ハリネズミと添い寝ってできるの?ストレスには注意しよう

犬や猫などといった、ペットと添い寝をする写真がSNSで挙げられていることから、ハリネズミとも添い寝ができるのではないかと考える飼い主さんもいるかと思います。ハリネズミもきちんと慣らしていれば、添い寝をすることが可能です。慣らしていない状態での添い寝は、ハリネズミにとってストレスと感じてしまうことがあるので、きちんと慣らしてから添い寝をするようにしてください。ここでは、添い寝についてご紹介します。

目次

ハリネズミと添い寝がしたい

Img 2069

犬や猫だと、一緒に添い寝をするというイメージが湧きやすいですが、ハリネズミも飼い主さんと一緒に寝ることはできるのでしょうか?

ハリネズミは警戒心が強く、身体にたくさんの針をまとっていることから一緒に寝るのは難しいのではないかと思う人も多いかと思いますが、犬や猫などと同様に、場合によってはハリネズミとも添い寝をすることができます。どうしたら添い寝ができるのでしょうか。

まずは慣らすことが大切

添い寝をする前に、まずは飼い主さんに慣れていなければいけません。慣れていないのに添い寝をしようとするのは、ハリネズミにとってストレスの他ないでしょう。

ストレスは身体に悪影響を与えるだけではなく、命を脅かす恐ろしいものです。そのため、少しでもストレスを感じさせないためにも、まずは慣らすということが大切になります。

慣らし方について詳しくは、以下のリンクを参考にしてください。

ハリネズミは人に慣れる?期間やなつかない場合の対処方法|HANEY [ハニー]
ハリネズミを飼ってみたいと思った人が最初に気にすることは、飼い主さんに対して慣れてくれる、またはなついてくれるのかどうかについてだと思います。ハリネズミは個体差もありますが、時間をかけることによって慣れてくれる動物です。慣れることで触ったり、針を立てないようになるなどの証拠が見られるようになります。ここではかかる期間や慣れさせる方法などについてご紹介します。

焦らずゆっくりと信頼関係を築いていこう

上記で慣らすことが大切だと述べましたが、ハリネズミは警戒心が強く臆病な生き物なので、なかなか懐いてくれないかもしれません。しかし、焦らずゆっくりと接していけばいつかは懐いてくれるでしょう。

早く添い寝をしたいからといって、無理やりすることは禁物です。ハリネズミのこともよく考え、時間をかけて添い寝ができるように頑張りましょう。

危険性があることを十分に理解しよう

Fotolia 182271039 xs

ハリネズミは犬や猫とは違い、とても小さな生き物です。そのため、添い寝をすることによって寝ている間に踏んでしまったり、踏んだ衝撃で針が刺さってしまうということもあるでしょう。

このように危険性も伴うということを十分に理解した上で、添い寝をするようにしてください。

脱走する恐れもある

添い寝をするということは、ケージの外に出すということです。そのため、飼い主さんが寝静まった頃、ハリネズミが布団やベッドから脱走する可能性もあります。

ベッドだったら落ちて怪我をする恐れもありますし、布団の場合でも脱走してどこかの隙間に隠れて見つからないということもあります。
このような可能性があるということをしっかりと理解しましょう。

踏む可能性の低い場所に置いてあげよう

寝ているときは、どうしても無意識に寝返りをうってしまうかと思います。そのため、足元や身体の近くで添い寝をさせると、寝返りをしたときに踏んでしまう危険性があります。

これは両者に怪我の危険性があるので、事前に対策をとることが大切になります。寝返りをうっても踏む危険性の少ない顔くらいの高さに置いて添い寝するといったことをすると、踏んでしまう確率は下がるでしょう。

ポイント

ハリネズミと添い寝をする場合には、様々な注意点があります。この記事でご紹介したような点に十分気をつけて添い寝をするようにしましょう。また、小動物は体が小さいので、人間が踏んでしまうと大きな怪我をする可能性が高いです。怪我をさせないようにするためにも、飼い主さんがしっかりと注意しましょう。