ハリネズミが骨折した場合は歩き方に症状が出る?原因や治療法など

ハリネズミもわたしたち人間と同じように、身体に強い衝撃を受けると骨折してしまいます。ハリネズミにとって骨折はとても厄介で、多くの場合切断を検討しなければいけなくなります。この様な大変なことに至らない様にするためにも、飼い主さんが骨折しないように気を付けてあげることが大切になります。ハリネズミはどの様なことで骨折してしまう可能性があるのでしょうか?また、症状や治療方法は何があるのでしょうか。

目次

ハリネズミが骨折したら

Fotolia 166269020 xs

ハリネズミは小さい生き物だと思っている人が大半だと思いますが、実は成長すると意外にもハムスターより大きく、ウサギよりも小さいサイズにまで育ちます。

そんなハリネズミですが、身体の大きさの割に手足が細いことから、ちょっとした衝撃で骨折してしまう可能性があります。
ハリネズミはどのようなことが原因で骨折してしまうのでしょうか?

高さのある場所から落ちる

ハリネズミが骨折する多くの原因に、高さのある場所から落ちるということが挙げられます。

例えば、「脱走を試みたハリネズミがケージをよじ登っているときに落ちる」という話をよく聞くかと思いますが、ケージを登っている高さが低くても落ちてしまえば骨折してしまう可能性が十分にあります。

また、小屋や階段をケージ内に置いている場合も、その上に乗って遊んだことによって、そこから落ちて骨折してしまうということもあります。

飼っているハリネズミが落ちて骨折しないようにするためにも、ケージは脱走できないよう登れない工夫を施す、小屋や階段は落ちないような構造にするなどといった対策をとりましょう。

隙間に挟まる

次の原因として、何かの隙間に挟まることで骨折するということが挙げられます。特に多いのは回し車や小屋などと飼育グッズの隙間になります。

ケージの中にも骨折してしまう危険はたくさんあるので、隙間を埋められないようであれば、挟まっても問題ない広さの隙間にするなどといった対策をとるようにしましょう。

滑るだけでも折れてしまう

大人のハリネズミにはあまり見られませんが、赤ちゃんの場合滑っただけでも骨折することがあります。

赤ちゃんの身体はまだ丈夫ではなく、このような滑るというちょっとしたことでも怪我をしてしまいます。
そのため、床にはきちんと床材を敷き、滑らないような環境にしてあげましょう。

歩き方に異変が起こるなどといった症状が見られる

Fotolia 162142695 xs

私たち人間が骨折した場合には、大きく腫れ上がる、地面に足がつけられないなどといった症状が見られますが、ハリネズミにはどのような症状が現れるのでしょうか?

ここでは、骨折の症状について見ていきましょう。

人間と同じような症状が現れる

ハリネズミの骨折も人間の症状と同じようなもので、
・大きく腫れ上がる
・内出血によって色が変わる
・足を引きずる
・足がおかしな方向に向いている
・痛いことから動くことをやめて寝たきりの状態になる
などといった様子が見られます。

骨折の症状は目に見えて分かるようなものばかりなので、これらの症状が見られた場合にはすぐに動物病院へ連れて行き、診察を受けさせるようにしてください。

動き回る個体もいる

上記では痛いことから動かず寝たきりになるとご紹介しましたが、中には足を気にしながら動き回ろうとする個体もいます。

骨折しているのに動き回ってしまうとさらに状態は悪化し、最悪足を切断しなくてはいけなくなる可能性も大いにあるので、少しでも様子がおかしいと思ったらハリネズミの状態をしっかり確認してあげましょう。

どんなやり方で治療するの?

Fotolia 184698892 xs

ハリネズミは身体が小さいので、人間が骨折した場合に使用するギプスで固定するということはできません。

それでは、ハリネズミの骨折はどのようにして行われるのでしょうか?ここでは、治療方法についてご紹介します。

骨折部分を固定する

人間のようにギプスを使用するわけではないのですが、治療方法として骨折部分を固定して治すという方法があります。
しかし、どうしても動き回ってしまうので、固定した部分が外れてしまう可能性が高いです。

巻くだけでくっつく包帯で固定するという治療法なのですが、2〜3日毎に交換しなければならないので、少々大変かもしれません。
もしこの治療法を行うのであれば、ハリネズミが動き回らないよう回し車を撤去するなどといった、固定部分が少しでも外れないような対策をとりましょう。

手術を行う

固定以外の方法としては、外科手術を行い骨折部分を切除するという方法になります。
多くの場合、上記で述べたような骨折部分を固定するということができないので、大半の病院では切断を検討することが多いでしょう。

飼い主さんとしては足の切断をするという決断を下すことはとても辛いかもしれません。
しかし、切断を先延ばしにすることで悪化してしまう可能性があるので、ハリネズミのためにも早めの決断をしてあげてください。

あまり時間はかけられませんが、飼い主さんの納得いく方法が見つかるまで、骨折部分の状態を把握しながら病院の先生としっかりと相談しましょう。

ポイント

ハリネズミは身体の割に手足が細く、ちょっとした衝撃で骨折してしまう可能性があります。ハリネズミの骨折は、大半の治療方法が骨折部分の切断となり、飼い主さんにとっても辛いことかと思います。

このような悲しい状態にならないようにするためにも、骨折しないような生活環境にしてあげたり、様々な工夫をしてあげるようにしましょう。