文鳥を預ける場合は?ペットホテルでの一時預かりについて

旅行や急な出張で家を離れなければならないけれど、家には文鳥の世話をしてくれる人がいない、ということもあるかと思います。文鳥を飼っていると一日中家を開けるわけにはいかないため、どこかに預ける必要がありますが、そんな場合はペットホテルなどの一時預かりを行っている場所に預けることになります。ここでは文鳥の預け先や、一時的にペットを預けるときの注意点などについてご紹介します。

目次

文鳥の一時預かりを行っている場所

Fotolia 74523514 xs

旅行や出張などで文鳥を預ける場合は、ペットホテル、動物病院、ペットシッターなどが主な預かり先となります。
それぞれについて見ていきましょう。

ペットホテル

文鳥を含むペットを預ける場合は、一時預かりを行っているペットホテルに預ける人が多いと思われます。
ペットホテルによって、預かってくれるペットの種類は異なるので、インターネットなどで文鳥を預けることができるペットホテルを探しましょう。専門のペットホテル以外でもペットショップが一時預かりのペットホテルを行っている場合もあります。

動物病院

動物病院でもペットの一時預かりを行っている場合があります。動物病院の場合は体調不良など、何らかのトラブルがあったときにも対応してくれるため、より安心して預けることができますが、ペットホテルと比べると預かってもらう費用が高い場合が多いようです。

しかし、動物病院なら何かあったときにも対処してくれるため、その分安心感があります。そのため、動物病院に預けたいという場合は一時預かりを行っているかどうか病院に問い合わせてみましょう。

ペットシッター

ペットホテルや動物病院に預ける以外にも、ペットシッターに文鳥の世話を依頼するという方法があります。
その場合はペットシッターさんに自宅でケージの掃除やエサや水の入れ替え、放鳥などを代わりに行ってもらうことができます。

文鳥にとっては普段から住み慣れた場所で預かってもらうことができるため、ストレスが少なくなるなどのメリットがあります。

預けるときの注意点について

一時預かりを行う場合はいくつか注意しなければならない点があります。大事な文鳥を預けることになるので、預け先の環境や預かってもらうための条件などをよく確認しておきましょう。

預け先の環境ををよく見ておこう

ペットホテルなどに文鳥を預ける場合はきちんと環境をチェックしておく必要があります。預ける先は清潔かどうか、スタッフの人は親切に対応をしてくれそうか、文鳥を預かったことはあるか、他の動物と同じ部屋に入れられてストレスを感じることはないかなどを確認してみましょう。

また、定期的に放鳥を行ってくれたり、メールで様子を送ってくれるようなホテルもあるので、そうした希望がある場合は探してみましょう。

預けることができるか確認しよう

文鳥の様子や状態によっては預かりを拒否されてしまうこともあります。何らかの感染症にかかっていたり、重病で弱っている場合などは預かってくれない場合もあるので、事前に注意事項を確認しておきましょう。

ポイント

文鳥を預ける場合はペットホテルやペットショップ、動物病院、ペットシッターのいずれかになります。いずれにしてもペットを預ける場合は預かり先をきちんと確認しておかないと後々トラブルとなってしまうことも多いので、預ける場所の環境やスタッフなどをよく見ておきましょう。預ける場合は多少なりとも文鳥にストレスがかかってしまう可能性があるので、できるだけ安全で安心して預けられる場所を選ぶようにしてください。