うさぎを一羽というのはなぜ?正しい数え方や理由、由来について

小型の動物の多くは一匹、二匹と数えるのに対して、なぜかうさぎの場合は一羽、二羽という数え方をします。この呼び方をする理由には由来となる説がたくさんあり、仏教が布教した時にできた生類憐みの令や猟師たちの仕事が関係しているなどが有力な説となっています。また、正しい数え方としては一羽ですが、ペットとして飼育されているうさぎの場合、現在では一匹と呼んでも間違えではありません。

目次

うさぎはなぜ一匹ではなく一羽と呼ぶの?

Fotolia 105892642 xs

犬や猫などの哺乳類は一匹、二匹と呼び、鶏や雀などの鳥類のことを一羽、二羽と数えますが、哺乳類であるうさぎのことも一羽、二羽と数えることに違和感を感じたことのある人もいるのではないでしょうか?

この数え方をする理由には江戸時代の仏教が関係していると言われています。どんな理由があるのか見てみましょう。

法律の穴を抜けて食べるため

うさぎを匹ではなく一羽、二羽という数え方をする由来にはいくつかの説がありますが、一番有力なのは江戸時代に仏教の影響を受けてできた「生類憐みの令」が関係しているという説です。

生類憐みの令が敷かれたことにより、四本足の動物を殺したり食べたりしてはいけないという法律ができたため、貴重な食料である肉を食べることができなくなってしまいました。

猟師や農民たちは何かと理由をつけて誤魔化しながら食べていましたが、仏教の布教者である僧侶たちは誤魔化しながら食べることができないため、跳ね回る姿や長い2つの耳からうさぎを鳥の仲間として分けることで食べていました。

つまり、僧侶たちはうさぎの数え方を一匹から一羽に変えてまで無理にこじつけて食べていたということです。

耳や跳ねる姿以外に名前も理由に

畑を荒らす害獣として知られていたうさぎの、跳ね回る姿や大きな耳から鳥類の動物だとこじつけたと言われていますが、外見以外に名前が理由になったという説もあります。

「うさぎ」=「鵜(う)鷺(さぎ)」という風に2種類の鳥の名前から構成されているとこじつけていたという説です。
見た目と名前のどちらかというわけではなく、両方が由来となっていたとも考えられます。

他の理由や由来について見てみよう

Fotolia 121113484 xs

名前や外見だけではなく、他のことがうさぎを一羽、二羽という数え方をする由来になったとも言われています。
他にはどんな説があるのかについて見てみましょう。

味が鳥に似ているから

ペットとしてのイメージが強いうさぎですが、昔の日本では貴重な食料の一つとして食べられていました。
軽く淡白な味が鳥類の味と似ていたため、うさぎを一匹ではなく一羽と数えるようになったと言われています。

猟師たちの間から広まった

うさぎの数え方の由来には猟師たちの仕事や呼び方が関係しているという説もあります。猟師たちは捕まえたうさぎの耳を束ねて持ち帰っており、その時に束ねたものの数え方として「一把(いちわ)」という単位で数えていました。

この「一把」が「一羽」として伝わったことで現在に至ったという説があります。また、鳥を捕まえる時と同じ方法でうさぎを捕まえていたことも由来になっていると言われています。

結局正しい数え方はなんなの?

Fotolia 126120416 xs

うさぎの数え方として正しいのは一匹ではなく一羽なので、学校やクイズなどの正解としては一羽と答えなければいけませんが、この数え方は主に食用や野生のうさぎを数える時の呼び方となります。

そのため、現在ではペットショップなどでも一匹と数えられています。また、日常会話としてはどちらでも大丈夫だと言われているので、現在では匹と数えた方が違和感なく使うことができると思われます。

ポイント

匹という数え方は主に小型の動物を指しますが、その中でもうさぎは昔から羽という数え方をされています。その理由や由来には様々な説があり、最も有力なものは仏教の影響を受けてできた生類憐みの令によって四本足の動物を食べることができなくなったため、理由をこじつけて誤魔化しながら食べるために数え方まで一匹ではなく一羽と呼ぶようになったと言われています。

また、現在ではクイズや問題などの正式な場以外では、一匹と呼ぶことが当たり前になっているので、普段は一匹という数え方で問題ないでしょう。