マルチーズのトリミングは自分でできる?ハサミやバリカンでのカットについて

マルチーズはとても毛の長い犬種なので、定期的にトリミングサロンでカットすることが一般的となっています。しかし、住んでいる地域や時間、金銭面の事情で頻繁にトリミングサロンへ連れて行くことが難しい場合もあります。そんなときはハサミやバリカンなどを使って自分でカットしてあげましょう。目の周りやお尻の周り、足の裏の毛は定期的に切ってあげる必要があるので、長く伸びている部分を自分でカットしていきます。

目次

トリミングは自分でできる?

2017081203

マルチーズは毛を切らないでいるとどんどん毛が伸びていきます。そうなると汚れがつきやすくなったり、毛玉ができやすくなってしまうため定期的にトリミングサロンへ連れて行って被毛をカットすることが一般的となっています。

しかし、頻繁にトリミングサロンへ連れて行くことが難しいため、カットの頻度を少し長くしたい場合は自分でカットを行う人もいます。

全身カットは難しい

マルチーズをトリミングサロンへ連れて行ったときはテディベアカットやパピーカットのような
全身カットを行うことがありますが、自分でカットをする場合はこのようなスタイルの全身カットを行うことは非常に難しい可能性があります。

トリマーの経験のない素人が全身カットを行おうとするとバランスが悪くなったり、ハサミで犬を傷つけてしまう恐れがあるので、慣れていない場合は部分的に長くなった毛をカットするだけにするか、足の裏など比較的カットしやすい場所から初めていきましょう。

部分カットについて

マルチーズのカットを自分で行う場合は、長く伸びた場所を部分的にカットすることから始めていきましょう。
マルチーズのように毛の長い犬種はお尻周りの毛が伸びることでウンチが付きやすくなるため、お尻周りが汚れやすくなってしまいます。

また、目の周りの毛が伸びて目を刺激することで涙や目ヤニ、病気の原因となったり、足の裏の毛が伸びることで足を滑らせて怪我をしてしまうことがあります。そのため、長く伸びた箇所を部分的にカットすることはとても大切です。

トリミングに必要な物

自分でトリミングを行う場合は、犬の毛をカットするハサミとスキバサミ、毛を整えたりカットする毛を掻き出すためのコーム、アタッチメントが付いたバリカン、先が丸くなっているミニバサミなどを用意しましょう。

基本的に犬のカットはハサミとバリカンを使って行っていきます。

ハサミやバリカンでのカットについて

Fotolia 131449750 xs

ハサミやバリカンを使ったカットは犬に怪我をさせてしまわないように気を付けましょう。カットを行っているときに犬が暴れてしまうと非常に危険なので、自分でカットを行う場合は犬の体を触ったり、ハサミを近づけても大人しくしているようにしつけておく必要があります。

詳しくは犬のボディーコントロールを参考にしてください。

【愛犬のボディコントロール??】自由にさわれるワンちゃんにしよう!|HANEY [ハニー]
ボディコントロールという言葉を知っていますか?ワンちゃんの体を自由にさわれるようにすることをボディコントロールといいます。ワンちゃんは信頼した人に身をまかせる習性があります。ボディコントロールの重要性と方法をご紹介します。

足裏の毛から始めよう

カットをする場合は犬の体を脇で抱えるような感じで固定しましょう。この状態でスネを掴んで足を持ち上げることで犬が暴れにくくなります。

・足を持ち上げたら1ミリくらいのアタッチメントをつけたバリカンかハサミを使って肉球からはみ出している毛をカットしていきます。バリカンを使う場合は肉球と平行になるように刃を当てていきましょう。

・はみ出ている毛を切り終えたらハサミを使って肉球の間の毛をカットしていきます。肉球を手で開いて間の毛をカットしていきますが、肉球はとてもデリケートな部分なので傷つけてしまわないようにコームで掻き出してからカットを行うか、先の丸いミニバサミを使ってカットしましょう。深くハサミを入れすぎると肉球を傷つけてしまう恐れがあるので注意してください。

お尻周りの毛を切る

お尻の毛をカットする場合はマルチーズの尻尾を上に持ち上げた状態で行っていきます。

・まずはコームを使ってカットする毛を梳かしていきます。

・お尻の穴付近に生えている毛をカットしていきます。お尻の穴から5ミリほどの範囲で毛を切っていきましょう。

・バリカンでカットする場合はアタッチメントをつけたバリカンを軽く当てて毛を刈っていきます。お尻はデリケートなのでバリカンの刃が皮膚に当たってしまわないように気を付けましょう。ハサミを使う場合はスキバサミや先の丸いミニバサミを使うと安全にカットすることができます。

顔周りの毛のカット

顔周りの毛を切る場合は顎を手で押さえて、犬が動かないように固定しましょう。犬が暴れてしまうと危険なので、きちんと慣れさせてから行うようにしてください。

・コームで顔の毛を梳かします。

・目の周りや耳、顎の周りなど、伸びすぎている顔の毛をハサミで部分的にカットしていきます。このとき、ハサミの先をマルチーズに向けないように注意してください。慣れていない場合はスキバサミや先が丸いミニバサミを使うと良いでしょう。

ポイント

マルチーズは放っておくとどんどん毛が伸びてしまうため、頻繁にトリミングサロンへ連れて行くことが難しい場合はバリカンやハサミなどを使って自分でトリミングをしてあげましょう。自分で部分カットを行うことはトリミングサロンへ連れて行く間隔を長くしたり、犬が快適に過ごしやすくなります。

ただし、自分でカットを行う場合は犬に怪我をさせてしまわないように注意する必要があります。そのため、まずは犬が嫌がらないようにしつけを行ったり、足の裏など比較的安全で切りやすい場所から練習していきましょう。