文鳥の水浴びはいつから?回数や温度について

文鳥は水浴びが大好きな動物です。そのため、水があるとその中に入ってバシャバシャと水を浴び始めます。水浴びには文鳥の健康を守る役割があると言われているので、文鳥にとっては大切な行動となりますが、文鳥はいつから水浴びを始めるのでしょうか。ここではいつから文鳥の水浴びを始めるのかや、水浴びをする回数や水の温度についてご紹介します。

目次

いつから行えるようになる?

Fotolia 1870504 xs

文鳥は水浴びが大好きなので、水が入った容器を用意してあげると1日に何度も水浴びをすることがあります。
水浴びはいつから始めることができるのかというと、実は雛の時期から入ることができ、一度入ると習慣になります。

雛の時期から入ることができる

水浴びはおよそ生後1ヶ月くらいの雛の時期からはじめることができます。生後1ヶ月はちょうど雛の羽が生えそろう時期なので、お皿など広くて浅めの入れ物に水を入れてあげると喜んで水の中に入るようになります。

しかし、文鳥はとても臆病で警戒心が強い性格をしているため、なかには怖がって水に入ろうとしない子もいます。
その場合も、雛の時期から慣れさせておくことで徐々に興味を持って入るようになります。

一度入るようになると習慣になる

一度水のなかに入り始めると習慣になるため、水が入った容器を用意してあげることで、1日に何度もバシャバシャと水浴びを始めるようになります。

そのため、鳥かごのなかに水浴び用の容器を入れてあげるか、放鳥を行ったときに水が入った容器を用意してあげるなどして水浴びをさせてあげましょう。

雛の時期は溺れてしまう恐れもあるので、水はできるだけ底が浅い容器に入れてあげるようにしてください。
また、羽が生え変わる時期や発情期の水浴び、長時間の水浴びは体調を崩してしまう原因となるので注意しましょう。

文鳥に慣れさせる方法について

Fotolia 105489752 xs

文鳥のなかには水に入ることを怖がる子もいます。特に初めて水浴びをする場合は水に入るのを怖がる文鳥も多いので、水が入った容器を用意してあげてもなかなか自分から水に入ろうとしません。そのため、少しずつ慣れさせていく必要があります。

水浴びは絶対に必要?

文鳥の水浴びにはダニなどの寄生虫を水で落とす、体の汚れを取る、羽に刺激を与えることで新陳代謝を高める、ストレスを発散する、などの役割があります。そのため、水浴びは体をきれいにして健康な状態を保つために必要なものとなります。

しかし、家庭でペットとして飼う場合はきちんと掃除をして、鳥かごや部屋のなかをきれいにしておくことである程度ダニなどの寄生虫を防ぐことができます。

水浴びは文鳥にとってストレスの発散という意味合いが強いので、怖がる場合は無理に入らせる必要はありません。
その場合は、霧吹きなどを使って体を軽く濡らす程度にしておきましょう。

霧吹きなどを使って慣れさせる

水を怖がるような場合でも、霧吹きをかける程度なら喜んでくれる場合があります。そのため、夏場などは文鳥を鳥かごから出したタイミングで霧吹きを使って体を濡らしてあげましょう。

霧吹きを嫌がらない場合は、体が濡れることを覚えさせることで水を怖がらなくなる場合があります。
水を嫌がるかどうかを見たり、水浴びに慣れさせるために効果的なので、雛の羽が生えそろったら試してみてください。

飼い主さんが水をかけたりしない

文鳥が水浴びを嫌がっている場合でも、飼い主さんが文鳥に水をかけたり、無理やり水の中に入れたりしてはいけません。
強引に水に入れようとすると水がトラウマとなり、その後水浴びをしなくなってしまいます。

飼い主さんとの信頼関係にも影響が出るので絶対に強制させるのはやめてください。文鳥は水浴びをするときに自分でどこを濡らすのかある程度把握しています。
飼い主さんが水をかけたりすることで体を必要以上に冷やしてしまい、体調を崩してしまう原因にもなるので、水に慣れさせる場合は水を嫌がる原因ということを理解して徐々に慣れさせていく必要があります。

嫌がる理由は?

文鳥が水浴びを嫌がるのには様々な理由があります。主に水が怖い、鳥かごが寒い、水浴びの容器に問題があるなどが原因となるため、文鳥に水浴びをさせたい場合はこれらを改善してあげる必要があります。

慣れさせることで水を嫌がらなくなることもあるので、原因に合わせた工夫を行っていきましょう。

文鳥が水を嫌がる理由や慣れさせ方については次の記事を参考にしてください。

文鳥が水浴びをしない?嫌いな理由や冬場の入れ方について|HANEY [ハニー]
文鳥は水浴びが好きな鳥として知られています。そのため、水を入れた容器を用意しておくと水の中に入り、ブルブルと体を振って水浴びを始めますが、なかには水が嫌いで水浴びをしない文鳥もいます。また、冬場は寒いため水浴びをしないこともありますが、文鳥の水浴びには健康の維持やストレスの発散など様々な効果があります。ここでは文鳥が水浴びをしない原因や慣れさせ方、冬場の水浴びの方法についてご紹介します。

水浴びさせる回数や温度について

Fotolia 64990649 xs

いつから水浴びをさせるのかは分かりましたが、文鳥に水浴びをさせる場合、回数や温度はどれくらいが良いのでしょうか?

水浴びを行う回数

水浴びを行う回数は文鳥によって異なります。だいたい1日に1〜3回くらいは入ることが多いですが、冬の時期は寒いということもあって回数が減ったり、全く入らなくなることもあります。そのため、1日に何回入れなければならないという決まりはありません。

鳥かごのなかに水が入った容器を入れてあげている場合は、自分が入りたいタイミングで水に入るので文鳥の気分次第となります。
放鳥のタイミングで入れてあげている場合でも自分から水がある場所に近づいて水浴びを要求することもあるので、その都度入れてあげると良いでしょう。

ただし、一度に長時間水浴びをさせたり、換羽期や発情期の水浴びは体調を崩す原因となるので注意してください。

水の温度について

水浴びの用の水の温度は10〜20度前後でいいので、蛇口からひねった水道水を入れてあげれば問題ありません。
文鳥によっては冬場も水の中に入ることがありますが、寒いからといってお湯やぬるま湯を入れないようにしてください。

お湯やぬるま湯は文鳥の羽についている脂を落としてしまうため、羽が水を弾かなくなり、保湿や保温効果が失われてしまいます。そうなるとかえって体を冷やす原因となってしまうので、冬場に水浴びをさせる場合は水ではなく部屋の温度を暖かくしてあげると良いでしょう。

また、反対に夏場は暑いからといって文鳥を氷水に入れたりしないようにしてください。

ポイント

文鳥の水浴びは羽が生えそろっていればいつからでも始めることができます。文鳥は基本的に水の中に入ることが好きなので、少しずつ慣れさせてあげれば自分から水浴びをするようになりますが、なかにはなかなか水に慣れなかったり、水を嫌がって入ろうとしない子もいます。

水浴びには健康を維持したり、ストレスを発散する効果が期待できますが、嫌がる場合は無理に水に入れる必要はないので、霧吹きをかける程度にしておきましょう。水浴びの回数は1日に1〜3回くらいなので、放鳥のときに水に入れてあげている場合もそのくらいの回数を目安にすると良いでしょう。

水の温度は10度〜20度前後でいいので、水道水をそのまま入れてあげるだけで問題はありません。ただし、地域によっては真冬になると水道水が5度くらいになってしまうこともあるので、部屋の温度を上げたり、常温になるように調整してあげましょう。