう。このとき、可能であれば手からエサを食べさせてみると文鳥が心を許してくれやすくなります。

ポイント

荒鳥は手乗りと違ってなかなか人になついてくれません。しかし、時間をかけて慣れさせることができれば気を許してくれるようになるので、根気強く取り組むことが大切です。そのためには毎日きちんと世話をする、文鳥が嫌がることをしない、無理をしないことが重要で、優しく声をかけたり手からエサを食べさせるなどしてゆっくりと慣れさせていきましょう。

文鳥の荒鳥はなつかない?手乗りとの違いについて|HANEY [ハニー]
荒鳥という言葉をご存知ですか?荒鳥とは、人間を警戒してなつかない鳥のことをいいます。人間に慣れていない鳥を指す言葉なので、文鳥に限らずインコやフィンチなどにも使われる言葉となります。手乗りはその反対となる言葉で、人間に慣れているためよく人になつき、自分から飼い主さんの手の中に入ったりする鳥のことをいいます。ここでは文鳥の荒鳥についてや、手乗りとの違いについてご紹介します。