犬のトイレの場所はどこがいい?家の外でさせる場合や移動させる時の注意点

犬はトイレの場所が悪いと用を足すことができなかったり、違う場所でしてしまうことがあります。そのため、できるだけ落ち着いて用を足すことができる場所を選んであげなければなりません。また、一度決めた場所からトイレを移動させなければならない時や、家の外でさせる場合はいくつか注意しなければいけないことがあります。ここでは犬のトイレの場所の選び方や移動させたり、家の外でさせるときの注意点などをご紹介します。

目次

犬のトイレを置く場所について

Fotolia 81187900 xs

犬に決められた場所でトイレをさせる場合は、トイレの置き場所を考えてあげる必要があります。犬も落ち着かない場所だとトイレをしたくなくなるので、できるだけリラックスできるような場所を選んであげましょう。

リラックスできる場所を選ぼう

犬も人間と同じようにうるさい場所や周りから丸見えになっているような場所だと落ち着いてトイレをすることができません。

主に窓の近くやベランダ、玄関の近くに置くと外の匂いや音、気配が気になってしまったり、部屋の真ん中やドアの近く、廊下などに置くと人の出入りが多いため、落ち着いてできない可能性があります。

そのため、できるだけ静かで人の出入りが少ない部屋の隅や、家具で死角になっているような場所などにトイレを設置してあげましょう。

ケージの中は避けよう

トイレはできるだけ犬がリラックスできる場所を選ぶ必要がありますが、ケージの中に設置するのは避けましょう。

犬には、寝床の近くでトイレをすることを嫌う習性があるため、おしっこやウンチを我慢するようになったり、シーツが置いていない場所で用を足すようになる可能性があります。そのため、トイレの場所はなるべく寝床から離れた場所に用意してあげましょう。

決められた場所から移動させる場合

Fotolia 120771230 xs

トイレの場所を一度決めたらなるべく移動させない方が良いと言われていますが、家の模様替えをした時や、犬が高齢になってトイレが近くなってしまった場合など、決められた場所からどうしてもトイレを動かさなけらばならないこともあるかと思います。

そんな時はトイレの場所が分からなくなる可能性があるので、あらかじめトイレをさせるときの言葉を覚えさせておきましょう。

移動すると場所が分からなくなる場合がある

犬は高齢になるとトイレが近くなるため、夜中に用を足したくて寝られなくなったり、おしっこに行きたいのに分からなくて夜中に大きな声で吠えてしまうことがあります。吠えるのを予防するためにも、移動させる場合は犬が自力でトイレができる場所に移動させた方がいいです。

ペットシーツがトイレであるということを記憶している場合は特に問題ありませんが、場所で覚えている場合は急に移動させてしまうと分からなくなってしまうので、新たしい場所を覚えてもらうためには少しずつ移動させたり、トイレをさせるときの言葉を決めておく必要があります。

トイレをさせるときの言葉を決めておく

トイレの場所を覚えさせるしつけを行う際に、あらかじめトイレをする時の言葉を決めて覚えさせておくと、飼い主さんがその言葉を言うことで用を足すようになります。

例えばおしっこをさせたい時に「おしっこ」、ウンチをさせる時には「ウンチ」というように決められた言葉を覚えさせておくと、犬は指示通りにおしっこやウンチをするようになります。

これを覚えさせておけば、トイレを移動させても指示を出すことで場所を認識させることができたり、おしっこやウンチのタイミングをコントロールできるようになるため、夜な夜なトイレに行く回数を減らすことができます。

犬のトイレのしつけについて詳しくは次の記事を参考にしてください。

犬にトイレを覚えさせる方法は?しつけは成犬になってからでは難しい?|HANEY [ハニー]
犬は最初から決められた場所でトイレができるわけではありません。しつけを覚えるまでは部屋のあちこちでおしっこやウンチをしてしまうため、その度に汚れた場所を掃除しなくてはなりません。トイレのしつけは子犬の時期から行うことができ、成犬になってからでは覚えさせるまでに時間がかかる場合があるので、なるべく早いタイミングで行っていきましょう。ここでは犬にトイレのしつけを覚えさせる方法をご紹介いたします。

家の外でさせてもいい?

Fotolia 111022223 xs

飼い主さんによっては家の中ではなく、外でおしっこやウンチをさせている人もいます。家の外でもトイレができるようにしておくことは重要ですが、家の外だけでさせている場合は注意が必要です。

家の外だけでトイレをさせている場合

散歩に連れて行ったタイミングでおしっこやウンチをさせているので、家の中にはトイレを設置していないという飼い主さんもいますが、家の外だけでさせている場合は犬がおしっこやウンチを我慢している可能性があります。

家の中にトイレがないと自由に用を足すことができないため、どうしても我慢してしまい膀胱炎の原因となったり、我慢できずに粗相をしてしまう可能性があるので、家の中でも自由に用が足せるようにトイレを設置してあげましょう。

家の外でもできるようにしておこう

散歩に連れて行ったタイミングなどで用を足すことができると、家の中が汚れたり臭いがつくことがないため衛生的です。
家の中で用を足す場合、どうしてもトイレからはみ出してしまったり、足や体についた状態で家の中を歩き回ってしまうことがあります。

他にも、犬によってはこっそりウンチをして食糞をしてしまうこともあるため、家の中だけでなく外でもトイレができるようにしておきましょう。

トイレシーツの上でしかトイレをしてはいけないと覚えている場合は、家の外でしてくれないことがあるので、その時もおしっこやウンチをさせる合図を覚えさせておくことで外でトイレをするようになります。

家の外でさせる場合は場所を選び、用を足した後は綺麗に後片付けをするようにしてください。

ポイント

犬のトイレの場所を決める時はなるべく音や匂いが気になりやすい窓際や、人が出入りすることが多い通路は避けるようにしましょう。家具などで死角ができている場所や部屋の隅など少しでもリラックスできる場所を選び、ケージの中や寝床のすぐ近くには置かないようにしてください。

一度場所を決めたらなるべく移動させない方が良いですが、高齢になり、寝床からトイレが遠くて間に合わない、夜中におしっこに行きたくて吠えてしまうという場合などは少しずつ移動させてみたり、トイレをさせる時の言葉を覚えさせることで新しい場所を理解させましょう。

家の外でのみトイレをさせている場合は犬が我慢している可能性があるので、家の中でも自由に用が足せる状況を作ってあげてください。