マルチーズのトリミングの種類やカットにかかる料金について

マルチーズはトリミングサロンへ連れて行くことでいろいろな種類のカットスタイルにすることができます。テディベアやボブカットなど様々なカットスタイルがありますが、トリミングはどれくらいの頻度で行えば良いのでしょうか。ここではマルチーズの人気のカットスタイルやトリミングの頻度、料金、自宅でカットする方法などを簡単にご紹介します。

目次

マルチーズのカットの種類

2017081202

マルチーズはトリミングサロンで毛をカットしてもらうことでいろいろなカットスタイルを楽しめる犬種です。
いろいろなヘアスタイルがありますが、ここでは人気の高いマルチーズのカットスタイルを見ていきましょう。

トイプードルでおなじみののテディベアカット

640x480xc1b5f0a6542c7a707005ebef

出典:www2u.biglobe.ne.jp

トイプードルのカットスタイルとして人気が高いテディベアカットですが、そのぬいぐるみのような可愛らしさからマルチーズでも人気の高いスタイルとなっています。

名前の通り、テディベアのような見た目になるテディベアカットですが、ふわふわを維持するためには毎日きちんとブラッシングをかけてあげる必要があります。

子犬のようなパピーカット

16939

出典:dogcafe.jp

まるで子犬のときに戻ったような可愛らしい姿となるパピーカット。子犬のようにふわふわとしていますが、全体的にすっきりとした印象で、目の周りの毛も短く切るため、涙や目やになどの予防効果もあります。

可愛らしいボブカット

16935

出典:dogcafe.jp

顔の毛は短くカットして耳の毛を長めに残すボブカットは、女の子らしい雰囲気がとても可愛いカットスタイルです。
比較的手入れが簡単で、リボンをつけたり、頭の毛を束ねてみても可愛らしいカットスタイルとなります。

違う犬種に変身できる?シュナウザーカット

milou_takayama

口周りの毛を残し、全体に的に短く毛をカットするシュナウザーカット。その名前の通り、マルチーズがまるでミニチュアシュナウザーのような姿になります。

愛犬をシュナウザーに変身させたい、イメージチェンジしてみたいという飼い主さんにオススメです。

フルコートについて

lovely2m

トリミングを行わずに毛を長く伸ばした状態をフルコートといいます。最近ではヘアカットを行うのが一般的となっていますが、本来はこのフルコートの状態がマルチーズのスタンダードとなります。

そのため、ドッグショーなどに出るマルチーズの毛は地面につくくらい長くなっています。しかし、とても手入れが大変になるため、毛を長く伸ばすフルコートの場合でもトリミングサロンでのお手入れやカットが必要となります。

トリミングの頻度や必要性について

Fotolia 201239585 xs

マルチーズは定期的にトリミングサロンへ連れて行くことが一般的となっていますが、サロンへはどれくらいの頻度で連れて行けば良いのでしょうか。

また、ドッグショーに出場するマルチーズはフルコートが基本となっていますが、なぜトリミングを行う必要があるのでしょうか。

トリミングは絶対に必要?

マルチーズは毛を伸ばしたフルコートがスタンダードとなっています。そのため、きちんとブラッシングをかけるなど、手入れをすることができればトリミングサロンで全身カットを行う必要はありません。

しかし、長い毛は手入れがとても大変なのでカットを行うことが一般的となっています。また、伸びた毛が目に入ったり、お尻の毛にウンチがつく、自分の毛を踏んで足を滑らしてしまうなど、衛生面に問題が出やすくなったり、怪我や病気の原因となる場合があるため、部分的なカットは必要となります。

トリミングサロンへ連れて行く頻度について

個体差やカットの方法によっても異なりますが、だいたい1ヶ月に1回くらいの頻度でトリミングサロンへ連れて行くことが一般的となっています。

毛が伸びると毛玉ができやすくなるなど手入れが難しくなるだけでなく、毛が目に入ったり、汚れがつきやすくなってしまうので、伸びきる前にカットしてあげましょう。

マルチーズのトリミングの頻度について詳しくは次の記事を参考にしてください。

マルチーズのトリミングの頻度は?カットを行うタイミングや必要性について|HANEY [ハニー]
マルチーズといえば白くて長い毛が特徴的な犬種ですが、ヘアカットを行うことでいろいろなヘアスタイルを楽しむことができます。トリミングを行わずに毛を伸ばし続けると毛が地面に着くくらい長くなりますが、そうなると手入れが大変になるため、定期的にトリミングサロンでカットを行うことが一般的となっています。ここではトリミングを行う頻度やカットを行うタイミングなどについてご紹介します。

夏や冬はどんなスタイルにすればいい?

Fotolia 118328624 xs

マルチーズは夏の暑さや冬の寒さが苦手です。そのため、季節によって適したカットスタイルが異なる可能性があります。
夏や冬はどのようなスタイルが適しているのでしょうか?

