犬のダブルコートやシングルコートとは?特徴や犬種について

犬の毛には「ダブルコート」と「シングルコート」という2つの種類があります。これらは犬種によって分かれており、抜け毛の量や寒さへの強さなどそれぞれ異なる特徴を持っています。また、ブラッシングを行うときに使用するブラシの種類もダブルコートとシングルコートで異なる場合があります。ここではダブルコートとシングルコートの特徴や違い、犬種、見分け方などを簡単にご紹介します。

目次

ダブルコートについて

Fotolia 99707047 xs

ダブルコートの犬は毛が2重で生えており、オーバーコート(上毛)とアンダーコート(下毛)に分かれています。
オーバーコートと呼ばれている太くて硬い毛には外傷や紫外線、雨風など外部の刺激から皮膚を守る役割があり、保護毛とも呼ばれています。

一方、アンダーコートは柔らかく皮膚を覆うように生えており、皮膚を保湿したり寒さから守る役割があります。
そのため、ダブルコートはシングルコートの犬と比べて気温の変化や寒さに強いと言われていますが、抜け毛が多い傾向にあります。

気温の変化や寒さに強い

ダブルコートの犬の毛はオーバーコートとアンダーコートの2重構造になっています。オーバーコートはいわゆる「夏毛」のことで冬になって気温が低くなると抜け落ち、かわりに「冬毛」であるアンダーコートが生えてきます。

反対に夏になって気温が高くなるとアンダーコートが抜け落ち、新しいオーバーコートが生えてきます。
寒くなると体温を保持する役割のアンダーコートが増えて、暑くなると必要のないアンダーコートが抜け落ちるようになっているため、ダブルコートの犬はある程度気温の変化に対応することができ、寒さにも強い傾向があります。

抜け毛が多い

ダブルコートの犬は季節によってオーバーコートやアンダーコートが生え変わります。毛が生え変わる時期を換毛期といい、毛が新しく生え変わることで抜け毛が多くなるため、ダブルコートの犬はシングルコートの犬と比べると抜け毛の量が多くなります。

そのため、室内飼いの場合は掃除が大変になる可能性がありますが、ミニチュア・シュナウザーのようにダブルコートでも比較的抜け毛が少ない犬もいるので、犬種によって抜け毛の量は異なる場合があります。

トリミングを行う必要がない

ダブルコートの犬種は季節ごとに毛が生え変わるため、基本的にトリミングをする必要はありません。

衛生面や怪我の予防を考えて耳や肉球、お尻周りの毛などをカットすることはありますが、サマーカットなどの全身カットは基本的に行う必要がなく、全身カットを行うことで毛が生えてこなくなったり、皮膚の病気を発症する場合があるので注意しなければなりません。

スリッカーブラシがオススメ

換毛期にたくさん抜け毛が増えるダブルコートの犬種には、スリッカーブラシがオススメです。抜け毛がたくさん付いたままになっていると毛玉ができたり、不衛生になりやすいので毛玉や抜け毛を取り除くのに使用しましょう。

ただし、先が尖っているため力を入れすぎると皮膚を傷つけてしまう場合があるので、痛くしないように注意してください。

シングルコートは寒さに弱い?

Fotolia 108574548 xs

シングルコートはダブルコートと違い、ほとんどアンダーコートが生えていません。そのため、毛は抜けにくいですが、気温の変化には弱い傾向があります。また、犬種によっては定期的にトリミングサロンへ連れて行く必要があります。

毛が抜けにくい

シングルコートの犬には換毛期がないため、あまり毛が抜けません。そのため、ダブルコートの犬に比べると抜け毛の掃除が楽なので室内で飼うのに適しています。

また、抜け毛が犬アレルギーの原因となっている場合は、抜け毛が少ないシングルコートの犬を飼うことでアレルギーが出ない場合もあります。ただし、シングルコートでも抜け毛が多い犬種もいるので注意しましょう。

気温の変化に弱い

シングルコートの犬は換毛期がないため抜け毛が少ない傾向にありますが、一年を通してほとんど毛が生え変わらないため、気温の変化に弱い場合があります。特に保温や保湿の役割があるアンダーコートがあまり生えていないため、寒さが苦手です。

本来、犬の毛はダブルコートとなっていますが、南国の国で育った犬種や室内飼いように改良されたことでシングルコートになったため、気温の変化には注意する必要があります。

ヘアカットを楽しむことができる

シングルコートの犬の中には放っておくとどんどん毛が伸びてしまい、皮膚が蒸れて雑菌や寄生虫が繁殖したり、毛が目に入ることで病気になってしまう場合もあるので、犬によっては定期的なヘアカットが必要となります。

その場合、1〜2ヶ月に一度はトリミングサロンへ連れて行かなければなりませんが、サロンへ連れて行くことでいろいろなヘアカットを楽しむことができます。

長い毛にはピンブラシ

長毛のシングルコートの犬にはピンブラシがオススメです。ピンブラシは猫のブラッシングに使用することが多いブラシで、長い毛を梳かすのに適しています。

毛がもつれて毛玉ができるのを防ぐために、念入りにピンブラシをかけて梳かしてあげましょう。

見分け方や犬種について

Fotolia 107037146 xs

被毛がダブルかシングルかを見分ける場合は、犬の毛をかき分けることで確認できます。

被毛の見分け方について

ダブルコートの犬は毛をかき分けたときに荒くて太いオーバーコートと柔らかくて細いアンダーコートを確認することができます。
これらの毛は同じ毛穴から生えているため、2種類の毛を確認できた場合はダブルコートとなります。

また、ダブルコートの犬は夏と冬で毛の量が大きく異なります。そのため、一年を通してほとんど抜け毛がなく、量が変わらないという場合はシングルコートということになります。

シングルコートの犬種

本来、イヌ科の動物の毛はダブルコートとなっています。しかし、四季があまりない暖かい気候の国で過ごしていた犬や、愛玩犬として室内飼いように改良された犬種は寒さに対応する必要がなかったためシングルコートとなっています。

以下は主なシングルコートの犬種となります。
・プードル
・マルチーズ
・シー・ズー
・ヨークシャー・テリア
・スムースチワワ
・パピヨン
・グレーハウンド
・グレート・デーン
など

ポイント

犬種によっても異なりますが、ダブルコートの犬種は寒さに強く、季節によって毛が生え変わるため、基本的に抜け毛が多くなります。季節に応じて毛が生え変わるため、サマーカットのような全身カットを行う必要はなく、逆に毛を短く切り過ぎることで毛が元通り生えてこなくなる可能性があるので注意しなければなりません。

シングルコートの犬種は抜け毛の少ない子が多いですが、寒さに弱い傾向があり、毛が長く伸びる場合は定期的なトリミングが必要となります。そのため、いろいろなヘアカットを楽しむことができますが、定期的にトリミング費用がかかってしまいます。