ハリネズミはトンネルが好き?飼い主さんの手作りをあげよう

ハリネズミの飼育グッズには様々なものがありますが、その中でもトンネルは大好きな遊び道具になります。そのため、置いてあげることによって喜んで遊んでくれる上に、運動不足の解消にもなるでしょう。また、トンネルは簡単に手作りすることもできます。身近なもので代用することもできるので、ぜひ試してみてください。この記事では、ハリネズミが遊ぶことのできるトンネルの作り方などについてご紹介します。

目次

ハリネズミのケージにトンネルを置いてあげよう

Fotolia 117831128 xs

ハリネズミは暗くて狭い場所が大好きなことから、トンネルを飼育施設内に置いてあげると喜んで入って遊んでくれるでしょう。

出たり入ったりと、その姿はとても可愛いものです。そのため、飼育施設にスペースが余っているというようであれば、ぜひトンネルを置いてみてはいかがでしょうか。

様々な種類がある

トンネルには様々な種類があり、木製のものや塩ビ管(継手)、フェレットが使うような、ポリエチレンからできている伸び縮み式のものなどが販売されています。

種類があるためどれを買おうか迷ってしまうこともあるかと思いますが、これは飼い主さんの好みで選んで大丈夫です。
ハリネズミにも好き嫌いがあるので、たくさんの種類を試してみてもいいでしょう。

シェルターにもなる

トンネルは遊び道具としてだけではなく、シェルターの役割も果たします。ハリネズミを飼う際には、個体が安心できるような隠れる場所が必要になります。

そのため、寝袋や寝床が必要になりますが、トンネルはその隠れ家としても使うことができます。飼育施設にスペースがなく、遊び道具を置けないというようであれば、トンネルと隠れ家を兼用にしてもいいかもしれません。

手作りしてあげることはできるの?

Img 2069

ハリネズミの飼育グッズは手作りできるものが多いですが、トンネルも作ってあげることはできるのでしょうか。
ここでは、トンネルの手作りするやり方についてご紹介します。

ティッシュの空き箱も使える

トンネルといえば筒状のものを連想する人が多いかと思いますが、ティッシュの空き箱を代用するという方法もあります。

作り方は簡単で、ティッシュの空き箱の両端を開くだけになります。これは手間がかからずすぐに試せるので、空き箱があればぜひ試してみてはいかがでしょうか。

ポテトチップの容器も使える

ティシュの空き箱を使えると述べましたが、チップスターなどの容器も代用することができます。

こちらはそこが開いてませんが、トンネルとして遊ばせることが可能です。遊ばせる際には、きちんと容器を洗ってから使うようにしましょう。

トイレットペーパーの芯も大好き

トイレットペーパーの芯も代用することができます。入る場所が狭いことから、ハリネズミは顔を突っ込んで遊ぶでしょう。
ここで注意点なのですが、もし抜け出せなくなっているような様子が見られたら、すぐに抜いてあげてください。

また、無臭のものであればそのまま使っても大丈夫なのですが、匂いつきの場合は使わないようにしましょう。

ポイント

この記事でご紹介したように、トンネルは様々なもので代用したり、手作りをしてあげることができます。ハリネズミは暗くて狭い場所が大好きなので、トンネルを置いてあげると喜んで入ったりして遊んでくれるでしょう。その姿はとても可愛いものなので、ぜひこのような遊び道具を置いてみてあげてください。