ハリネズミに白目ってあるの?普段から見えている場合は要注意

人間には白目がくっきりとありますが、ハリネズミはほとんど黒目で白目の範囲が狭いです。そのため、いきなり白目の範囲が広がったり、今まで白くなかった場所が白くなるなどといった症状が見られた場合には、何かの病気にかかっていたり、膿んでしまっている可能性があります。放っておくと眼球摘出といった手術が必要になり、ハリネズミの身体に負担をかけることことになるので、早期発見をして治すことが大切になります。

目次

ハリネズミに白目はあるの?

Fotolia 179727343 xs

ハリネズミは黒目が大きく見えることから、白目はないのではないかと思う人もいるかと思います。
人間にはもちろん白目がありますが、ハリネズミにはあるのでしょうか。

白目の部分は少ないけどある

ハリネズミの目は、少しですが端の方に白目があります。しかし、ほとんど黒や茶色、アルビノであれば赤やピンク色をしており、白目の部分が少ないことからつぶらな瞳がより強調されます。

瞳の色はカラーの種類によって様々

瞳の色はその個体のカラーによって変わってきます。スタンダードカラーであるソルト&ペッパーであれば瞳の色が真っ黒なことから大きく見えます。

シナモンは瞳の色が茶色がかっていることから、ほかの個体よりも優しい印象となるので女性に人気のカラーと言われています。

そして、シニコットやアルビノなどといったカラーは目が真っ赤なことから、好き嫌いが分かれるでしょう。
カラーによって瞳の色が変わるので、ぜひ見比べて自分好みの個体を探してみてください。

カラーについて詳しくは次のリンクを参考にしてください。

ハリネズミのカラーの種類や値段について|HANEY [ハニー]
ハリネズミには約91〜92種類以上の毛色があると言われています。どのカラーの子が生まれてくるのかには遺伝が関係しているため、自然にアルビノなどが生まれることもありますが、専門のブリーダーが親の組み合わせを考えて作っていることが多いです。たくさんいる種類の中でも特にシナモンやパイドが人気となっており、希少性が高い分値段も高くなります。ここではカラーごとの特徴や違い、種類や値段についてご紹介します。

範囲が広い場合は病気の可能性もある

Fotolia 184698892 xs

白目の面積はごくわずかですが、範囲が広かったり黒目がだんだんと白くなっていくなどといった症状は、病気の可能性を秘めています。

病気の場合は早期に病院で治療をする必要があるので、早くに飼い主さんが飼っているハリネズミの異変に気付いてあげるということが大切になります。

化膿して膿んでいる可能性も

飼っているハリネズミの白目が突然強調されたり、白いものができたり場合には、何らかの病気にかかっているという可能性があります。目に細菌が入り込んで膿んでいたり結膜炎が考えられるので、異変に気付き次第すぐに動物病院へ連れて行き診察を受けましょう。

放っておくと眼球が飛び出したり、最悪死に至る場合もあります。健康的に過ごしてもらうためにも、日々様子を見て異変がないかの確認を行うことが大切になります。

ポイント

ハリネズミはほとんど白目がないことから、瞳が大きく見える生き物です。白目があまりありませんが、突然見えるようになったり、今までなかった場所に白いものができた場合には、何かの病気を疑った方がいいかもしれません。早期発見をしてあげるためにも、小さい異変かと思いますが、すぐに動物病院へ連れて行くことが大切になります。