文鳥のケージはどんなものがおすすめ?大きさや選び方について

文鳥のケージは鳥かごとも呼ばれるもので、四方を檻のようなもので囲んだ形が一般的となっています。ケージは文鳥を飼う上で必ず必要となるもので、文鳥にとっての家となるため、安心して過ごすことができるものを選んであげる必要があります。ケージには様々な種類のものがありますが、ここでは文鳥におすすめのケージや大きさ、選び方などをご紹介いたします。

目次

文鳥のケージについて

56831 1

出典:item.rakuten.co.jp

ケージは文鳥を飼う際に必ず必要となります。文鳥にとってケージはテリトリーであり、人間にとっての家となるため、安心して過ごすことができるものを用意してあげましょう。

ケージの必要性

文鳥をケージに入れずに放し飼いにしていると、窓や扉から外に出て脱走してしまう場合があります。
一度、脱走してしまうとそれっきり行方が分からなくなってしまうことが多いので、脱走には十分に注意しなければなりません。

また、文鳥は小さな隙間に入ったり、どこかに潜り込むことが好きな動物なので、飼い主さんが見ていない隙にクッションに下に入ってしまい、知らずに踏み潰してしまうという事故も多く起きています。

他にも好奇心旺盛な性格から危険な場所に近づいたり、油に落ちてしまうなどの事故が起きているため、文鳥を守るためにも放鳥させる時間以外はケージの中で過ごさせる必要があります。

文鳥にとっての家

文鳥はとても警戒心が強い動物なので、ケージを用意してあげないと不安からストレスを感じてしまいます。
四方を檻で囲まれたケージは縄張り意識が強い文鳥にとってテリトリーとなり、安心できる家となります。

特に家に迎え入れたばかりの文鳥は新しい環境に慣れておらず不安を感じているので、必ず文鳥の家であるケージを用意してあげましょう。

どんなものがおすすめ?

2536 2

出典:item.rakuten.co.jp

文鳥のケージには様々な種類があります。その中でも、丈夫で掃除がしやすいものをおすすめします。

丈夫なものを選ぼう

文鳥によってはくちばしでケージの檻をつついたり、噛んだりしてしまうことがあります。
ときには檻をくちばしで壊してしまうことで、怪我や脱走の原因となるケースがあるのでなるべく丈夫なものをおすすめします。

また、文鳥はよく水浴びをするため、ケージの素材によっては檻が錆びてしまう場合があります。
そうなると壊れたり、怪我の原因となる可能性があるので、丈夫で水にも強いステンレス製のものをおすすめします。

掃除がしやすいものもおすすめ

掃除のしやすさも鳥かごを選ぶときの重要なポイントとなります。きちんと掃除ができていないと汚れが溜まり、匂いの原因となったり鳥かごの中が不衛生になることで病気の原因となってしまうため、掃除しやすい鳥かごを選びましょう。

そのため、かごの上が取り外せて掃除のしやすいものや、地面に落ちた餌や糞を取り除くために底を引き出せるようなもの、熱湯消毒ができるステンレス、スチール製のもがおすすめです。

反対に、水に濡らすことができない素材のものや、形が特殊で狭いところまでをうまく掃除できないようなものは避けた方が良いでしょう。

どれぐらいの大きさが必要?

Fotolia 133363649 xs

ケージを選ぶときはカゴの大きさも重要となります。そのため、なるべく広すぎず狭すぎないものを選ぶようにしましょう。

また、扉の大きさも飼育のしやすさに影響する場合があります。

狭すぎず広すぎないものを選ぼう

ケージが狭すぎると檻に羽をぶつけてしまったり、思うように移動することができないため、ストレスを溜め込んでしまいます。
反対に、広すぎると落ち着かないため、安心して過ごすことができない可能性があります。

そのため、ケージは狭すぎず広すぎないものを選びましょう。文鳥の種類や個体差によって若干異なりますが、だいたい35〜40cm×35〜40cmくらいのものが適していると言われています。

扉の大きさについて

文鳥をペットとして飼う場合は、定期的に放鳥を行う必要があるので、毎日鳥かごから出してあげなければなりません。
そのため、扉の大きさもとても重要になります。狭すぎるとケージの外に出すときや反対に中に入れるときに苦労してしまう場合があります。

特にまだ飼い主さんに慣れていない場合は、放鳥に苦労することも多いので扉は大きなものの方が良いと思われます。
また、ケージによっては上の檻が取り外せたり、扉に止まり木が付いていて中に入れやすくなっているものもあるので、そういったものだと放鳥の出入りがスムーズになります。

ポイント

ケージは文鳥にとって落ち着くことができるテリトリーであり、家となるため、快適に過ごすことができるものを選んであげましょう。また、脱走や事故を防ぐためのものでもあるので、なるべく丈夫で、安全に入れておけるものを選ぶ必要があるため、丈夫で錆びないステンレスのタイプがおすすめです。

また、きちんと掃除ができないと不衛生になり、においの原因にもなるため、底が取り出せたり、上の檻が開けられるものなど掃除がしやすいものを選ぶようにしましょう。