人工芝はハリネズミの敷材におすすめ?掃除方法やソフトとハードについて

ハリネズミの敷材に人工芝を使用することもできますが、使う場合ソフトタイプは誤飲してしまう可能性があるので、ハードタイプのものがおすすめです。また、ハードタイプのものは硬いため怪我をしてしまうのではないかと思うかもしれませんが、特にその心配はありません。人工芝は比較的掃除が楽なので、敷材に悩んでいるようであればぜひ選択枠に入れてみてはいかがでしょうか。ここでは、そんな人工芝についてご紹介します。

目次

ハリネズミの敷材に人工芝を使うことはできる?

Img 2133

ハリネズミに使える床材には様々なものがありますが、実は人工芝も使うことができます。ここでは、そんな人工芝のメリットやデメリットについてご紹介します。

どんなメリットがある?

・緑色をしているので、見栄えが良い
・排泄物は乾燥すれば掃除が楽
・おしっこが下に落ちるので、衛生的である
・回し車の振動や揺れを吸収するため、騒音が軽減される
・掘ったり潜る心配がない
・人工芝を気に入ってくれる個体も多い
・アレルギーを気にせず使える

出典:haney.jp

排泄物は乾燥すれば掃除が簡単だと述べましたが、人工芝の間に埋まっていることもあるので定期的にお湯で洗い流す必要があります。

また、アレルギーの心配がないので、もし飼っている個体がくしゃみや痒がるといった行動をとっている場合には、人工芝を試してみるのもいいでしょう。

どんなデメリットがある?

・人工芝の間に挟まった排泄物の取り除きが困難
・人工芝の丸洗いはとても乾きづらい
・ケージの底からの暖房器具の暖かさの効果が伝わりづらい
・人工芝が苦手な個体もいる
・身体が小さい個体の場合、足が引っ掛かる可能性がある

出典:haney.jp

人工芝を苦手と感じている場合には、寝床から出てこないといった姿が見られるので、そのような場合は他の床材を使ってあげましょう。

ソフトタイプとハードタイプがある

Fotolia 95636192 xs

人工芝にはソフトタイプとハードタイプがあります。それぞれにどのような特徴があるのでしょうか?
ここでは、両者の特徴についてご紹介します。

ソフトタイプの特徴

ソフトタイプの特徴として、
・柔らかい
・ゴムっぽい臭いがする
・水捌けはやや悪い
・乾燥しづらい
・通気性はあまり良くない
・安い(30x30cm 約100円ほど)

見た目が本物の芝に近く、ケージ内が清潔に見えます。また、コーティング材や抜けた芝が次々と出てくるので、誤飲してしまう可能性もあります。

ハードタイプの特徴

ハードタイプの特徴として、
・硬い
・臭いは無臭
・水捌けは良好
・乾燥しやすい
・通気性が良い
・安い(30x30cm 約100円ほど) 

硬い素材の樹脂製で表面がとげとげしています。幼いハリネズミの場合は、このとげとげの隙間に足を挟む可能性があるので、大人になってから使うようにしましょう。

ハードタイプがおすすめ

上記ではソフトタイプとハードタイプをご紹介しましたが、ハリネズミに使用する床材としてはハードタイプの人工芝がおすすめです。ソフトだと、抜けた芝やコーティング材を誤飲し、腸閉塞になってしまう可能性があります。

また、通気性・乾燥に優れていないことからあまり衛生的とは言えません。このことから、ハードタイプの人工芝がおすすめと言えます。

掃除はどのようにして行うの?

Fotolia 120131856 xs

人工芝のメリットとデメリットで、乾燥すると掃除がしやすい・隙間に排泄物が入ると取り除くのが困難と述べましたが、どのようにして掃除を行えばいいのでしょうか?
ここでは、人工芝の掃除の仕方についてご紹介します。

定期的に水洗いが必要

隙間に排泄物が入ってしまうことから、定期的に水洗いをして取り除く必要があります。衛生的な空間にしてあげるためにも、きちんと洗ってあげましょう。

また、洗った際にはしっかり乾かしてから使うようにしてください。

ストックしておくと楽

もし掃除が大変だというようであれば、何個かストックしておいて使い捨てにするという方法もあります。
安く手に入れることができるので、もしお金に余裕があるようであればこの方法もいいかと思います。

怪我をする可能性はあるの?

Fotolia 167120524 xs

ハードタイプの人工芝はとげとげしていて硬いことから、ハリネズミが痛かったり怪我をしてしまうのではないかと心配する飼い主さんもいるかと思います。

人工芝によっては怪我をする可能性があるのでしょうか?

隙間に挟まって怪我をする可能性がある

上記で述べているように、ハードタイプの人工芝は隙間があるので、大人のハリネズミはもう大きいので心配ありませんが、小さいハリネズミだと挟まって怪我をしてしまう恐れがあります。

そのため、人工芝を使う場合には、子供の時はやめておきましょう。

とげとげは比較的気にしなくても大丈夫

人工芝のとげとげが怪我の原因になるのではないかと考えがちですが、特にそのようなことはありません。
しかし、個体によってはそのとげとげに違和感を感じて歩かなくなるということがあるので、もし人工芝を使うというようであれば、平気かどうかしばらく様子を見ましょう。

ポイント

ハリネズミの床材には人工芝を使うことができますが、使用する際にはこの記事で述べたような注意点に気を付けて使用するようにしてください。また、人工芝にはハードタイプとソフトタイプがありますが、誤飲してしまう可能性のないハードタイプのものがおすすめになります。飼っているハリネズミが安心安全に暮らせるように、飼い主さんはより良い飼育空間にしてあげてください。

ハリネズミの床材について!交換するタイミングや量、注意点などについて|HANEY [ハニー]
ハリネズミを飼育していく上でほとんどの場合に必要となるのがケージに敷く床材です。ハリネズミの床材にはおからやペットシーツなど様々な種類がありますが、中には食べることでアレルギーが出たり、食べなくても症状が出てしまうことがあります。特に広葉樹には注意しましょう。ここでは、ハリネズミのケージに使用する床材の量や交換するタイミングや掃除の仕方や食べる場合の注意点についてご紹介します。