犬のワクチンの種類の違いは?予防できる病気や料金について

犬のワクチンには予防する病気に合わせていくつかの種類があり、値段や予防できる病気、犬への負担などが異なります。主に狂犬病を予防するものとその他の重篤な伝染病を予防する混合ワクチンに分かれており、予防したい病気や犬への負担などを考慮して適切なものを選ぶ必要があります。そのため、住んでいる地域で感染するリスクがある病気を獣医師に聞き、犬のアレルギーの有無などを相談して適した種類のものを選択しましょう。

目次

犬のワクチンの種類について

Fotolia 42224891 xs

犬はワクチンを打つことによって様々な危険な病気を防ぐことができます。病気に応じて様々な種類があり、一度の注射で複数の病気を防ぐことができるものを混合ワクチンといいます。

ワクチンとは?

ワクチンには病気を発症しない程度に弱めた病原体や、死滅させた病原体が含まれており、動物に接種することで病原体に対する抗体を作らせることができます。

抗体とは、病気の原因となる病原体の働きを抑えるたんぱく質のことで、病気の発症を防いだり、病気の症状を軽くする役割があります。

抗体を作るためには一度その病気にかかる必要がありますが、命に関わるような危険な病気の場合はその病気にかかるわけにはいかないため、弱めた病原体が含まれているワクチンを接種することによって抗体を作らせます。

複合ワクチンについて

ワクチンは予防する病気によって様々な種類があります。通常、一度の予防接種で複数の病気を予防することができる混合ワクチンというものを使用しますが、これにも2つの病気を予防する2種や3つの病気を予防する3種、4種、5種、6種、7種、8種、9種、10種、11種など様々です。

この中でも一般的なものは5種~8種の間となりますが、獣医師さんの話をよく聞いて予防したい病気や犬の健康を考慮した上で適切なものを選びましょう。

狂犬病ワクチン

混合ワクチンとは別に、狂犬病を予防するための狂犬病ワクチンというものがあります。狂犬病は非常に危険な病気で、一度蔓延してしまうと根絶するのに時間がかかり、人間にも大きな被害を及ぼす恐れがあるため、狂犬病予防法によって犬への予防接種が義務付けられています。

狂犬病の予防接種を受けさせる場合は、混合ワクチンを打ってから一週間は間隔をあける必要があります。

料金について

混合ワクチンは一度で予防できる病気の数が増えるほど値段が高くなります。動物病院によって異なりますが、2種が3500〜4000円ほどになり、そこから一種類増えるごとにだいたい1000円ほど高くなっていきます。

また、狂犬病ワクチンは3000円ほどで受けることができます。

予防することができる病気

Fotolia 105289895 xs

混合ワクチンはその種類によって予防できる病気が異なります。そのため、予防したい病気に合わせて予防接種を行いましょう。

予防できる病気

以下は混合ワクチンによって予防できる病気の種類です。
・犬ジステンパー
・犬パルボウィルス
・犬アデノウィルス
・犬伝染性肝炎
・犬パラインフルエンザ
・犬コロナウィルス
・犬レプトスピラ症
などがあります。

病気に対応しているワクチンの種類

各病気の種類に対応している混合ワクチンは次の通りになります。

・2種混合
犬ジステンパー、犬パルボウィルス感染症

・3種混合
犬ジステンパー、犬伝染性肝炎、犬アデノウィルス

・4種混合
犬ジステンパー、犬伝染性肝炎、犬アデノウィルス、パルボウィルス

・5種混合
犬ジステンパー、犬伝染性肝炎、犬アデノウィルス、パルボウィルス、犬パラインフルエンザ

・6種混合
犬ジステンパー、犬伝染性肝炎、犬アデノウィルス、パルボウィルス、犬パラインフルエンザ、犬コロナウィルス

・7種混合
犬ジステンパー、犬伝染性肝炎、犬アデノウィルス、パルボウィルス、犬パラインフルエンザ、犬レプトスピラ症(カニコーラとコぺンハーゲニー)

・8種混合
犬ジステンパー、犬伝染性肝炎、犬アデノウィルス、パルボウィルス、犬パラインフルエンザ、犬レプトスピラ症(カニコーラとコぺンハーゲニー)犬コロナウィルス

・9種混合
犬ジステンパー、犬伝染性肝炎、犬アデノウィルス、パルボウィルス、犬パラインフルエンザ、犬コロナウィルス、犬レプトスピラ症(カニコーラ、コぺンハーゲニー、へブドマディス)

・10種混合
犬ジステンパー、犬伝染性肝炎、犬アデノウィルス、パルボウィルス、犬パラインフルエンザ、犬コロナウィルス、犬レプトスピラ症(カニコーラ、コぺンハーゲニー、へブドマディス、オータムナリス)

・11種混合
犬ジステンパー、犬伝染性肝炎、犬アデノウィルス、パルボウィルス、犬パラインフルエンザ、犬コロナウィルス、犬レプトスピラ症(カニコーラ、コぺンハーゲニー、へブドマディス、オータムナリス、オーストラリス)

どの種類のワクチンを選べばいい?

ワクチンを選ぶ場合は予防したい種類の病気に対応しているものを選ぶ必要があります。地域によってかかりやすい病気の種類が異なるため、動物病院で獣医師さんから予防した方がいい病気の種類を聞いておきましょう。

また、ワクチンには副作用があり、対応している病気の種類が多いものほど体への負担が大きくなります。
小型犬ほど副作用が出やすいとも言われているので、アレルギーの有無やかかる可能性の高い病気などから犬に適したワクチンの種類を選びましょう。

犬のワクチンの副作用については次の記事を参考にしてください。

ポイント

犬のワクチンには様々な種類がありますが、複合ワクチンはそれぞれ予防できる病気の種類が異なります。そのため、適した種類を選ぶためには住んでいる地域ではどの病気が感染するリスクがあるのかを動物病院で確認し、海、山などへ出かけることが多い場合や、犬にアレルギーがある場合なども獣医師さんに伝えておきましょう。

複数の病気に対応しているものを打てばその分病気のリスクを減らすことができますが、その分料金が高くなり、体への負担も大きくなるので、必要であれば複数の動物病院や獣医師さんの話を聞いてきちんと相談した上で適したものを選ぶようにしてください。