ハリネズミの噛み癖の直し方は?原因や対策方法について

ハリネズミの噛み癖は1度つくと直すことはなかなか困難です。噛み付く原因は主に、妊娠中・子育て中で攻撃的になっていることだったり、飼い主さんの手を怖いものだと認識しいる、ストレスを溜めているなどといったことが挙げられます。噛み癖の直し方は原因によって違うので、まずは原因を突き止めることが重要です。また、ペットが噛むおもちゃも販売されているので、噛む個体であればぜひ試しに使ってみるのもいいでしょう。

目次

ハリネズミが噛み付く原因は?

Fotolia 179727343 xs

ハリネズミの顔付近に手を出すと、噛み付かれることがよくあるかと思います。歯や顎が弱いとは言うものの、やはり噛まれると痛いですよね。
どうしてハリネズミは噛み付くのでしょうか?ここでは、ハリネズミの噛み癖の原因について見ていきましょう。

手を食べ物だと思っている

空腹だったり、食べ物のにおいが手に付着していると間違えて噛むことがあります。また、顔の前に手を出すと食べ物かどうかを確認するために噛むこともあります。

出典:haney.jp

噛み癖の原因としてとても多い原因であると言われています。もし、好物であるものを手で与えていると、その与えている手の匂いが好物のものだと思い込んでしまっている可能性があります。

このような噛まれてしまうという事態を防ぐためにも、食べ物を与える際にはお皿で与えるか、ピンセットを使うなどをした方が噛み癖はでにくいでしょう。

手を怖いものだと思っている

ハリネズミが不安を感じたり怖がっているときなど、追い詰められていると自身を守ろうとして防御のために噛むことがります。

出典:haney.jp

寝袋で寝ているときや、餌を食べているときに無理やり起こしたり邪魔をしていないでしょうか?人間でも、寝ているときに無理やり起こされたりご飯の邪魔をされたら嫌ですよね。

これはハリネズミにも当てはまることです。手を怖いもの・嫌なものだと思わせないようにするためにも、触るタイミングには気を付けましょう。

ストレスによって噛むことも

接し方や飼育環境によるストレスも噛む原因になってしまいます。また、身体に痛みや不快感があるときも同様なので環境や健康状態の見直しを行いましょう。

出典:haney.jp

ハリネズミは些細なこともストレスに感じてしまいます。ストレスは身体に大きな悪影響を及ぼしてしまうので、飼い主さんはいち早く原因を突き止める必要があります。

ストレスが原因の噛む行動として、威嚇しないで噛むという姿が見られることが多いので、この姿が見られた場合には飼育環境やハリネズミ自身の状態を確認するようにしてください。

病気や怪我をしている可能性も

ハリネズミは、何か病気にかかっていたり怪我をしている場合に噛むということもあります。これは、身体が弱っていると防衛本能が強くなり、近づくものに警戒してしまうことから噛む行動をとります。

もし、身体に触ると極端に嫌がる・便に異常が見られる・食欲不振などといった症状も一緒に見られた場合は、すぐに動物病院へ連れて行きましょう。

妊娠中や子育て中には攻撃的になる

私たち人間も、妊娠中は短気になり攻撃的になることがあります。これは、ハリネズミのお母さんも同じで、精神的に不安定なため噛んでしまうことがあるでしょう。

また、子育て中にも噛み癖が見られますが、これは我が子を守るということから噛んだり攻撃すると言われています。

噛み癖の直し方にはどんなものがあるの?

Fotolia 179886021 xs

上記で述べたように、ハリネズミは様々な理由から噛むという行動をとりますが、この噛み癖は直すことができるのでしょうか?
ここでは、ハリネズミの噛み癖の直し方について見ていきましょう。

噛まれた手をそのまま口に押し込む

手を噛まれた場合に驚いて引いてしまうという方が多いかと思います。しかし、噛まれた際に引くと、ハリネズミはさらに強く噛み付いてくるでしょう。そのため、噛まれた場合にはそのまま軽く口に手を押し込んでみましょう。

そうすることで、離れてくれるかと思います。これは噛み癖を直すのに効果的ですが、このとき決して強く押さないように気を付けてください。

匂いは統一しよう

ハリネズミは嗅覚に敏感なので、飼い主さんの匂いがコロコロ変わると混乱してしまいます。

また、食べ物の匂いが手についていると、その手を食べ物と勘違いして噛んでしまうこともあるので、ハリネズミと触れ合う場合には手を洗うということも大切です。そして、食べ物を与える際にはピンセットを使いましょう。

運動も噛み癖を直すのに効果的

ストレスが噛み癖の原因となることから、ストレス解消となる運動も噛み癖を直すことに効果的だと言われています。
そのため、回し車や部屋んぽなどの運動をさせてあげましょう。また、ストレスは攻撃的になる原因にもなるため気を付けてください。

放っておくことも大切

もし妊娠中や子育て中の場合は、あまり触れ合わず放っておくことも大切になります。

ハリネズミのお母さんは普段以上に警戒心が強く攻撃的になっているため、些細なことが大きなストレスとなって噛んだり攻撃してくることがあるでしょう。そのため、妊娠中や子育て中は放っておくことが大切です。

攻撃したり乱暴なことをするのはやめよう

いくら噛み癖が直らないからといって、叩いたり怖がらせることはやめましょう。もしかしたら叩いたりすることで噛み癖は直るかもしれません。

しかし、叩くことは今まで築きあげてきた信頼も全て失ってしまうことにつながります。ハリネズミにとっても痛くてかわいそうなことなので、乱暴によって直すのはやめましょう。

噛むおもちゃをケージに入れてあげよう

Fotolia 165936080 xs

ハリネズミ専用の噛むおもちゃはなかなか見つからないと思いますが、これは犬や他の動物のおもちゃでも代用することが可能です。
もし、よく噛む個体ならば、噛んでもいいおもちゃを入れてあげるとストレス発散になるかもしれません。

噛んでも平気な素材を選ぼう

噛む際にちぎれてしまうものは、ハリネズミが口にしてしまう可能性があり、腸閉塞や便秘につながる場合があります。

このようにハリネズミの身体に悪影響を及ぼしてしまうため、噛むおもちゃの素材はちぎれないようなものを選びましょう。
特に、すぐにほつれてしまうタオル素材のものや、ボア素材のものはおすすめしません。

ポイント

ハリネズミの噛み癖には様々な理由があり、その原因を突き止めることで直せる可能性があります。例えば妊娠中や子育て中であれば、その時期は攻撃的ですが時期が抜けると元通りになることがほとんどです。

また、食べ物と勘違いしているような場合は、ピンセットであげたり触れ合う前に手を洗うなどをして噛み癖を防ぎます。もし、飼っているハリネズミに噛み癖があるようであれば、ぜひ上記で書いたようなことを試してみてください。