うさぎは運動量が多い動物?させる時間やサークルの使い方について

ペットとしてうさぎを飼育する際には、大きめのケージを用意して基本的にはその中で生活させるという飼い主さんが多いかと思います。しかし、うさぎは比較的運動量の多い動物なので、毎日30分〜2時間程度の運動をさせるようにしましょう。室内で放し飼いにしたり、犬のように外で散歩させる方法もありますが、室内や外には危険もたくさんあるので、サークルを使う方法がおすすめです。それぞれについて見ていきましょう。

目次

運動は毎日させる方がいい?

Fotolia 139191779 xs

人と同じように生き物の多くは一日中ずーっと動かずに過ごしていると、運動不足になったりストレスが溜まったりしてしまいます。
うさぎも同じように一日をケージの中だけで過ごしていては運動不足から、ストレスが溜まったり肥満になってしまうことがあります。

それでは、うさぎをペットとして飼育する場合は、毎日ケージから外に出して遊ばせた方がいいのでしょうか?

ケージが広い場合はある程度解消できる

うさぎがケージの中でも十分に動き回れるスペースが確保できる場合は、毎日ケージから出して遊ばせなくてもそれほど運動不足になる心配はありませんが、一般的な家庭でそれほど大きなケージを用意することは困難かと思います。

うさぎは狭いケージで飼育していると肥満や、腸が活発に動かないことで毛球症になりやすくなります。退屈からストレスが溜まり、様々な病気の原因となってしまうこともあるので、広い飼育環境を用意できない場合は毎日ケージから出して運動させてあげましょう。

うさぎの運動量や行う時間について

Fotolia 139866768 xs

動物達の多くは人とは比べものにならないほど運動量が多いですが、それらの動物達の中では比較的運動量が少ないと言われています。
うさぎにはアナウサギと野うさぎがおり、ペットとして飼育されている個体の祖先となったのはアナウサギなので、野うさぎよりも運動量が少ないためこのように言われています。

少ないといっても運動させなくていいというわけではないので、飼育していく上では適度な運動時間を設けることが大切になります。
それでは、毎日どれぐらいの時間うさぎに運動させればいいのでしょうか?

最低でも30分は運動させよう

うさぎを運動させる時間については個体差や年齢、健康状態などによっても異なりますが、30分〜2時間を一回の遊びの目安にしましょう。

2時間以上遊ばせても遊び続ける場合がありますが、運動し過ぎることで疲れてしまう可能性もあるので、長くても2時間以内でやめさせるようにした方が安心です。

規則正しい時間にさせよう

うさぎは規則正しい生活を好む動物なので、夕方に運動させたり朝方に運動させたりするのではなく、毎日夕方なら夕方、午前中なら午前中というふうにしっかりと時間を決めるようにしましょう。

運動する時間をしっかり決めていると、四六時中「出して」と要求する行動の抑制にもつながるので徹底するようにしましょう。

おすすめのサークルや使い方は?

22637734775 bbafcd30d9 z

うさぎを運動させる際に、部屋の中を好き放題動き回れるように放してあげると、30分〜2時間の間、飼い主さんがずっと見ていてあげないといけなくなるので大変です。
また、自分のテリトリーである縄張りをしっかり把握させてあげるためにも、サークルを使うのがおすすめです。

使い方や種類について見ていきましょう。

種類によって違う使い方ができる

うさぎ用のサークルには大きく分けると、パーテーション型とよく見かける金網型のものがあります。
それぞれについて見ていきましょう。

・パーテーション型
このタイプは一つ一つがパーテーションとして独立しているので、誰でも簡単に取り外しができ、その時々で取り付ける枚数を変えればサイズも自由にできるという特徴があります。また、汚れもつきにくいためさっと拭くだけで掃除ができます。

・金網型
このタイプは折りたたむことができるので、使わない時にはほとんど場所をとることなく収納しておくことができます。また、金網の隙間からチモシーを与えてあげたり、ケージとつなげて庭みたいにするという使い方もできます。

放す時にはこんなことに注意しよう

Fotolia 116094488 xs

運動させる時にサークルがある場合はサークル内で運動させればいいですが、ない場合は室内でうさぎを部屋んぽさせる飼い主さんが多いかと思います。しかし、人が暮らす生活空間は人にとっては安全でもうさぎにとっては危険なものがたくさんあります。

そのため、室内で運動をさせる場合は以下のことに気を付ける必要があります。
・テレビの裏
・家具の隙間
・輪ゴムなどの紐類
・かじれるカーペット類
・ソファの上などの高い場所
・フローリング

上記のもの以外にも特に気を付けなければならないものがいくつかあります。

電気コード

うさぎには何でもかじってみようとする習性があるので、室内で運動をさせていると家具や柱、電気コードなどをガジガジとかじってしまうことが多いです。

その中でも電気コードをかじるとうさぎ自身が感電してしまったり、破れた穴から漏電することで火事につながってしまうこともあるので、うさぎの届かない場所に配置するか、金属製のチューブを巻くなどの対策をしましょう。

暖房器具

冬場にストーブなどの熱くなる暖房器具を使用している場合は、触れることで火傷をしてしまうことが多いので、うさぎを室内に出す時には片付けておくか近付けないように対策をしましょう。

毒になる植物

うさぎは草食動物ですが、すべての植物を食べられるというわけではありません。園芸植物や室内に観葉植物には毒性を持つ種類もあるので、部屋んぽ中にその植物を食べてしまうことで、中毒症状を引き起こしてしまう可能性があります。

また、植物自体が安全だったとしても殺虫剤を噴霧している場合は注意が必要です。

こんなものにも注意しよう

一般家庭ならどこにでもあるようなものでも、うさぎが誤って口に入れてしまった場合は非常に危険なものがたくさんあります。
誤飲しないように、以下のものは片付けておくようにしましょう。

・台所用洗剤やワックスなどの洗剤類や化学薬品
・タバコ
・医薬品や化粧品
・お菓子など加工食品
・小さなおもちゃ
・刃物類
・ゴミ箱の中身

外で運動させることもできる

Fotolia 32623139 xs

毎日外に連れ出すのはあまりよくありませんが、運動好きなうさぎの場合はたまに外に連れ出して散歩させてあげることもできます。
しかし、家やケージの中とは違い、外にはうさぎにとって危険なものがたくさんあるため、連れて行く際は様々なことに注意しなければいけません。

外には危険がいっぱい

うさぎを外に連れ出す場合、家の中と違って外には散歩中の犬や野良猫、カラスやネズミなど様々な動物がいるため、それらの動物に悪意はなくても噛み付いたり吠えるなどの威嚇をされたり、接触することで何らかの病原菌に感染してしまう可能性もあるので、近付けないように注意する必要があります。

また、広すぎる場所や人の多い場所も、走り回っているうちに迷子になってしまったり、たくさんの見知らぬ人間にうさぎがストレスを感じてしまうことがあるので、避けるようにしましょう。

ポイント

私達人間に比べると、うさぎも他の動物と同様に運動量の多い動物なので、狭いケージの中だけでずっと生活していると、運動不足からストレスが溜まったり肥満になるなど体に悪影響を及ぼしてしまいます。そうならないためにも、毎日30分〜2時間は運動させるようにした方がいいですが、室内にはうさぎにとって危険なものがたくさんあるため、運動させる時は様々なものに注意しなければいけません。

室内に家具や小物などが多くて片付けるのが大変だという場合は、外で散歩させることもできますが、他の動物や車など危険なことがたくさんあるので、サークルを用意してその中で運動させる方法が一番おすすめです。