夏のカットについて

マルチーズの長い毛は、夏場は暑く蒸れやすいため、気温が高くなると短くて涼しいサマーカットにする人が多いようです。

確かに、毛を短くカットすることで風通しが良くなるため涼しくなりますが、毛を短くすることで直射日光に弱くなり、かえって熱中症を引き起こしやすくなる場合があります。そのため、短くカットする場合は紫外線に注意しましょう。

夏のカットについて詳しくは次の記事を参考にしてください。

マルチーズのサマーカットは夏に適している?メリットやデメリットについて|HANEY [ハニー]
犬は全身に毛が生えているので、寒さには強いですが、暑さには弱い傾向があります。特にマルチーズのような長い毛で覆われている犬種には高温多湿になる日本の夏がとても苦手です。マルチーズは基本的に季節による毛の生え変わりがほとんどないので、温度の変化に弱く、暑さだけでなく寒さも苦手としています。そのため、夏の暑さの中、少しでも快適に過ごせるように長い被毛をトリミングサロンでカットする場合があります。

冬のカットについて

マルチーズは暖かい国で生まれた犬種で、愛玩犬として室内で飼われていたため、暑さだけでなく寒さにも弱い傾向があります。
そのため、あえて毛をカットせずフルコートにすることで暖かく過ごせる可能性がありますが、手入れがとても大変になります。

マルチーズの冬のカットについて詳しくは次の記事を参考にしてください。

マルチーズに冬のカットは必要?フルコートがオススメ?|HANEY [ハニー]
犬といえば寒さに強いため、冬場も元気に走り回るというイメージがありますが、マルチーズは比較的冬の寒さに弱い犬種だと言われています。長い被毛を持つため、定期的にトリミングサロンでヘアカットを行うことが多い犬種ですが、冬場も春夏などと同じようにカットが必要なのでしょうか。ここではマルチーズのヘアカットの必要性やフルコートついて見ていきましょう。

サロンの料金や時間はどれくらい?

Fotolia 154157842 xs

トリミングサロンへ連れて行くと、カットするのにかかる料金や時間はどれくらいかかるのでしょうか?

トリミングにかかる料金

お店によって料金は異なりますが、トリミングサロンでカットを行う場合、シャンプー込みで大体5,000〜9,000円くらいかかります。
トリミングサロンにはいろいろなメニューがあり、シャンプーのみや、部分カットのみなどの場合は全身カットよりも値段が安くなります。

また、お店によっては毛玉がたくさんできてしまっているなど、手間がかかる場合は料金が通常より多くかかってしまうこともあるそうです。

カットにかかる時間

カットの内容や、マルチーズの状態にもよりますが、サマーカットのような全身カットを行う場合、だいたい2〜3時間くらいかかります。

暴れてしまったり、落ち着いてカットすることができない場合はカットを引き受けてもらえない場合もあるので、小さい頃からトリミングサロンに慣れさせておく必要があります。

自宅で行う場合はどんな方法をすればいい?

2017081203

お店で行うような全身カットを自宅で行うことは難しいですが、目の周りやお尻の周り、肉球にかかる毛などは自宅でカットすることができます。

部分カットについて

テディベアカットやパピーカットのような全身カットは難しいため、素人が自宅で行うとうまくいかず、バランスが悪くなったり、切りすぎて後悔してしまう恐れがありますが、部分カットであれば道具さえ揃えれば自宅でもそれほど難しくありません。

耳の毛や目の周りの毛などは伸び過ぎると病気の原因になることがあり、肉球にかかる足の毛が伸びていると滑りやすくなるため怪我の原因にもなります。

そのため、毎月トリミングサロンへ連れて行くことが難しい場合や、出費を抑えたい場合は部分的に伸びてしまった毛を自宅でカットすることで、手入れが楽になったり、病気や怪我を予防できます。

自宅でカットを行う方法

自宅カットを行う場合はバリカンやハサミ、コーム、ブラシなどを用意しましょう。肉球の毛を切る場合は肉球からはみ出ている毛をバリカンで刈っていきます。一通り刈り終わったら肉球を指で広げてコームとハサミを使ってカットします。

お尻の周りの毛も同様にバリカンとコーム、ハサミを使ってカットしていきましょう。耳の中の毛を切る場合もコームとハサミを使用しますが、耳毛切り用のハサミがあるとより安全にカットすることができます。いずれも犬が嫌がって暴れてしまわないように注意して行ってください。

自宅でのカットについて詳しくは次の記事を参考にしてください。

マルチーズのトリミングは自分でできる?ハサミやバリカンでのカットについて|HANEY [ハニー]
マルチーズはとても毛の長い犬種なので、定期的にトリミングサロンでカットすることが一般的となっています。しかし、住んでいる地域や時間、金銭面の事情で頻繁にトリミングサロンへ連れて行くことが難しい場合もあります。そんなときはハサミやバリカンなどを使って自分でカットしてあげましょう。目の周りやお尻の周り、足の裏の毛は定期的に切ってあげる必要があるので、長く伸びている部分を自分でカットしていきます。

ポイント

マルチーズはトリミングサロンへ連れて行くことでいろいろなヘアスタイルにすることができます。長い毛をカットをすれば手入れが楽になり、衛生面が保ちやすくなるため、トリミングサロンでカットを行うことが一般的となっていますが、ドッグショーに参加させたい場合は全身カットを行わず毛を長く伸ばすフルコートにしたり、寒い冬は短いサマーカットではなく少し長めのミディアムやロングスタイルにする場合があります。

カットの頻度はスタイルによって異なりますが、1ヶ月に1回くらいが一般的となっています。基本的にトリミングサロンでのカットを行うことになりますが、お尻周りや目の周り、耳の毛、足回りの毛など部分的に長くなったところを切る部分カットであれば自宅で行うこともできます。