ハリネズミはテレビの音が苦手?横にケージを置くのはやめておこう

ハリネズミを適度な生活音に慣らすことは、共に生活していく上で大切なことですが、寝ている時間帯である日中に多くの頻度でついているテレビの音や大きな音は、ハリネズミにとってストレスとなることがあります。そのため、テレビの横や人のよく通る場所は避けたほうがいいでしょう。この記事では、テレビの音などといった、ハリネズミを置く場所の注意点についてご紹介します。

目次

テレビの音などの生活音に気を使おう

Fotolia 182271039 xs

ハリネズミは臆病で警戒心が強いことから、些細な音にもびっくりしてしまいます。また、聴覚に非常に優れているので、小さな音にも敏感です。そのため、生活音には気を付けて過ごすことも大切になります。

臆病な生き物

ハリネズミはとても臆病な生き物で、人間の気配を感じると寝床に隠れてしまうということが多いです。

気配だけで逃げてしまうことから、音にもとても敏感で、少し話しかけただけでもフシュフシュと威嚇したり針を立てることがあるでしょう。
そのため、飼い主さんは音に気を使ってあげることが大切になります。

ハリネズミの臆病さについて詳しくは、以下リンクを参考にしてください。

ハリネズミには臆病な子が多い!時間をかけてゆっくり慣れさせよう|HANEY [ハニー]
ハリネズミは非常に臆病な生き物なので、飼っていても寝床から出てこない、触ろうとするとフシュフシュと威嚇をするということが頻繁にあるかと思います。臆病ということから、慣れるまでに多くの時間がかかるでしょう。しかし、ここで焦ってはいけません。焦って無理に触ろうとすると、返って慣れるどころか警戒してしまいます。臆病な生き物なので、時間をかけてゆっくりと慣らしていきましょう。

テレビの横には置かない

みなさん日中〜寝る前まで、家にいる場合はテレビを付けっ放しにしている人が多いかと思います。

ハリネズミは夜行性で、人間の活動している日中は寝ていることが多いことから、テレビの横など頻繁に音が鳴るものの横において置くことはあまり好ましくありません。眠りの妨げになる可能性もあるので、ハリネズミの置く場所はテレビの音が近くない場所にしてあげましょう。

静かな場所に飼育施設を置いてあげよう

Fotolia 162142695 xs

臆病な性格から音にも敏感な生き物なので、静かな場所に飼育施設を置いてあげることが望ましいです。
また、ほかにもペットを飼っているようであれば、部屋を別々にしてあげるとストレスがかからないので、できるだけ離すようにしましょう。

人の気配にも敏感

上記で述べたようなテレビの音などといった生活音だけではなく、気配にも敏感な生き物です。そのため、静かなだけではなく、人間があまり通らない部屋や壁際に置いてあげると、ハリネズミが落ち着いて過ごせるでしょう。

あまり神経質にならないように

テレビの音などといった生活音に気を配ろうと述べましたが、あまり神経質にならなくても大丈夫です。
飼い主さんにも飼い主さんの生活があるので、常に静かに暮らすことは難しいでしょう。

また、ハリネズミに生活音を慣らしておくということも大切です。そのため、生活していく上であまり神経質にならず、共に生活しやすいような空間にしていきましょう。

ポイント

ハリネズミと一緒に過ごしていく上で、テレビの音などといった生活音に気を配って暮らしていくことが大切ですが、多少は生活音に慣らすことも大切です。そのため、常に静かな空間にしなければならないというわけではありません。テレビの横に置くとその大きな音が常に耳に聞こえる状態となるので、このような常に聞こえる大きな音などの回避に務め、適度な生活音に慣らしていきましょう。