ハリネズミにはハニーワームがおすすめ?量や食べさせ方などについて

爬虫類のおやつといえばミルワームが有名ですが、ハリネズミにおすすめのおやつとしてハニーワームという虫餌もあります。ハニーワームは他の餌よりも嗜好性が高く栄養素が豊富なので、与えると大喜びで食べる個体が多いです。しかし、生き餌の場合は保管するのも大変で、くねくねと動く姿が苦手だという人も多いかと思います。そういう人は乾燥してあるドライタイプを購入しましょう。食べさせる量や与え方についてご紹介します。

目次

ハニーワームって何?

Fotolia 117831128 xs

ミルワームなどの生き餌を食べる小動物や爬虫類を飼育したこのない人からすると、ハニーワームという名前は聞き覚えのないものかもしれませんが、ハリネズミを飼育する上では大好物のおやつとなるので、虫が苦手という人も頭に入れておくといいでしょう。

ハチノスツヅリガの幼虫

ハニーワームと呼ばれる虫はハチノスツヅリガという蛾の幼虫で、以前はハチミツガという名前で呼ばれていました。
この虫はミツバチの巣の中に侵入し、ミツバチの幼虫が食べる美味しい蜂蜜を食べて育つため、幼虫は高い栄養素を持っています。

嗜好性と栄養が豊富なので、ハリネズミなどのペットのおやつとして親しまれていますが、ミツバチの巣に住み着いて巣をダメにしてしまう虫なので、養蜂家の人とたちからはとても嫌われているそうです。

ハリネズミのおやつにおすすめ

Fotolia 135544759 xs

ハリネズミは様々なものを食べることができる動物なので、フード以外にもおやつとしてマシュマロやササミなどいろんな種類の食べ物を食べさせている飼い主さんが多いかと思います。

しかし、爬虫類のおやつとしても有名なミルワームやジャンボミルワーム、ハニーワームといった虫には少し抵抗のある人が多いのではないでしょうか?

しかし、こうした生き餌は栄養価や嗜好性がとても高いので、苦手でなければぜひ一度あげてみましょう。

大好きな個体が多い

野生では主にミツバチの巣の中で上質な蜂蜜を食べて育つハニーワームは、そのプリプリとした白い見た目の通り、柔らかくて脂肪分や栄養素がとっても豊富なので、おやつとして与えると大喜びするハリネズミが多いです。

どんな栄養素が含まれているの?

ハニーワームの栄養素は以下のように言われています。

・水分=61.73%
・脂質=22.19%
・たんぱく質=15.5%
・ 繊維=7.69%
・灰分=1.02%

与え過ぎには要注意

ハニーワームは栄養素を豊富に含んでいるため、ハリネズミの食いつきが良く、美味しそうに食べる姿が可愛いことからついつい食べさせ過ぎてしまうかもしれませんが、食べ過ぎると肥満になってしまいます。

肥満は様々な病気の原因にもなりかねないので、飼い主さんがしっかり一日に与える量を管理しましょう。
また、摂取したカロリーを消費するのには体力も必要なので、老化や病気によって衰弱している個体にはあまり与えないようにした方が安心です。

購入する場合は繭なし加工をしているものがおすすめ

ハニーワームは糸を出して、その糸を繭のようにして閉じこもってしまいます。プニプニとした柔らかそうな見た目とは違い、意外と糸は固いのでハリネズミにあげる前に繭を剥くのに手間取ってしまうこともあります。

そした手間が面倒くさい場合は、少し値段が高くなってしまいますが、繭なし加工のされているものを購入するのがおすすめです。

生き餌が苦手な場合はどうすれば?

Fotolia 167120524 xs

ミルワームやハニーワームなどの虫を、ハリネズミのおやつとして与えたいけど飼育して脱走されるのは嫌だし、くねくねと動く姿が気持ち悪くて触れないという人も多いかと思います。

そういう人にはドライハニーワームがおすすめです。乾燥されているため、脱走やくねくね動く心配がありません。お店によっては少し割高になる場合も多いですが、まずは乾燥しているものから挑戦してみるのもいいでしょう。

ドライタイプの購入はこちら

1日にどれぐらいあげてもいいの?

Fotolia 120131856 xs

個体の健康状態にもよりますが、1日に与える量は1〜3匹程度が推奨されています。しかし、食べ過ぎると肥満になってしまうので、肥満気味の個体は1日に1匹、または数日に1匹程度のご褒美として与えるようにしましょう。

懐かせるのにも役立つ

ハリネズミにハニーワームを与える時は、先に飼い主さんの手の匂いを嗅がせた後に食べさせるようにしてみましょう。
そして食べ終わった後にもう一度飼い主さんの手を嗅がせてあげてください。

あまり目の良くないハリネズミは匂いで安全なものや危険なものを見極めることが多いので、こうした行動を繰り返すことで飼い主さんの匂い=いいことがある匂いという風に認識してくれるようになります。

いつまでも警戒して触らせてくれないという場合には、ぜひ一度この方法を試してみてください。

ポイント

ハニーワームはハリネズミの大好物の一つで、栄養素が豊富に含まれているため、ミルワームを食べない個体でもハニーワームなら食べてくれるという場合が多いです。しかし、栄養素が豊富に含まれている分、食べさせ過ぎると肥満になってしまうので与え過ぎには注意しましょう。

生き餌を与えるのに抵抗がある場合は乾燥したドライタイプも販売されているので、そちらを購入するようにしましょう。

ミルワームやおやつについては次の記事を参考にしてください。

ハリネズミの餌にミルワームは適してる?頻度や量、与え方や注意点について|HANEY [ハニー]
野生下のハリネズミは餌として虫を食べているため、ペットとして飼育している場合でも虫を与えことで栄養バランスがとれる場合もあります。その中でも代表的なのはミルワームです。基本的には好きな子が多いため食べ過ぎに注意しなければいけませんが、中には食べない子もいます。ここでは、ハリネズミにミルワームをいつから与えてもいいのか、頻度や量、頭を潰したり成虫は与えないなどの与え方についてご紹介します。
ハリネズミのおやつ(副食)は何がいい?与える量や頻度について|HANEY [ハニー]
ハリネズミには主食となる餌以外に、おやつとして果物やササミ、昆虫などの生き餌を与えることができます。そうすることで足りない動物性たんぱく質を補給できるだけなく、食欲不振の時に嗜好性の高いおやつを与えることで食欲増進をはかることもできます。ここではハリネズミに与えることのできるおやつの種類や与える時の注意点、頻度、いつから与えていいのかなどについてご紹介します。