ハリネズミとハムスターは同じケージで同居できる?餌は同じでもいいの?

様々な理由で、ハリネズミと何か他の生き物を一緒に飼いたいということもあるかもしれません。その相手がハムスターの場合、お互いに慣れているようであれば一緒に住むことも可能です。しかし、ハリネズミはストレスにとても弱い上に単独で生きる動物なので、いくら慣れているからといっても思わぬ事故を引き起こしてしまう可能性も考えられます。そこで、この記事ではハムスターとの同居や代用できる餌などについてご紹介します。

目次

ハムスターと同居することは可能なの?

Fotolia 91225665 xs

「ハムスターを飼っているけどハリネズミも飼いたい」「ハリネズミを飼っているけどハムスターも飼いたい」など、両方をペットとして飼いたいという人も少なくないかと思います。

ハリネズミとハムスターは一緒に飼うことができるのでしょうか?ここでは、同居できるかどうかについて見ていきましょう。

お互いの性格による

どの生き物にも言えることですが、同居が可能かどうかはお互いの性格によるところが大きいです。
もちろん生体同士の相性も関係しますが、一緒に暮らす際には性格の方が重要視されることが多いです。

例えば、ハリネズミは危険を察知すると針を立てて警戒します。しかし、個体の性格によっては人に触られても針を立てたり警戒しません。このような性格の子と同居するのであればあまり問題はないでしょう。

反対に警戒心が強く、よく針を立てる個体であれば、ハムスターに怪我をさせてしまう恐れがあるので同居は好ましくありません。

ストレスに気を付けよう

ハリネズミは非常にストレスに弱く、ストレスが原因で体調不良や病気になったり、最悪の場合は命を落としてしまうこともあります。
性格によっては同居することも可能だと述べましたが、同居させる際にはハリネズミが嫌がっている様子はないか、緑色の便が続いたり体調に変化がないかどうかなど、しっかり観察するようにしましょう。

そして、何か異変があった場合にはすぐに同居をやめ、住む場所を別々にしてあげてください。

ハリネズミのストレスについて詳しくは、以下のリンクでご紹介しています。

ハリネズミのストレスの症状や解消する方法は?|HANEY [ハニー]
生活環境や飼い主さんの接し方などによって飼っているハリネズミがストレスを感じてしまうことがあります。ストレスを感じている場合は自分の体を噛んだりすぐにシューシューと鳴くなどの行動を見せるようになり、溜め込んでしまうと、下痢やくしゃみ、体を掻くなどの症状が出て最悪の場合、他の病気を発症して死に至ることもあります。ここではハリネズミのストレスの症状や解消法などについてご紹介します。

ハリネズミの住むケージは別々の方が良い

Fotolia 171343376 xs

ハムスターとの同居について上記でご紹介しましたが、ハリネズミは基本的に単独主義者なので、住むケージは別々の方が良いでしょう。

しかし、家が狭くなるが嫌、あまりお金をかけられないなどといった理由で同居させたいという飼い主さんもいるかと思います。
同居させることは可能な場合もありますが、飼っているペットたちのことを考えると、個々にケージを用意してあげることをおすすめします。

思わぬ事故が起こる可能性もある

お互いに警戒せず慣れているからといって、必ずしも事故が起こらないというわけではありません。

ハリネズミやハムスターといった生き物の行動は事前に予測することができないため、ふとした拍子に怪我をさせたり思わぬ事故が起こる可能性も十分にあります。このような事態を防ぐためにも、ケージは別々の方が良いでしょう。

それぞれ適温が異なる

ハリネズミとハムスターはそれぞれ適温が異なり、
・ハリネズミ 26度前後
・ハムスター 24度前後
となります。

そんなに大きな差はありませんが、少しでも適温に近づけてあげるためには個々にケージを用意して、ヒーターや涼感プレートで別々に温度管理をした方がいいでしょう。

エアコンで一定の温度は保てますが、さらに個々に温度管理グッズを用意してあげることで快適に暮らしてもらうことができます。

同じ餌を食べさせることはできるの?

Fotolia 180045691 xs

複数の生き物を飼っていると、同じ餌を与えることはできるのかということが頭をよぎるかと思います。
ハリネズミはキャットフードやドッグフードなど、様々な動物のフードを食べることができますが、ハムスターフードも食べることができるのでしょうか?

ここではハリネズミがハムスターフードを食べれるかどうかについて見ていきましょう。

ハムスターフードは栄養障害を起こしてしまう原因に

ハリネズミは様々なものを食べることができますが、ハムスターフードは与えることができません。

ハリネズミは「ネズミ」という名が付いていることから、同じネズミであるハムスターの餌も食べられると思うかもしれませんが、ハリネズミはネズミではなくモグラの仲間なので、ハムスターフードといった間違った餌を与えてしまうと栄養障害を引き起こす可能性があります。

餌は個体ごとに合ったものを与えよう

同じ餌を食べれるのであれば何も問題はありませんが、その個体専用のフードを与える方が栄養面も健康面も安心安全に与えることができます。

節約したり収納場所を減らしたいという気持ちも分かりますが、その個体に合ったフードを与えるようにしてください。
飼い主さんだけの判断で何でもかんでもフードを与えるのではなく、きちんと知識を得た上で与えましょう。

チーズなどといったおやつも分けた方が安心

上記でハムスターフードを与えない方がいいと述べたことから、ハリネズミとハムスター両者の好物とされているチーズも別々のものにした方が好ましいでしょう。ハムスター用のチーズは販売されていますが、ハリネズミ専用のものは売られていません。

ハリネズミはカッテージチーズがいいとされているので、ハムスターには専用のチーズ、ハリネズミにはカッテージチーズといった風に分けてあげると安心です。同じチーズだからハムスター用のものも与えていいと思うかもしれませんが、個体の安全と健康のためにも別のものにしてあげましょう。

ポイント

ハリネズミはハムスターとの同居が可能な場合もありますが、基本的には単独で生きる動物なので飼う際には別々にしてあげる方が好ましいです。また、非常にストレスに弱い生き物でもあるので、一緒のケージにすることでストレスが溜まって体調不良や病気を引き起こす可能性も少なくはありません。

他にも同居させた場合は、警戒されたハムスターが針で怪我をしてしまうということもあるかもしれません。このように、慣れた個体同士だとしても同居には危険が伴うので、できれば別々のケージで過ごさせてあげた方が飼っているペットのためだと言えます。