犬のボディコントロールとは?触っても嫌がらなくなるしつけについて

犬のボディーコントロールとは、犬の体を自由に触ることができる状態をいいます。背中や首回りなどであれば自由に触ることができる場合でも口や耳、足先など、犬が嫌がる場所を触ろうとすると逃げてしまったり、抵抗して暴れてしまうことがあります。犬の体を自由に触ることができないと、後に苦労する場合があるのでしっかりと慣れさせておきましょう。ここでは犬のボディーコントロールの必要性やしつけ方などをご紹介します。

目次

犬のボディーコントロールについて

Fotolia 139709172 xs

ボディーコントロールとは、人に触られることに慣れさせるためのしつけです。犬の体を自由に触れるようにしておくと、いろいろなタイミングで役に立つので必ず覚えさせるようにしましょう。

触られることに慣れさせるためのしつけ

犬は耳先や鼻先、足の先、尻尾などを触られることが苦手です。そのため、顔や首回り、背中などを自由に触らせてくれるような場合でも、このような場所を触ろうとすると嫌がってしまうことがあります。

耳先や鼻先、足の先、尻尾などは犬の弱点となっているため、飼い主さんであっても触られることに慣れていないと嫌がって逃げてしまうことがありますが、ボディーコントロールのしつけを行っていればこうした場所を自由に触ることができるようになります。

ボディーコントロールはなぜ必要?

犬の体を自由に触ることができないと、犬の健康管理や手入れをきちんと行うことができない場合があります。
例えば、歯磨きをするために口に触ろうとしたときや、耳掃除をするために耳に触ろうとしたときに犬が嫌がってしまうと十分に手入れができなくなります。

また、動物病院やトリミングサロンへ連れて行ったときに体を触らることを嫌がってしまうと、治療を受けることができなかったり、カットやシャンプーを断られてしまう場合もあります。

犬の健康を守る上でも必要なしつけとなるので、ボディーコントロールを覚えさせることで自由に触れるようにしておきしましょう。

どんなやり方でしつければいい?

Fotolia 140652486 xs

犬にボディコントロールのしつけを行う場合は撫でることから始めていきましょう。犬が撫でられることに慣れてきたら、徐々に触ることが難しい場所で練習していきます。

犬を撫でることから始める

ボディコントロールをしつけるためにまずは、犬に撫でられることを好きになってもらう必要があります。
そのため、最初は首回りや頭、背中など、犬が比較的嫌がることが少ない場所を優しく撫でてみましょう。

犬が嫌がることなくじっとしていたら「いいこ」と褒めたり、おやつなどのご褒美を与えます。慣れてきたらわしゃわしゃと連続で撫でたり、わき腹など体の広い範囲を撫でてみましょう。犬が嫌がらなければ同じように褒めたりご褒美を与えていきます。

犬が触られたくない場所を撫でる

頭や首回り、背中などを撫でることができるようになったら、次は犬が嫌がる耳先や足先、尻尾などを撫でていきます。
まずは犬の耳先を優しく一度だけ撫でて「いいこ」と褒めながらご褒美を与えましょう。嫌がらなくなってきたら、撫でる回数を増やしていき、最終的には耳掃除をするときのような感じで耳に触れるようにします。

足先や尻尾も同じように軽くタッチすることから始めて、犬が嫌がらなければ褒めてご褒美を与える、撫でる回数を増やす、足先を掴むというように徐々に難易度を上げていきます。

もしも途中で犬が嫌がる素振りを見せた場合は、焦らずに一つ前の段階に戻してボディコントロールの練習していきましょう。

マズルコントロールにチャレンジする

犬の鼻先や口を自由に触れるようにすることを「マズルコントロール」といいます。まずは手の平を上に向けた状態で犬の下あごを軽く触っていきます。嫌がらなければ今までと同じように「いいこ」と褒めたりご褒美を与えてください。

