文鳥の水浴び容器の大きさは?おすすめのサイズや入れ物について

文鳥は定期的に水浴びをして体をきれいにします。水浴びは健康を守る上でも必要な行動となるので、専用の容器を用意してあげる必要があります。放鳥を行うタイミングで水浴びをさせるという場合は、文鳥が浸かることができる大きさであればどのような容器でも問題ありませんが、鳥かご内に設置する場合は大きさや材質などに気を配る必要があります。ここでは文鳥の水浴び用の容器の大きさやおすすめについてご紹介します。

目次

文鳥の水浴びについて

Fotolia 106515102 xs

文鳥には水浴びをする習性があります。多くの文鳥は水浴びが大好きなので、水を入れた容器を用意してあげるとバシャバシャと水浴びを始めます。

水浴びをするのにはきちんと理由があり、文鳥が健康を維持するために必要な行動となっています。

文鳥は水浴びが大好き

個体差や飼い方にもよりますが、文鳥のなかには毎日数回水浴びをする子もいます。放鳥をしたタイミングで水に入れてあげている場合は、水がある場所まで飛んで行っておねだりすることもあり、冬場でも水の中に入る子がいるくらい文鳥は水浴びが大好きです。

水を浴びるのにはきちんと理由があり、文鳥が健康を維持するために必要な行動となっていますが、なかには怖がって水に入ろうとしないなど、なかなか水浴びをようとしない子もいます。

文鳥が水浴びをしない原因については次の記事を参考にしてください。

文鳥が水浴びをしない?嫌いな理由や冬場の入れ方について|HANEY [ハニー]
文鳥は水浴びが好きな鳥として知られています。そのため、水を入れた容器を用意しておくと水の中に入り、ブルブルと体を振って水浴びを始めますが、なかには水が嫌いで水浴びをしない文鳥もいます。また、冬場は寒いため水浴びをしないこともありますが、文鳥の水浴びには健康の維持やストレスの発散など様々な効果があります。ここでは文鳥が水浴びをしない原因や慣れさせ方、冬場の水浴びの方法についてご紹介します。

水浴びをする理由

文鳥の羽には「脂粉(しふん)」と呼ばれる粉のようなものが付いています。脂粉には羽を水や汚れから守る役割があると言われていますが、定期的に水浴びをしないと脂粉がフケのように溜まってしまいます。

水浴びには適度に脂粉を落としたり、病気やダニなどの寄生虫から体を守る役割があります。そのため、定期的に水浴びをしていないと病気になってしまうので、きちんと水を浴びることができる環境を整えてあげましょう。

容器の大きさはどれぐらいがいい?

Fotolia 64990649 xs

文鳥に水浴びをさせるためには、文鳥に適した大きさの容器を用意してあげる必要があります。容器が小さすぎるとうまく入ることができない場合があるので、体が十分に入ることのできる大きさのものを選びましょう。

容器が大きすぎても文鳥が溺れてしまう危険があるので注意してください。

小さすぎるとうまく水浴びができない

当然ですが、水を入れる容器が小さすぎるとうまく水を浴びることができません。狭いと容器に体が入らなくなり、浅いと十分に体をつけることができなくなります。

また、浅い場合は水がこぼれやすくなるため、周りがびちゃびちゃになってしまいます。そのため、文鳥の体が入り、なおかつある程度底が深い容器を選んであげましょう。

体が十分に入る大きさのものを使おう

文鳥は水を浴びるときに精一杯体を震わせるので、水浴び用の容器は文鳥の体がしっかり入るものを用意する必要があります。

浅いと体が十分に浸からなかったり、水が容器からこぼれやすくなってしまうので、4〜5cmくらい深さがあるものを選びましょう。

大きすぎると溺れる危険性も?

狭すぎるとうまく水を浴びることはできませんが、反対に大きすぎると溺れてしまう危険性があります。
特に鳥かご内に水浴びの容器を設置する場合や、初めて水浴びをする幼鳥の場合などは底が深い容器を避けましょう。

実際に、水浴びに慣れていない幼鳥が溺れてしまうという事故が起きているので注意してください。
しかし、大きな容器で行うことでストレスの発散になったり、体をしっかりと綺麗にできる場合があるので、放鳥のタイミングで飼い主さんが目を離さない場合は大き目の容器で行っても問題はありません。

どんな入れ物がおすすめ?

1480447100 2

出典:item.rakuten.co.jp

水浴び用の容器にはいろいろなものが使用されています。専用の容器から、100均で売られているようなプラスチックのタッパーや陶器のおわん、湯飲みやティーカップなど様々です。

基本的に文鳥の体が入るもので、深さが5cm未満のものであればどのような容器でも問題ありませんが、水はね防止がついたものや陶器のものだと掃除が楽になります。

水はね防止がついた容器

文鳥は水浴びをするときに体を強く震わせるため、周りに水が飛び散ってしまいます。水の勢いは意外と強いため、鳥かごの中だけでなく、外にまで水が飛んでしまうこともあるので、周りに囲いがある水はね防止がついた容器を用意すると周囲に水が飛ぶのを防ぐことができます。

専用の容器の場合は鳥かごの扉の部分に設置することができるものもあるため、水はねを防ぎつつ鳥かごを広く使うことができるので一石二鳥となります。

また、上下セットになっているような高さがある蓋つきのタッパーを切って、入り口を作ることで水はね防止がついた容器を作ることもできます。

陶器だとカビが生えにくい

容器に入れている水はよく洗わないとヌルヌルしたり、カビが生えてしまうことがあります。特にプラスチック製の容器の場合はヌルヌルしたり、カビが生えやすいので、毎日2〜3回は水を入れ替えたり、容器を綺麗に洗う必要があります。

一方、陶器の入れ物の場合はカビが生えにくいので、衛生面でプラスチックよりも優れています。汚れが落ちやすく、割れない限りはいつまでも使用できるので、プラスチック容器のヌメりやカビが気になるという人におすすめです。

ポイント

文鳥は水浴びが大好きな動物なので、水を入れた容器を用意してあげると1日に2〜3回くらい水浴びをすることがあります。水浴びには体を綺麗にしたり、病気や寄生虫から体を守る役割があり、夏場は暑さ対策やストレスの発散にもなります。

水浴びは放鳥を行うタイミングでも構いませんが、鳥かごに入れてあげることで夏場の留守中でも水浴びをすることができます。容器は文鳥の体が十分に入る大きさのもので、深さは4〜5cmくらいのものを用意しましょう。深すぎると溺れてしまう危険があるので、注意してください。また、水はね防止がついていると掃除が楽になるのでおすすめです。