マルチーズの体重はどれくらい?平均や年齢ごとの推移について

適切な体重を維持することは犬の健康を守る上でとても大切です。特に小型犬であるマルチーズは太り過ぎてしまうと、骨や関節の怪我が増えてしまいます。また、子犬の頃にきちんと体重が増えていないときちんと成長しない場合があるので、体重管理はとても重要です。ここではマルチーズの平均体重や子犬の時期の体重の推移、肥満や痩せ過ぎによる注意点などをご紹介します。

目次

マルチーズの平均体重や管理方法について

Fotolia 66637501 xs

マルチーズの平均体重は2〜3kgくらいとなっています。しかし、同じ犬種でも犬ごとに個体差があるため、体の大きや体重が平均よりも大きくなったり小さくなる場合があります。

平均体重は2〜3kg

マルチーズはオスメスによる体重や体高の差がほとんどないため、体重はオスメスともに2〜3kg、体高はオスメスとも20〜25cmほどとなっています。スタンダードの体重は3.2kgで2.5kgほどが理想だとされています。

個体によって差が出ることも

マルチーズのような小型犬は個体差が出やすいため、平均体重や体高よりも大きい場合や小さい場合があります。
スタンダードでは体重が3.2kg以下が好ましいとされていますが、個体によっては体高が30cmくらいある体の大きい子もいるので、体重が4kg以上ある場合でも肥満だとは限りません。

平均体重はあくまでも目安なので、犬の体型を見て適切な体重を判断する必要があります。

太っているか痩せているかを見分ける方法

マルチーズが太っているか痩せているかを知るためには、体重や体の大きさを測ることも重要ですが、直接体に触ることで見分けることができます。

・肋骨を触る
まずはマルチーズの肋骨を触ってみましょう。胸のあたりを上から抱きかかえるように触って肋骨を確認します。標準体型であれば肋骨を触ることができますが、太り過ぎている場合は脂肪のせいで肋骨が分かりづらかったり、見つけられない場合があります。反対に骨がゴツゴツと浮き出ている場合は痩せ過ぎています。

・背骨を触る
背中を触って背骨を確認してみましょう。標準的な体型の場合はすぐ背骨を確認することができますが、太り過ぎている場合は背骨が見つけづらい、または確認することができません。また、背骨がゴツゴツし過ぎている場合や腰骨が浮き出ている場合は痩せ過ぎとなります。

・お腹を見る
マルチーズのお腹を上や横から見てみましょう。上から見たときに脂肪がはみ出している場合は太り過ぎ、砂時計のように極端にへこんでいる場合は痩せ過ぎとなります。横から見た場合はお肉が垂れ下がっていないか、反対にへこんでいたり、肋骨が浮き出ていないかを確認しましょう。

年齢による推移について

17587300 2059006437659555 2213888034284240896 n

子犬の時期は成長期なので体重が大きく変化します。子犬の体重の変化は健康のバロメーターとなるので、今後の成長に大きく関係してきます。そのため、きちんと増えていっているか体重の推移を確認しましょう。

子犬の頃は大きく体重が増える

子犬の時期は一週間くらいで体重が大きく変化しますが、この時期にきちんと体重が増えていないと何らかの病気にかかっていたり、発育不良を引き起こす可能性があります。

また、短期間で体重が増えるからといって太らせ過ぎるのもよくありません。子犬の時期に肥満になると関節や骨に影響を及ぼす恐れがあるので注意しましょう。

子犬の時期の体重の推移

以下はマルチーズの体重の推移を記録したものとなります。体重の推移には個体差があるので、参考程度にご覧ください。

生後2ヶ月 800g
生後3ヶ月 1kg
生後4ヶ月 1.3kg
生後5ヶ月 1.6kg
生後6ヶ月 1.8kg
生後7ヶ月 1.9kg
生後8ヶ月 1.9kg
生後9ヶ月 2.1kg
生後10ヶ月 2.2kg

一般的に子犬は生後半年くらいまでの時期に大きく体重が増加します。決して太り過ぎているわけではないので、食事制限やダイエットをしないようにしてください。子犬の時期は肥満よりも痩せ気味な子の方が多いと言われているので、きちんとご飯を食べさせて成長を見守りましょう。

痩せ過ぎや太り過ぎに注意しよう

Fotolia 118328624 xs

マルチーズが太り過ぎていたり痩せ過ぎている場合は、何らかの病気を発症するリスクが高くなるので注意しましょう。

太り過ぎている場合

肥満によって体重が標準より重くなっている場合は関節の怪我や糖尿病、心臓や呼吸器の病気などに注意する必要があります。
マルチーズは小型犬ということもあって、関節や骨もそれほど丈夫ではないので肥満によって負担が大きくなると骨折や脱臼などの怪我を起こしやすくなります。

また、過度な肥満は糖尿病のリスクを高めたり、心臓や呼吸器への負担も大きくなるため、重篤な病気にかかりやすくなってしまいます。特にマルチーズは僧帽弁閉鎖不全という心臓の病気を発症しやすい犬種なので、肥満によって心臓に負担がかからないように注意しましょう。

犬の僧帽弁閉鎖不全について詳しくは次の記事を参考にしてください。

心臓の血液が逆流する犬の病気「僧帽弁閉鎖不全」について|HANEY [ハニー]
僧帽弁閉鎖不全とは、心臓の中の弁が閉まらなくなることで血液の一部が逆流してしまう病気です。そのため心臓に負荷がかかり、血液の流れが悪くなることで体にさまざまな影響を与えます。肺水腫を併発させるため、頻繁に咳が出るようになったり、食事を食べなくなり、末期状態では呼吸困難で失神することもあります。治療は薬の投与による対症療法が中心となり、病院は限られますが、人口弁を入れる手術を行うこともあります。

体が小さく痩せている場合

標準よりも極端にマルチーズの体が小さく痩せている場合は、栄養不足や何らかの病気が原因で発育不良を引き起こしている可能性があります。
極端に痩せていると低血糖症を引き起こしたり、皮膚の病気や目の病気などにかかりやすくなります。

また、メスの場合は痩せていると出産が難しくなる場合もあるので注意が必要です。食べているのに体重が増えない、痩せていくという場合は病気の可能性が高いので、すぐに病院で検査を受けさせましょう。

ポイント

適切な体重を維持することは健康を維持する上でとても重要なこととなります。特に成長期の子犬の時期は今後の成長に大きく影響を及ぼすので、こまめに体重を確認してあげましょう。体重や体の大きさは同じマルチーズでも個体によって差がでるため、平均体重がその犬の標準ではない場合もあります。そのため、数字を目安にしながら、体を触ったり状態を見て判断しましょう。