マルチーズの毛色の種類は白色だけ?クリームやベージュが混じることも

プードルやチワワなど、犬種によってたくさんの毛色の種類がありますが、マルチーズの毛色は基本的に白色だけとなっているため、白以外の毛色の種類はありません。しかし、かつては白以外も存在していたとされており、現在でもクリームやベージュがかった毛色をしている子もいます。また、白い毛色は変化しやすいため、赤みが出たり茶色くなることもありますが、マルチーズの毛色が変化した場合は注意が必要となります。

目次

マルチーズの毛色について

Fotolia 201239585 xs

マルチーズは毛色の種類が白色しかない犬種となっていますが、犬によって個体差があるため、マルチーズによっては部分的にクリームやベージュがかった毛が生えることもあります。

スタンダードは白一色

マルチーズは純白のホワイトの毛色がスタンダードとなっています。そのため、白以外の毛色は認められておらず、毛色の種類は白一色となっています。

全身の毛色が全て真っ白なのがスタンダードでは理想とされており、鼻の色や目のふちなどは黒色をしている方が良いとされています。

そのため、スタンダードを元に審査を行うドッグショーでは、純白の毛色と黒い目や鼻をしているマルチーズほど高く評価されています。

クリームやベージュが混じることも

基本的に白以外の毛色の種類が認められていないマルチーズですが、中には耳や顔、体など、部分的にクリーム色やベージュ色の毛色が混じったり、全体的にやや黄色や淡いベージュがかった毛色をしていることもあります。

スタンダードでは純白の毛色が理想とされているため、耳の毛に薄く色がついているくらいであれば問題ありませんが、それ以外に白以外の毛色が入っている場合はミスカラーとなります。

マルチーズは色がついているとあまり好ましくないとされていますが、ドッグショーへの参加を考えていない場合は特に問題ないので、それも個性として見ることができます。

白以外の種類について

Fotolia 131449750 xs

白以外の毛色が認められていないマルチーズですが、かつては白以外の毛色の種類も存在していたと言われています。

また、黒や茶色っぽい毛色をしたマルチーズを見かけた、という人もいるかもしれませんが、最近ではミックス犬も増えているため純血のマルチーズではない可能性があります。

かつては白以外の毛色も存在した

マルチーズは大昔から存在している犬種で、その歴史は3000年以上あると言われています。そのため、かつては白以外の毛色も存在していたとされており、当時のマルチーズが描かれた陶器には白以外の毛色で描かれています。

しかし、純白の毛色がもっとも人気が高かったため、白い毛色のマルチーズがスタンダードとして登録されることになりました。

毛色が濃い場合はミックス犬の可能性が高い

ときどき黒や茶色など様々な毛色をした、マルチーズのような犬を見かけることがあります。しかし、マルチーズには白以外の毛色は存在していないので、そうした色が入っている場合は他の犬種とのミックス犬である可能性が高いです。

ミックス犬は近年人気が高くなりつつあるため、そうした犬を見かける機会が増えつつあります。

毛色の変化について

Fotolia 154157842 xs

マルチーズは成長にしたがって毛色が変化することがあります。白以外の毛色が白色に変化する場合は問題ありませんが、部分的に白以外の色に変化した場合は注意が必要となります。

白色に変化する

子犬の時期は全体的にうっすら黄色っぽい色や、ベージュっぽい色をしていることがありますが、ほとんどの場合は成長するにしたがって色が薄くなったり、白い毛になっていきます。

そのため、生まれたときは真っ白でない場合でも、成長するにしたがって全身が白く変化することがあります。

白以外に変化した場合

毛色が白く変化する分には問題ありませんが、部分的に赤みがかった色になった、茶色っぽい色になっている場合は注意が必要です。
部分的に毛色が赤や茶色になっている場合は涙やよだれで濡れたままになることで、細菌が繁殖し毛色が変化している可能性があります。

何らかの病気が原因となっていたり、皮膚の病気を引き起こす恐れがあるので、こうした症状が見られた場合は犬の状態をよく確認し、異変が見られたらすぐに病院へ連れて行きましょう。

マルチーズの涙やよだれによる毛色の変化については次の記事を参考にしてください。

マルチーズの毛が茶色になる理由は?涙やけやよだれやけについて|HANEY [ハニー]
マルチーズといえば真っ白な毛色と長い毛が特徴的な犬種ですが、稀に目の周りや口周りの毛が茶色っぽく変色してしまうことがあります。これらは涙やけやよだれやけと言われる症状で、毛色が茶色くなってしまった場合は何らかの病気を引き起こしたり、すでに病気になっている可能性があるので注意しなくてはなりません。ここでは、マルチーズの毛が茶色くなる理由や涙やけ、よだれやけの原因や改善方法などをご紹介します。

ポイント

マルチーズは純白の毛色がスタンダートとなっています。そのため、それ以外の毛色は認められていませんが、部分的にベージュやクリームがかった毛が生えたり、全体的に薄いレモン色が入ることがあります。ほとんどの場合は成長に従って白毛へと変化しますが、中には部分的に色が残ることもあり、耳以外にベージュ色などが入っている場合はミスカラーとなります。

しかし、一般家庭で飼う分には問題ないため、白以外の毛色もその子の個性としてみることができます。歴史が長い犬種なのでかつては白以外の毛色も存在していましたが、現在では白い毛色のみがスタンダートとして認められているため、黒や茶色の子を見かけた場合は他の犬種とのミックス犬だと思われます。