ハリネズミの出産について!時間や兆候、何匹生まれるかや育児放棄など

ハリネズミは昼の時間に出産する傾向があり、平均3〜4匹の赤ちゃんを産みます。出産する際に赤ちゃんの針は痛くないのかと心配になるかと思いますが、産むときは皮膚の下に針が埋まっているため安全に生むことができます。妊娠の兆候として、乳首が目立つ・体重が増えるといった現象が現れるので、日頃からよく観察するようにすると分かりやすいでしょう。ここでは、ハリネズミの出産や年齢、育児放棄についてご紹介します。

目次

ハリネズミが生む赤ちゃんの数は何匹?

Fotolia 134435347 xs

ハリネズミを繁殖・出産させたい場合に、1度の出産で何匹生まれるのか知っておきたいですよね。
そこで、ここでは、1回の出産で生まれる赤ちゃんの数についてご紹介します。

平均で3〜4匹生む

ハリネズミのお母さんは、1回の出産で平均3〜4匹ほどの赤ちゃんを生みます。生む数はその個体にもよりますが、11匹産んだという報告もあります。

このようにたくさんの赤ちゃんを生むこともあるので、繁殖させる際にはたくさん生まれる可能性があることを考慮した上で行うようにしてください。

生まれた数だけ飼育ケージが必要になる

生まれたての赤ちゃんの時期は、ミルクを飲むために母親と同じケージに入れる必要がありますが、ある程度育ったら母親や兄弟と別々のケージにします。ハリネズミは基本的に単独者なので、同じケージで育てるということは好ましくありません。

そのため、赤ちゃんが生まれた際には、後のことを考えてケージを赤ちゃんの数だけ用意しておくことをおすすめします。

生まれてくるときも針は生えているの?

Fotolia 145242810 xs

ハリネズミの身体にはたくさんの針が生えていますが、生まれてくる赤ちゃんにも生えているのでしょうか?
ここでは、赤ちゃんの針についてご紹介します。

出産時は皮膚の下に隠れている

たくさんの針が生えていることから、出産する場合に刺さらないのか疑問に思う人もいるかと思います。
出産の際に、針はたくさんの体液で満たされた皮膚の下に埋まっているので、お母さんの胎内を傷つけるということはありません。

そのため、お母さんが痛いと感じることはないので、出産時の針の痛さを心配する必要はないでしょう。

針は出産後に出てくる

出産するときは、皮膚の下に針が埋まっている状態で生まれてくると述べましたが、その針は生まれてからしばらくすると皮膚から出てきます。そして、徐々に量が増え硬くなり、だいたい生後1週間ほどで細いとはいえしっかりした針となります。

赤ちゃんの針について詳しくは次のリンクを参考にしてください。

ハリネズミは生まれたてでも針があるの?|HANEY [ハニー]
ハリネズミは背中にたくさんの針が生えていますが、生まれてくるときにこの針が生えているのかどうかについて気になった人もいるのではないでしょうか?生まれたての頃から針がある場合はお母さんの産道を傷つけてしまうのでは?と心配になりますよね!ここでは生まれたての赤ちゃんに針が生えているのかどうかや、産道を傷つけずに済む理由などについてご紹介します。

妊娠の兆候にはどのような症状が現れるの?

Fotolia 179728747 xs

人間は妊娠すると、着床出血や嗅覚の変化、頭痛、腰痛などの様々な症状が現れますが、ハリネズミにはどのような症状が現れるのでしょうか。

乳首が目立つ

妊娠の兆候として、メスの乳首が目立ってくるといった姿が見られます。もし、妊娠の疑いがある場合には、ひっくり返して乳首の状態の確認をしましょう。

目立つようであれば妊娠している可能性が高いです。しかし、初産の場合はあまり目立たないということが多いので、乳首だけで妊娠の判断はしないようにしてください。

体重が増加する

妊娠すると、体重の増加が大きいです。+50g以上で妊娠している可能性が高いと言われているので、定期的に体重を計って確認しましょう。

お尻が大きくなる

妊娠の兆候として、上記以外にお尻が大きくなるといった姿も見られます。普段から身体の状態を確認していないとなかなか気付けないので、日頃からハリネズミのことをよく観察してください。

見分け方や兆候について詳しくは、以下のリンクを参考にしてください。

ハリネズミの妊娠の見分け方について!兆候を見逃さないようにしよう|HANEY [ハニー]
ハリネズミがいつの間にか子供を産んでいた、ということに出くわしたことのある飼い主さんも少なくないかと思います。ハリネズミの妊娠は見分け方が難しく、特に初産はあまり姿が変わらないと言われています。妊娠の見分け方として、体重が増加する、乳首が目立つ、などといった姿が見られるので、妊娠の可能性がある場合にはよく観察してみましょう。この記事では、ハリネズミの妊娠の見分け方についてご紹介します。

出産する時間はいつ頃?

