文鳥はしゃべることができる?インコとの違いや鳴き声について

鳥はその種類によっていろいろな鳴き声をあげますが、インコやオウムなどは人間の言葉を真似てしゃべることができます。文鳥はインコやオウムなどと同じくらいペットとして人気がある鳥類ですが、文鳥も人の言葉を覚えて話すことができるのでしょうか?ここでは文鳥の鳴き声や、インコの鳴き声の違い、インコやオウムがしゃべることができる理由などについてご紹介します。

目次

インコたちみたいにしゃべる鳥?

Fotolia 106847790 xs

文鳥はインコやオウムのように人間が話す言葉を真似てしゃべることはできません。しかし、少しだけなら人の言葉を真似て話すことができる文鳥もいるようです。

インコやオウムのようにしゃべることはできない

インコやオウムは物真似が得意なので、人間の話す言葉を覚えると真似をして話すようになります。

そのため、繰り返し話しかけることで言葉を覚え、まるで人間が話しているかのようにしゃべりだします。
しかし、文鳥は人の言葉の意味をある程度把握することはありますが、オウムやインコのように言葉を真似て話せるようにはなりません。

少しだけしゃべることもある?

文鳥はインコやオウムのようにはっきりと人の言葉をしゃべるようにはなりませんが、中には人の言葉を真似たような鳴き声を出す子がいるそうです。

その場合は、おはようや自分の名前など普段からよく聞いている単語を真似てしゃべります。しかし、そういった文鳥は非常に珍しく、ほとんど見られないレアなケースとなります。

文鳥とインコの鳴き声はどう違う?

Fotolia 106515102 xs

インコやオウムは「ピヨピヨ」という鳴き声とは別に、人間の言葉を真似して話すことができますが、これは舌が人間のものと似ているからだと言われています。

一方、文鳥の舌は人間のものよりも薄いため人の言葉をしゃべることはできませんが、いろいろな鳴き声のバリエーションを持っています。

インコが言葉を話すことができる理由

人間は自在に動かすことができる舌と、喉にある長い声道によって様々な音を作っています。インコやオウムは非常に筋肉が発達した舌を持っており、喉の作りも人間のものとよく似ているため、人間の言葉を真似て話すことができると言われています。

こうした理由からか、より舌の筋肉が発達している大型のインコの方が言葉をうまく話せる子が多いそうです。
また、インコはとてもフレンドリーな性質の鳥で、群れの仲間とのコミュニケーションを大切にしています。

そのため、インコはコミュニケーションを取るために飼い主さんの言葉を真似て話しています。

文鳥の鳴き声のバリエーション

文鳥もインコと同じくらい知能が高い動物で、飼い主さんと積極的にスキンシップを取ろうとしますが、舌の筋肉がインコのように発達していないため、人間の言葉をしゃべることはできません。

かわりにいろいろな鳴き声で意思疎通を図ろうとします。そのバリエーションは10種類以上あり、一般的にメスよりもオスの方が鳴き声の種類は多いと言われています。

鳴き声やさえずりについて

Fotolia 105489752 xs

文鳥はいろいろな鳴き声をあげますが、中でも特徴的なのが求愛ダンスを披露するときに出すさえずりです。
また、鳴き声にはそれぞれ意味があり、そのときの気分によっていろいろな鳴き声を出します。

鳴き声の意味

文鳥はインコのようにしゃべることはできませんが、いろいろなバリエーションの鳴き声によって気持ちを相手に伝えようとします。
友達を見かけたときには挨拶をしたり、かまってほしくて甘えたりします。

また、寂しいときや怒っているとき、警戒しているときなども特有の鳴き声を出して気持ちを表現したり、注意を促すことがあります。

文鳥の鳴き声の意味について詳しくは次の記事を参考にしてください。

文鳥の鳴き声にはどんな意味が?威嚇や甘えているときの違いについて|HANEY [ハニー]
文鳥の鳴き声にはそれぞれ何らかの意味があると言われています。文鳥は人のように言葉を話すことができないので、鳴き声を上げることで相手に気持ちを伝えようとします。そのため、飼い主さんに甘えたり、ときには威嚇するためなど、いろいろなタイミングで鳴き声を上げることがあります。ここでは文鳥が甘えるときや威嚇するときなどの鳴き声の意味や、オスメスによる違い、マンションで飼うとうるさいかなどをご紹介します。

文鳥のさえずりについて

オスの文鳥はメスに求愛するときにダンスを披露します。このとき、オスの文鳥は歌を歌うような綺麗な声でさえずります。
この求愛のさえずりは文鳥によってそれぞれ異なり、メスにアピールするためにいろいろな声を出します。

メスも少し変わった声でさえずることがありますが、求愛のときに綺麗な声でさえずるのはオスの文鳥だけに見られる特徴となっています。

文鳥のさえずりについて詳しくは次の記事を参考にしてください。

文鳥のさえずりの意味について!いつから練習を始めるの?|HANEY [ハニー]
ときに文鳥はとてもきれいな声でさえずります。これには文鳥にとってとても大切な役割があるため、雛の時期から練習することで少しずつ上手になっていきます。まるで歌を歌っているようなとても綺麗な声でさえずりますが、基本的に文鳥はオスだけがさえずると言われているため、メスはさえずりません。ここでは文鳥がさえずる意味や理由、いつから練習を始めるのかなどをご紹介します。

ポイント

文鳥はインコやオウムのように人の言葉を真似てしゃべることはできません。インコやオウムは筋肉が発達した舌と、人間に近い喉の構造を持っているため、人の言葉を話すことができます。文鳥の舌は人間のものと比べると薄いため、人が話すような声で鳴くことはありません。

しかし、文鳥は鳴き声のバリエーションが非常に多く、いろいろな鳴き声によってコミュニケーションを取ろうとします。また、求愛ダンスを披露するときはとても綺麗な声でさえずり、メスにアピールします。そのため、人の言葉を覚えさせるということはできませんが、インコにはないいろいろなさえずりや鳴き声を楽しむことができます。