文鳥がペレットを食べない?切り替え方や食べさせるときの注意点について

文鳥は粟やひえから、野菜、果物などいろいろなものを食べることができますが、メインは粟などの穀物となります。そのため、主食にはいろいろな穀物が配合された混合シードが中心となりますが、ほかにもペレットという餌があります。ペレットはシードよりも栄養のバランスが良い食べ物ですが、文鳥によってはあまり食べない場合があります。ここでは文鳥がペレットを食べない場合の切り替え方や注意点をご紹介します。

目次

文鳥のペレットについて

Fotolia 105489752 xs

文鳥の主食は粟やひえなどが入っている混合シードやペレットが一般的となっています。シードよりもペレットの方が栄養のバランスが良いですが、多くの文鳥はシードの方を好んで食べます。

ペレットとは?

ペレットとは、文鳥の主食となる穀物を粉末にして小さく固めた餌のことをいいます。主食となる穀物に栄養を加えてから固形の餌にしているため、混合シードよりも栄養価は高いですが、その分値段もシードより高くなっています。

栄養のバランスが良い

ペレットは栄養が加えられている餌なので、栄養価のバランスが良いご飯となります。文鳥の主食は混合シードかペレットのどちらかになりますが、シードだけではすべての栄養を補うことができないため、短命となってしまいます。

そのため、青菜やボレー粉(牡蠣の殻を砕いたもの)などをシードと一緒に食べさせることで不足している栄養を補う必要がありますが、ペレットは栄養価が高い食べ物なので、青菜やボレー粉などの副食があまり必要ないと言われています。

ただし、ペレットだけで文鳥を育てているという家庭はほとんどありません。ペレットでは必要な栄養素が不足してしまう可能性もあるので、必要に応じて青菜やシードなどを食べさせるようにしましょう。

シードよりも食いつきが悪い

栄養のバランスが良く、主食にすることで青菜やボレー粉などの副食の量を減らすことができるペレットですが、嗜好性は低いためシードほど食いつきは良くありません。文鳥によっては全く手をつけてくれないこともあるため、食べない場合は餌を切り替える練習を行う必要があります。

食べない場合はどうすればいい?

Fotolia 48294333 xs

文鳥は好き嫌いが激しい動物なので、食べ慣れていないものはなかなか食べようとしてくれません。
そのため、ペレットを食べさせたい場合は差し餌から一人餌に切り替えるくらいのタイミングで慣れさせておく必要があります。

幼鳥の時期から慣れさせておく

文鳥は雛の頃から食べ慣れていないものを餌として認識しない場合があります。特にペレットはシードに比べると嗜好性が低い食べ物なので、一人餌に切り替わったタイミングで食べさようとしても一切手をつけてくれなくなることがあります。

そのため、ペレットを主食にしたい場合は幼鳥の時期から慣れさせておきましょう。シードと一緒に用意している場合はシードを好んで食べる傾向がありますが、一人餌に変わる時期に食べさせることで大人になったときに餌として認識して食べるようになります。

徐々に慣れさせる

一人餌に切り替わるタイミングで食べさせていなかった場合は、徐々に慣れさせる練習を行う必要があります。
幼鳥の頃に食べていないせいでペレットを餌として認識していない可能性があるので、普段食べさせているシードの上に砕いたペレットをふりかけることで少しずつ慣れさせていきます。

慣れてきたらシードに混ぜて入れてみたり、シードの量を減らしてペレットの割合を増やすなどして餌を切り替えていきましょう。

食べるしかない状況を作る

文鳥は好き嫌いが激しい動物なので、嫌いな食べ物には一切手をつけません。そのため、なかなかペレットを食べてくれない場合はペレットしか餌がない状態を作る必要があります。

お腹が減ったときに鳥かごの中にペレットしかない場合は我慢して食べることがあるので、朝はペレットだけ、夜は両方入れるようにして少しずつ食べさせる習慣をつけさせましょう。食べるようになってきたら、シードの割合を少しずつ減らし完全に餌を切り替えていきます。

切り替えるときの注意点は?

Fotolia 41087589 xs

文鳥は嫌いな食べ物や餌として認識していないものはまったく食べようとしないことがあるので、餌を切り替える場合は時間がかかります。

文鳥によってはお腹が減っていてもほとんど手をつけずに体重が減っていくこともあるので、餌の切り替えを行うときは注意しなければなりません。

ペレットに切り替える場合は時間がかかる

文鳥の餌を切り替える場合は時間がかかります。2〜3日で完全に切り替えることは非常に難しく、最低でも1〜2週間はかかってしまいます。

餌の切り替えが完了するまでの間は食欲が減ってしまうため、飼い主さんは不安になると思いますが、ここでシードを食べさせてしまうとなかなか餌を切り替えることができなくなるので、1ヶ月くらいは時間がかかると思って取り組むようにしてください。

ただし、文鳥のなかにはどれだけお腹が減っても一切ペレットを食べようとしない子もいるので、食べなさすぎて大きく体重が減ったり、体調を崩してしまわないように注意しましょう。

体重が減ってしまうことがある

餌の切り替えを行うと食欲が減ってしまうため、体重が下がることがあります。体重が下がりすぎてしまうと体調を崩してしまう場合があるので、餌の切り替えを行う場合はこまめに体重を測ったり、文鳥の様子を確認するようにしましょう。

太りすぎている場合を除いて、2〜3gほど減った場合は危険な可能性があります。下がった体重を元に戻すのは時間がかかるので、様子に異変が見られた場合は餌の切り替えを中断して体調を整えるようにしてください。

ポイント

ペレットはシードよりも栄養価が高く、ダイエットにも適した餌となります。そのため、副食を減らしても栄養のバランスを保つことができますが、文鳥にとってはあまり嗜好性が高くない食べ物なので、雛の時期から食べさせておかないとなかなか食べてくれない場合があります。

餌の切り替えの行いには少しずつシードの割合を減らしたり、シードに砕いたペレットをまぶすなどして食べさせていきましょう。また、お腹が減ると食べる場合があるので、朝はシードを入れないなど、ペレットしか餌がない状態を作って食べさせていきます。完全に切り替わるまでには1週間〜1ヶ月ほどは時間がかかるので、体重が減りすぎていないか常に確認しながら餌の切り替えを行っていきましょう。