マルチーズしつけは子犬の時期が重要?甘噛みやトイレのトレーニングについて

マルチーズは素直で利口な子が多いため、比較的しつけやすいと言われています。愛玩犬として飼われてきた歴史があるため、甘えん坊で従順な子が多いですが、甘やかしてばかりいるということを聞かなくなったり、大人になってからも甘噛みが残ってしまう場合があります。トイレトレーニングなども子犬の時期の方がスムーズに覚えてくれるので、マルチーズを迎え入れたら子犬の時期からきちんとしつけを行っていきましょう。

目次

マルチーズはしつけやすい犬種?

Fotolia 154157842 xs

マルチーズは素直な性格でイタズラも少ない犬種なので比較的しつけがしやすい犬種だと言われています。
愛玩犬として飼われてきたため、飼い主さんに従順で甘えん坊な子が多いですが、甘やかし過ぎには注意しましょう。

マルチーズはどんな性格?

マルチーズは基本的におおらかで大人しい性格をしている子が多いと言われています。穏やかな子が多いのでケンカをしたり噛むなどの攻撃的な行動をとることもあまりありません。

また、飼い主さんに従順な性格ということもあって指示には素直に応じてくれるので、比較的しつけやすい性格の犬種といえるでしょう。

マルチーズの性格については次の記事を参考にしてください。

マルチーズの性格の特徴は?素直でおおらかな犬種?|HANEY [ハニー]
マルチーズは遊ぶことが好きでとても溌剌とした性格をしていますが、同時に落ち着きも併せ持っているため、どこか上品な雰囲気があります。素直でおおらかな性格で、物覚えも良いため人気犬ランキングにも上位に入っていますが、テリアとしての特徴も併せ持っているため、小型犬の中では気が強く大胆な性格をしており、大型犬などに向かっていくこともあります。ここではそんなマルチーズの性格や特徴をご紹介します。

甘やかし過ぎには注意が必要

素直で大人しめな性格の子が多いマルチーズですが、甘やかし過ぎには注意しましょう。愛玩犬として飼われてきた犬種ということもあって甘えん坊な子が多いですが、甘やかし過ぎるとわがままな性格になってしまうことがあります。

攻撃性は少なく、あまりイタズラをすることがない犬種ですが、子犬の時期にきちんとしつけを行わないと大人になってから苦労する場合があるので、甘やかし過ぎずにきちんとしつけを行うようにしましょう。

子犬の時期がとっても重要

Fotolia 204308125 xs

マルチーズに限った話ではありませんが、しつけは子犬の時期からきちんと行っていくことが重要となります。

子犬の時期は社会性を身につけさせる絶好の機会となるので、しっかりとしつけを行っていきましょう。

しつけは子犬の時期から行おう

子犬の時期のマルチーズは特に可愛いため、ついつい甘やかしたくなりますが、しつけは子犬の時期からきちんと行っていく必要があります。

成犬になってからしつけを行うよりも子犬の時期に行っていた方がスムーズにいくことが多く、イタズラや問題行動なども大人になってから改善することは難しい場合が多いため、子犬の時期から積極的に取り組んでいかなければなりません。

しつけに早過ぎるということはないので、犬を家に迎え入れたら社会化トレーニングを行っていきましょう。

社会化について

犬の社会化とは、犬が人間社会でうまく暮らしていけるように慣れさせていくことをいいます。きちんと社会化ができていない犬は、人やよその犬に対して攻撃的な態度を取ってしまったり、家の中や外で見かけるいろいろな物や音に敏感に反応して怖がってしまうようになります。

こうなると犬はとても神経質な性格になるため、些細なことでストレスを感じやすくなり、噛む、吠えるなどの様々な問題行動が出やすくなってしまいます。

もっとも社会化に適した時期である「社会化期」は生後3ヶ月ほどで終わってしまうため、それまでにたくさんの人や犬、外の風景、音などに適応できるように慣れさせる必要があります。

犬の社会化について詳しくは次の記事を参考にしてください。

犬の社会化トレーニングとは?行う時期や失敗しないための注意点|HANEY [ハニー]
犬の社会化は成犬になってからではとても難しくなります。そのため、子犬の時期に社会化に不成功のままでいると後々、音や景色、人、犬などを恐れる犬になってしまいます。犬の社会化の時期はワクチンの時期と重なるため、トレーニングは簡単ではありませんが、この時期の経験が犬の一生を左右するので、きちんと取り組む必要があります。ここでは犬の社会化の時期や方法、社会化させるときの注意点などをご紹介します。

トイレトレーニングや甘噛みについて

Fotolia 131449750 xs

マルチーズに限ったことではありませんが、トイレのしつけや問題行動の改善は子犬の時期に行っていた方がスムーズにいくことが多いので、子犬の時期からきちんと取り組んでいきましょう。

トイレのしつけについて詳しくは次の記事を参考にしてください。

犬にトイレを覚えさせる方法は?しつけは成犬になってからでは難しい?|HANEY [ハニー]
犬は最初から決められた場所でトイレができるわけではありません。しつけを覚えるまでは部屋のあちこちでおしっこやウンチをしてしまうため、その度に汚れた場所を掃除しなくてはなりません。トイレのしつけは子犬の時期から行うことができ、成犬になってからでは覚えさせるまでに時間がかかる場合があるので、なるべく早いタイミングで行っていきましょう。ここでは犬にトイレのしつけを覚えさせる方法をご紹介いたします。

甘噛みをやめさせる

マルチーズには大人しい性格の子が多いため、人やよその犬に噛み付くということはそれほど多くありませんが、しつけを行わず甘やかしてばかりいると成犬になってからも甘噛みが残ってしまう場合があります。

甘噛みは大人になるにつれて自然と直っていく場合もありますが、放置すると成犬になってから噛み癖として残ってしまい苦労する場合があるので、子犬の時期からきちんとしつけておくようにしましょう。

甘噛みのしつけ方について詳しくは次の記事を参考にしてください。

犬の甘噛みのしつけ方は?治らない犬の甘噛みをやめさせる方法|HANEY [ハニー]
甘噛みの多くは子犬に見られ、犬にとって遊びの延長や愛情表現の一つなのです。しかし、いつまでたっても治らない甘噛みに困っている飼い主さんも多いのではないでしょうか。子犬のときはかわいいで済んでいたかもしれませんが、大人になると噛む力が強くなるためあざやミミズ脹れができて腫れることもあるため、怪我の原因にもなります。ここでは甘噛みをする理由や甘噛みをしつけ方、やめさせる方法をご紹介します。

ポイント

マルチーズは従順で大人しく、お利口な子が多いのでしつけやすい犬種となります。きちんとしつけを行っていれば問題行動が出ることはほとんどありませんが、しつけを行わずに甘やかしてばかりいるとわがままな性格になってしまうことがあります。

問題行動の改善やトレイトレーニングなどは子犬の時期からしつけを行っていた方がうまくいくことが多く、犬の一生を左右すると言われている社会化も子犬の時期が重要となるため、マルチーズを迎え入れたらきちんとしつけを行っていきましょう。