Fotolia 168955408 xs

私たち人間の場合、人によって赤ちゃんを生む時間は様々ですが、ハリネズミも生む時間帯はバラバラなのでしょうか。

お昼に出産する傾向がある

夜行性の生き物として知られているハリネズミですが、出産はお昼頃にする個体が多いようです。そのため、もし飼っているハリネズミが妊娠した場合、出産するであろう週のお昼は静かに構わず過ごさせてあげると、ストレスを最小限に抑えられるでしょう。

育児放棄してしまった場合はどうすればいいの?

Fotolia 162142695 xs

飼っているハリネズミが無事に出産をしても、そこで安心するのはまだ早いです。ハリネズミのお母さんは、産んだ赤ちゃんが飼育環境に適していない、奇形や虚弱で生きることができないだろうと判断すると、育児放棄や子喰いをしてしまうことがあります。

また、ハリネズミのお母さんのストレス状態も育児放棄などの可能性を高めてしまいます。もし、育児放棄をした場合には、飼い主さんはどのような行動をとればいいのでしょうか。

人工保育は難しい

ハリネズミのお母さんが育児放棄をしてしまった場合には、飼い主さんが人工保育をして育ててあげる必要があります。

しかし、人工保育は非常に難しく、2時間置きに授乳しなければいけません。赤ちゃんに付きっ切りで飼い主さんの時間が縛られてしまうため、とても困難だと言われています。

育児放棄された個体は、短命で病弱

上記で、人工保育によって育てることができると述べましたが、残念なことに健康で丈夫に育つ確率は非常に低いです。
特に初乳を受けられなかった赤ちゃんは、生き続ける可能性は0に近いとも言われています。

これは決して人工保育を諦めるべきだというわけではなく、育児放棄というリスクの大きさを知っておいて欲しいということです。

育児放棄を防ぐことが大切

育児放棄をすると赤ちゃんが元気に育つ可能性が限りなく低くなるため、飼い主さんはできる限りの対策をとってあげることが大切になります。育児放棄は環境的要因が原因となっていることが多いので、まずは飼育環境を適切に整えてあげましょう。

赤ちゃんを産んでも、気になるからといって覗いたり、触ったりすることは絶対にやめてください。
また、出産をした後は、ケージを静かで暗い場所に置いてあげると、ハリネズミのお母さんが安心できます。

そして、2週間ほど掃除はしないようにしてください。ハリネズミと関わるのは、水と餌の交換だけにしておきましょう。
少しでもお母さんにストレスを与えないようにすることが重要です。

産めるようになる年齢はいくつから?

Fotolia 52662690 xs

人間でいうと、女性は月経がきてから出産することができますが、ハリネズミはいつから赤ちゃんを出産できるようになるのでしょうか。

性成熟ができたら出産できる

ハリネズミは性成熟(発情期)を迎えたら出産することができます。性成熟は、メスの場合生後2~6ヶ月、オスの場合は生後6~8ヶ月頃と言われているので、この時期を迎えてから繁殖を行うようにしましょう。

また、性成熟を迎えたからといって早くに繁殖を行うと、身も心もまだ子供なことから体に負担がかかり、育児放棄の可能性を高めます。
そのため、早期の繁殖は行わないようにしてください。

出産年齢について詳しくは、以下のリンクを参考にしてください。

ハリネズミが繁殖する時期は?適した年齢や性成熟について|HANEY [ハニー]
ハリネズミを飼っている飼い主さんは、我が子のように愛情を持って接している人も多いかと思います。その中には孫を見たいと考えている人もいるのではないでしょうか?しかし、実際に繁殖させようと思ってもいつでも行えるというわけではありません。適した時期や年齢が重要となるので、前もってしっかり把握しておきましょう。また、何匹生まれるかも知っておかないと育てきれないということにもなり兼ねないので注意が必要です。

ポイント

ハリネズミは身体にたくさんの針をまとっていることから、出産する際にお母さんが傷だらけにならないのかと疑問に思う人もいるかと思いますが、赤ちゃんは皮膚の下に針が埋まっているのでそのような心配はありません。

また、出産したからといって安心するのは早く、お母さんによっては育児放棄をしてしまうということもあります。育児放棄を防ぐためにも、飼い主さんは出産前も出産後も気を使ってあげてください。