ハリネズミは新幹線に乗せられる?乗せる時の注意点や方法について

ハリネズミは手荷物扱いで新幹線に一緒に乗せることができます。乗せる際には温度や環境に気を付けてあげてください。また、新幹線に乗せる前に、窓口にて普通手回り品切符といったものを購入する必要があります。これは当日にしか買えないので、乗車時間ギリギリに駅に着くのではなく、時間に余裕を持って着いておき、手続きをすることをお勧めします。この記事では、新幹線に乗せる際に注意すべき点などについてご紹介します。

目次

ハリネズミは新幹線に乗せることができるの?

Fotolia 184697993 xs

どこかへ出かけることになって、家を何日か空けることもあるでしょう。その際にハリネズミを飼っていたら、多くの人はペットホテルや親しい人に預けるかと思います。

しかし、様々な事情があり、預けられずに一緒に連れて行かなければならない事態もあるかもしれません。
そこで、この記事では遠出をする際、新幹線にハリネズミも一緒に乗ることができるかどうかについてご紹介します。

一緒に乗車することは可能

結論から言うと、ハリネズミも一緒に新幹線へ乗ることは可能です。しかし、一緒に乗る際には「普通手回り品切符」というものを窓口で購入する必要があります。

この普通手回り品切符は、乗車する当日に駅の窓口でしか購入することができないので、時間に余裕を持って手続きをするようにしましょう。

普通手回り品切符はいくらするの?

上記でご紹介した普通手回り品切符は、駅の窓口にて280円で購入することができます。ハリネズミなどといったペットは手荷物扱いになるので、乗車距離に関係なく一律で280円となります。

同行させる際は環境に気を付けよう

Fotolia 158521953 xs

ハリネズミは臆病で神経質な生き物なので、環境に気を使ってあげることがとても大切になります。
そこで、ここでは新幹線に乗せる際に注意すべき点についてご紹介します。

温度管理はしっかりと

ハリネズミは温度変化にとても敏感な生き物なので、連れて行く際にはケージ内の温度管理に気を付けなければいけません。
適温は26度前後と言われているので、ホッカイロや凍らせたペットボトルなどを使用して温度調節を行ってください。

暑過ぎたり寒過ぎる環境はハリネズミにとって大変ストレスになります。また、冬眠や夏眠といった命に関わる症状を発症する可能性もあるので、なるべく適温を保てるように努めましょう。

適温や冬眠、夏眠について詳しくは、以下リンクでご紹介しています。

リンク 2573

ハリネズミの適温はどれぐらい?夏や冬の適正湿度にも注意しよう!|HANEY [ハニー]
ハリネズミは暑さや寒さに弱い動物なので、夏や冬など気温の変化が激しい季節にはしっかりと適温管理を行わなければいけません。基本的な適温は26度前後、適正湿度は40〜60%だと言われています。ハリネズミは暑すぎると夏眠、寒すぎると冬眠というそのまま死んでしまうことの多い状態に陥ることもあるので、温度管理はグッズやエアコンなどを使って徹底しましょう。ここではハリネズミの適温についてご紹介します。

ケージは大き過ぎないものを選ぼう

ハリネズミは暗くて狭い場所が大好きです。そのため、広い環境は落ち着かずストレスになるということも少なくはありません。

このことから、連れて行く際に使用するケージは飼っている個体に合ったジャストサイズのものを選ぶようにしましょう。
少しでもハリネズミが落ち着ける環境にしてあげることが大切です。

揺れが大きいと酔ってしまうことも

ハリネズミも人間と同じように揺れに酔ってしまうことがあります。そのため、連れて行く際にはあまり揺れないように注意してあげましょう。

新幹線内でも揺れやすいようなデコボコした場所には置かずに、平らな場所に置いてあげてください。

周りの人にも気を使おう

Fotolia 167120524 xs

新幹線に乗せる際には、ハリネズミのことだけではなく周りの乗車している人たちにも気を使いましょう。

乗車している人の中には動物が苦手であったり、アレルギーを持っているという方もいます。そのため、飼っているペットのことだけではなく、周りに迷惑をかけないようにも気を付けてください。

ケージから出さない

新幹線に乗っている時、心配でケージを覗いたり様子を窺いたい気持ちは分かりますが、決して新幹線内に出したり触れ合うことはやめましょう。

上記でも述べたように、動物が苦手な方やアレルギーを持っているという方がいるかもしれません。
様子を見たいという気持ちはぐっと抑え、新幹線を降りるまでは放っておくようにしてください。

ポイント

ハリネズミを新幹線に乗せることは可能ですが、乗車させる際にはいくつか気を付けるべき点があります。温度管理や揺れなど上記で述べたようなことに十分に注意して、新幹線に同行させるようにしましょう。

ハリネズミは飛行機の機内に持ち込みできる?航空会社や注意点について|HANEY [ハニー]
飼い主さんが遠出をするときに、ハリネズミを預けられる場所がなく連れて行くという選択をとらなければいけない場合もあるかと思います。もし海外へ行く場合はどう連れていくのでしょうか?飛行機だと、航空会社によって機内に持ち込みすることは可能ですが、anaなどほとんどは貨物室へ運ばれます。気圧や温度によるストレスがかかるので、ケージ内に十分な餌と水、夏の場合は保冷剤、冬の場合は毛布など入れてあげましょう。