文鳥にヒーターは必要?設定温度やおすすめについて

南国生まれのペットを飼うときは、冬場にヒーターが必要となる場合があります。文鳥も暖かい国で生まれた鳥なので暑さには強いですが、その分寒いのは苦手です。文鳥にとって日本の冬はとても寒いと感じてしまうため、住んでいる地域や環境によってはヒーターを設置してあげる必要があります。ここでは文鳥の適温やヒーターの必要性、ヒーターを使用するときの注意点などについてご紹介します。

目次

文鳥は寒さに弱い?

Fotolia 119113360 xs

文鳥はもともとインドネシアに住んでいる鳥です。地域によって若干異なりますが、インドネシアは一年中暖かい国なので気温は常に25度〜30度くらいあるため、文鳥は比較的暖かい気温を好みます。

文鳥の適温はどれぐらい?

インドネシアは常に25度〜30度くらいの気温があるため、文鳥もそれくらいの温度が適温となっています。
比較的暑さには強いですが、反対に寒さには弱い鳥なので冬は苦手です。

日本にはインドネシアと違って四季があるので、冬場は気温が下がってしまいます。個体差はありますが15度を下回ると寒すぎるため、体調を崩しやすくなります。特に雛の場合は寒さに敏感で免疫力も低いので注意する必要があります。

寒いと病気になりやすくなる

文鳥は暖かい国の鳥なので、気温が下がりすぎてしまうと体調を崩したり、病気にかかりやすくなってしまいます。
鳥かごの温度はなるべく20度を下回らないようにしたほうがよいと言われています。

特に免疫力が高くない老鳥や雛鳥、すでに病気にかかって弱っている個体の場合などはできるだけ鳥かごの中を暖かくしてあげましょう。
また、鳥かごの温度が10度を下回るような場合は最悪死んでしまうこともあるので、住んでいる地域によっては注意する必要があります。

ヒーターの必要性について

Fotolia 74523514 xs

南国生まれの文鳥は寒さに弱い動物なので、冬場は基本的にヒーターを用意してあげる必要があります。
ただし、住んでいる地域によっては絶対に必要というわけではなく、使用する期間も違ってきます。

文鳥のヒーターは「ひよこ電球」が一般的で、なかに入れるタイプと外付けタイプの2種類に分かれています。

住んでいる地域によっては必要ない?

基本的に日本の冬は文鳥にとって寒すぎるので、ヒーターは必要となりますが、住んでいる地域や家の環境によっては鳥かごに毛布を巻くだけで大丈夫な場合もあります。室温が常に18度くらいある場合はヒーターをつけなくても毛布を巻いていれば問題ありません。

しかし、朝や夜などで寒暖差があって寝ている間に温度が下がりすぎてしまうこともあるので温度管理には十分に気を使いましょう。
必ず温度計を鳥かごに近くに置いて温度を確認するようにしてください。

ヒーターは「ひよこ電球」が一般的

ペット用のヒーターにはいろいろな種類がありますが、文鳥の場合は「ひよこ電球」と呼ばれるものが一般的です。

ひよこ電球は電球から発生する熱を利用したヒーターで、普通の電球のように光が出ることはありません。
文鳥が電球に触れてしまわないようにカバーがつけられているものもあるので、安心して使用することができます。

文鳥のヒーターとして使用するひよこ電球のW数は、住んでいる地域の寒さや鳥かごの広さなどによって調整する必要があります。
20Wのひよこ電球をつけた状態で毛布などを鳥かごにかぶせることで、鳥かご内を保温する方法をとったり、40Wの電球を鳥かごの外側に設置するなど、住んでいる地域や鳥かごの状態に合わせてヒーターを工夫して設置してあげましょう。

40Wを超える場合は熱くなりすぎてしまうので、鳥かごの外につけて使用する必要があります。

ヒーターはいつまで使用する?

ヒーターをいつまで使用するかについては、住んでいる地域によって異なります。基本的に室温が20度を下回ったタイミングでヒーターを使用することが多いので、反対に室温が20度を超えるようになってきたらヒーターをつける必要はなくなります。

そのため、4月くらいまではヒーターが必要となることが多いので、いつでもつけられる状態にしておきましょう。

おすすめの設定温度や注意点

Fotolia 106847790 xs

文鳥は25度〜30度くらいが快適な気温となるため、ヒーターをつける場合はなるべくこれくらいの温度にしてあげると良いでしょう。

特に雛や老鳥、病気で弱っている場合などはなるべく暖かい方が良いので、温度は高めに設定してあげる必要があります。
しかし、反対に若い文鳥の場合はある程度寒さに慣れさせる必要もあるそうです。

若い文鳥はある程度寒さに強くすることができる

雛鳥や老鳥、病気で弱っている場合は少しでも鳥かごの中を暖かくしてあげる必要がありますが、若い文鳥の場合はある程度寒い温度に適応できるようになります。

そのため、寒さに慣れさせて強くするためにあえて毛布だけを使ってしてヒーターの使用を遅らせる場合もあります。
本来なら20度を下回ったタイミングでヒーターをつけるところを、18度を下回るまでヒーターをつけないようにすることである程度寒さにも強くなると言われています。

寒暖差をなくそう

文鳥にとって特に危険なのが寒暖差です。例えば、昼間は暖かいけれど早朝や深夜はとても冷えてしまうという場合などは体調を崩しやすくなってしまいます。

また、ヒーターをつけっぱなしにしていると反対に温度が高くなりすぎてしまう危険もあるので、サーモスタットを設置して寒暖差をなくしましょう。

サーモスタットとは自動調節装置のことで、事前に温度を設定しておくことで、温度にあわせてヒーターのオンオフを自動で行ってくれるます。そのため、設置しておくと鳥かごの温度を自動で調節してくれます。

乾燥に注意

冬場は寒さだけでなく乾燥にも注意しなければなりません。文鳥が住んでいるインドネシアは高温多湿な気候となっているので、冬場にヒーターをつけて乾燥すると体調を崩しやすくなります。乾燥が原因で発症する病気もあるので、湿度計を用意して常に堪忍するようにしましょう。

湿度が30%を下回る場合は乾燥しすぎているため、鳥かごの中に濡れたキッチンペーパーやタオルを敷いてあげ、鳥かごの上にも同様に濡れたものをかぶせてあげましょう。こうするだけで鳥かご内の湿度を20%ほどあげることができます。

文鳥の保湿のやり方は?雛は特に注意が必要!|HANEY [ハニー]
文鳥は暖かくて湿度の高い熱帯の国で生まれた鳥なので、寒さや乾燥には弱い傾向があります。寒さの場合はヒーターを設置することで対策を取る飼い主さんも多いですが、同じように保湿にもきちんと気を配る必要があります。文鳥は乾燥が続くと病気になったり、体調を崩してしまいます。特に雛は乾燥に弱く、重い症状を引き起こすことがあるので注意しなければなりません。ここでは文鳥の保湿のやり方や注意点などをご紹介します。

ポイント

文鳥はインドネシア原産の鳥なので日本の冬は苦手です。文鳥の適温は25〜30度ほどとなるので、気温が20度を下回る場合は鳥かごの中を温めてあげる必要があります。若い文鳥であればある程度までなら日本の寒さに適応できるようになりますが、雛鳥や病気などで弱っている文鳥の場合は少しでも暖かくしてあげなければなりません。

文鳥のヒーターにはひよこ電球が一般的ですが、寒暖差をなくすためにもサーモスタットを一緒に設置してあげましょう。文鳥は乾燥にも弱いため、温度計や湿度計を設置して常に確認できるようにしてください。