ハリネズミって小さいの?実際の大きさや種類による違いについて

ハリネズミには様々な種類がありますが、代表的な種類の中では日本で唯一飼うことのできる「ヨツユビ」が小さいです。大きさには個体差があるので、別の種類の方が小さいということもありますが、全体的に見るとヨツユビが一番小さいでしょう。また、小さい種類といっても、意外と大きく成長し飼い主さんを驚かせることもあります。しかし、大きく成長してもとても可愛らしい生き物なので、最後までしっかりと育ててあげて下さい。

目次

ハリネズミは小さい生き物?

Fotolia 134435347 xs

ハリネズミは小動物ということから、手に収まるくらいの大きさをイメージしている人が多いかと思います。

しかし、意外とイメージしている以上に大きくなる生き物で、飼ってみてから大きく成長する姿に驚いたという飼い主さんも少なくありません。
一体ハリネズミはどのくらいの大きさにまで成長するのでしょうか。

ハムスターより大きくうさぎよりは小さい

大きさとしては、ハムスターより大きくうさぎよりは小さい大きさにまで成長します。体重は約500~700gまでにもなると言われているので、意外とずっしりと感じるでしょう。

個体差があるので、全ての個体が大きく成長するとは言い切れませんが、意外と大きく育ちます。

種類によって大きさが異なる

Fotolia 167146716 xs

ハリネズミには様々な種類がありますが、大きさはこの種類によって異なります。一番大きな種類・一番小さい種類はどれでしょうか。

代表的な種類の中ではヨツユビが小さい

数ある種類の代表的なものの中では、ヨツユビが一番小さいでしょう。反対に大きな種類はアムールハリネズミという種類になります。

ヨツユビハリネズミ以外は日本で飼う場合、届け出が必要だったり飼えない場合があるため、見比べるということはできないかと思いますが、もし興味があるというようであれば本やネットに写真が載っているのでぜひ見てみてください。

大きさについて詳しくは、以下リンクを参考にしてください。

ハリネズミの大きさはどれくらい?大人や年齢による違いについて|HANEY [ハニー]
実際にハリネズミを見たことのない人は、ヤマアラシなどの動物とごっちゃになっているためかなり大きいと思っている人もいると思います。しかし、実際には体長約14〜20cmほどなので、手の平におさまるぐらいです。生まれたて赤ちゃんは約2.5cmほどととても小さく、生後2〜3ヶ月ほどで大人と同じ大きさにまで成長します。ここではハリネズミの年齢や種類ごとの大きさについてご紹介します。

ポイント

SNSなどでハリネズミの写真を見ると、小さくて丸々しているように見えますが、大人の個体は以外と大きく、体長14~21㎝ほどで体重も500~700gまでに成長します。そのため、事前に意外と大きく成長するということを把握していないと驚いてしまうかもしれません。大きさには個体差があるので、なかには小さい個体もいますが、どの個体も愛情をもって育ててあげて下さい。