触られることに慣れてきたら、そのままの状態で軽く下あごを掴んでみましょう。下あごを掴むことができるようになれば今度は同じ要領で上あごを触り、慣れたら口を触る、唇を軽くめくってみる、歯茎や歯に触るというように難易度を上げていきましょう。

マズルを下から掴んだ状態で上下、左右と自由に動かすことができるようになればマズルコントロールは完了です。
口は特に嫌がることが多いので、焦らずにゆっくりとチャレンジしてみてください。

マウンティングを行う

マウンティングとは、犬が相手の犬の腰の上に乗る行為のことをいい、相手の腰の上に乗ることで自分の方が上であることを示します。
人の場合は手で犬の腰を持って押さえつければ擬似的にマウンティングを行うことができ、マウンティングを覚えさせることで犬が飼い主さんの言うことを聞いてくれやすくなります。

まずは犬の腰あたりに軽く手を置いてみましょう。犬が嫌がらなければ「いいこ」と褒め、ご褒美を与えます。
慣れてきたら徐々に手を乗せる時間を長くしたり、両手を同時に乗せるなどしていきましょう。

犬を寝かしつける

最後に犬を床に仰向けに寝かしつけたり、膝の上に乗せる練習を行っていきます。犬を抱っこした状態で、仰向けにしたり、膝の上に乗せてみます。

犬が暴れる場合は途中で離すと「暴れると離してもらえる」と覚えてしまい、ボディコントロールのしつけが上手くいかない場合があるので、落ち着くまでじっとさせておきましょう。

大人しくしていられたら「いいこ」と褒めて犬にご褒美を与えます。上手くいかない場合は寝かしつけるときに声をかけたり、撫でたりして落ち着かせながら行うなど工夫してみてください。

触られるのを嫌がる場合は?

Fotolia 117442550 xs

犬が撫でられるのを嫌がって逃げてしまったり、怖がって攻撃的な行動をとってしまう場合はハンドシャイを発症している可能性があります。

ボディーコントロールは子犬の時期の方が覚えさせやすいので、子犬の時期から練習させるようにしましょう。

ハンドシャイを克服させる必要がある

ハンドシャイとは、犬が人に触られることを極端に怖がるようになってしまうことをいいます。ハンドシャイの原因は様々ですが、主にしつけの際に手で叩いたり、虐待された経験などから人の手に対して悪いイメージを持つようになることで発症してしまいます。

犬が人の手を怖がっている状態では、ボディコントロールを行うことが難しいので、まずはハンドシャイを克服させる必要があります。

ハンドシャイについて詳しくは次の記事を参考にしてください。

犬が手を怖がるのはどうして?ハンドシャイの原因や対策について|HANEY [ハニー]
犬が触られるのを嫌がるということはありませんか?飼い主さんが犬を撫でるために手を伸ばすと怖がったり、威嚇をするという場合はハンドシャイを発症している可能性があります。犬が人の手を怖がるようになると歯磨きやブラッシングなどの手入れはもちろんのこと、撫でる、一緒に遊ぶといったコミュニケーションすらも困難になってしまいます。場合によっては手を噛まれてしまうこともあるので、しっかりと直す必要があります。

子犬の時期から練習させよう

ボディーコントロールはなるべく子犬の時期に行うようにしましょう。子犬の時期の方がいろいろな経験を受け入れやすいので、成犬になってから行うよりもスムーズにしつけを行うことができます。

また、ボディーコントロールは歯磨きや耳掃除などの練習を行う際に必要となるので、なるべく早いタイミングで覚えさせておきましょう。

ポイント

ボディーコントロールは歯磨きや耳掃除、爪切り、肛門絞りなどをスムーズに行うために必要なしつけとなります。また、トリミングサロンでヘアカットを行ったり、動物病院で治療を受ける際にも必要となるので必ず覚えさえせておきましょう。

自由に犬を触れるようにしておくことで手入れや健康管理をしっかりと行うことができるようになるので、犬の健康を守るためにも子犬の時期からきちんと練習しておくことが大切です。