マルチーズの値段はどれくらい?価格や相場について見てみよう

犬は犬種によって値段が異なります。マルチーズは古くから様々な国で家庭犬として飼われていますが、日本でも人気の高い愛玩犬です。そんなマルチーズの値段はどれくらいなのでしょうか?また、同じマルチーズでも価格が異なる場合があり、個体によっては相場よりもかなり高い値段で取引されることがあります。ここではマルチーズの値段の相場や価格の差、ペットショップやブリーダーなどの購入先の違いなどをご紹介します。

目次

マルチーズの値段相場はいくらなの?

Fotolia 118328624 xs

マルチーズの値段の相場は10万円〜30万円くらいだと言われています。犬は犬種によって値段が異なりますが、マルチーズの値段は他の犬種と比べてもちょうど平均ぐらいとなっています。

10万円〜30万円くらいが相場

マルチーズはだいたい10万円から20万円くらいが相場となります。マルチーズは同じ犬種でも個体によって値段が異なるため、平均価格も幅が広くなっており、ときには5〜8万円と10万円を切る値段で取引されることもあります。

しかし、ペットショップで生後2〜3ヶ月くらいの子犬を購入する場合は安くても10万円以上の値段で取引されることが多くなっています。

犬の平均価格について

子犬を購入する際にかかる金額はだいたい10万〜20万円くらいが相場となっています。

犬は犬種によって値段が異なるため、ブルドッグのような希少な犬種の場合は30万円〜50万円くらいの値段で取引されていますが、マルチーズの相場は10万〜20万円となっているため、犬の中でも平均的な価格と言えます。

価格に違いがある理由は?

Fotolia 15236662 xs

マルチーズの相場は10万円〜20万円と値段に幅がありますが、高い個体の場合は30万円以上で取引されることもあります。

同じマルチーズでも個体によって値段に違いが見られますが、これには血統や性別、大きさや容姿などの差が大きく影響しています。

血統の違い

親犬がチャンピオン犬である血統の良い犬は、相場よりも高い値段で取引されています。

チャンピオン犬とは、ドッグショーやアジリティなどの競技会で好成績を収めている犬のことをいい、チャンピオン犬の子供はよりスタンダードに近く、健康的な場合が多いため高い値段で取引されています。

チャンピオン犬にも様々なランクがあるため、それぞれ値段は異なりますが、両親がチャンピオン犬であるマルチーズの場合は30万円〜40万円以上の値段で取引されることもあります。

オスメスによる違い

一般的に犬はオスよりもメスの方が高い値段で取引される傾向があります。メス犬はオス犬と比べておとなしい子が多いため育てやすく、子供を産めるようになるのでオス犬よりも4〜5万円ほど高い値段で取引されています。

体の大きやさ容姿の違い

体の大きさや容姿によっても値段が異なります。犬の基準であるスタンダードの理想とされている大きさや容姿に近い犬は高値で取引される傾向があり、マルチーズの場合は毛が純白で鼻や目の輪郭が黒くなっている場合は評価が高くなります。

また、スタンダードからは外れますが、最近では小さい犬の人気が高くなっているため、体が小さい個体も高値で取引される場合があります。

極端に安い値段で取引されている場合

10万円以上が相場となっているマルチーズですが、ときには5万円ほどの安い値段で取引されている場合があります。
主に売れ残って大きくなってしまった犬や、先天的に体が弱く病気を持っている犬などは安い値段で取引されることが多くなっています。

たまたま一度にたくさんの子犬が産まれた場合などもありますが、多くの場合は何らかの理由があり、価格を抑えて大量の繁殖を行っている悪質なブリーダーの元で生まれた可能性もあるので、極端に安い値段で取引されている場合は注意しましょう。

ペットショップやブリーダーについて

Fotolia 131449750 xs

かつてはペットショップで犬を購入するのが一般的でしたが、最近では繁殖を行っているブリーダーから直接購入する人も増えています。

ペットショップの特徴

ペットショップはお店を探しやすく、気軽に犬の様子を見ることができるなどのメリットがあります。
特にマルチーズのように人気が高い犬種はペットショップでも扱っているお店が多いため、いろいろなお店の中から選ぶことができ、お店によってはすでにワクチン接種が行われていたり、アフターフォローが充実しており、犬の飼育に必要なグッズも同時に揃えることができます。

ペットショップを選ぶときはケージの中や犬の状態を見て、清潔感はあるか、きちんと犬の手入れが行われているかなどを確認しましょう。

選ぶときの注意点については次の記事を参考にしてください。

犬の選び方やポイントは?種類や飼い主さんの生活との相性について|HANEY [ハニー]
犬を飼うときはペットショップやブリーダーで購入する人が多いと思われますが、なかには虚弱な子犬や病気を患っている子犬を販売している悪質なお店もあります。そのため、犬を購入する際はきちんと病気がなく健康な子かどうかを確認しなければなりません。また、犬種を選ぶ場合は飼い主さんの生活スタイルにあった種類や相性の良い犬を選ぶ必要があります。ここでは犬の選び方や、犬の種類の選び方や相性などをご紹介します。

ブリーダーの特徴

ブリーダーから直接購入する場合は、ペットショップよりも安い値段で購入できるメリットがあります。
他にもブリーダーによっては親犬の様子や犬舎の様子を見学できます。

しかし、中には利益のことしか考えていない悪質なブリーダーもいるため、直接会って確認したり、できる限り犬舎の様子を確認させてもらうようにしましょう。

ポイント

マルチーズは10〜20万円くらいの値段が相場となっています。血統や容姿によっては30万円以上の高値で取引されることもありますが、安い場合は10万円以下で取引されることもあります。基本的に極端に安い値段がつけられている場合は何らかの問題を抱えている場合が多いので、きちんと話を聞いておくようにしましょう。マルチーズはポピュラーな犬種なので、取り扱っているペットショップやブリーダーが多く、比較的探しやすい犬種となります。