柴犬は白と黒で性格が異なる?毛色による特徴や気質の違いについて

柴犬には赤、黒、胡麻、黒胡麻、赤胡麻など、いくつかの毛色の種類があります。毛色の種類が多いトイプードルはよく毛色によって性格に違いが見られると言わていますが、柴犬も白や黒など毛色によって性格に違いが見られることがあるのでしょうか?ここでは白柴や黒柴の性格など、毛色による柴犬の性格の違いをご紹介いたします。

目次

黒柴はどんな性格をしているの?

Fotolia 180834992 xs

黒柴は黒い毛色をした柴犬のことで、一般的に頭や足の付け根、背中などが黒く、目の上や頬、足先、首から胸にかけては茶色になっています。

茶色の赤柴よりも大人しくて甘えん坊な子が多いと言われることがあります。

大人しい子が多い

柴犬は気が強くて番犬気質なところがあります。特にオスは縄張り意識が強いため、やや喧嘩っ早く活発でやんちゃな性格の子が多いとされていますが、黒柴は赤柴に比べると大人しい性格の子が多いと言われています。

甘えん坊な性格をしている

クールで凛としたイメージがある柴犬ですが、中には甘えん坊な性格の子もいます。特に家族にはそうした姿を見せることが多く、飼い主さんにはとても忠実ですが、甘えん坊な性格の子が多いと言われることもあります。

白い柴犬について

Fotolia 205533171 xs

柴犬の中には稀に白い毛色の子が生まれてくることがあります。その姿はソフトバンクのCMでお馴染みの「北海道犬」ととてもよく似ていますが、白い毛色の柴犬はスタンダードとして認められていないため、オーソドックな赤柴として扱われることが多くなっています。

白い毛色は公式では認められていない

全体的に真っ白な毛色をしている白柴ですが、ジャパンケネルクラブでは柴犬の毛色は赤、黒、胡麻、赤胡麻、黒胡麻のみとなっているので、白い毛色の柴犬は正式には認められていません。

そのため、血統書などでは赤柴と同じ表記になる場合があります。

性格に違いは見られない

血統書では赤柴と同じ表記になることが多い白柴は、性格も通常の赤柴とほとんど違いがないと言われています。

白柴は赤柴の毛色が薄くなることで生まれますが、黒柴同士を交配させることでも生まれるケースがあるので、毛色以外に一般的な柴犬との違いは見られません。

毛色で気質は異なるの?

Fotolia 157497106 xs

白や黒など見た目の違いはありませんが、基本的に柴犬は毛色によって性格に違いが見られることはないと言われています。

そのため、白や黒などの毛色の違いよりも個体差やしつけ方、オスメスの差の方が大きいとされています。
ただし、犬種によっては毛色によって性格に違いが見られる場合があります。

犬種によっては性格に違いが見られる場合がある

柴犬の場合、毛色による性格の違いはあまり見られませんが、犬種によっては毛色によって性格に違いが見られる場合もあります。

例えば、ゴールデンレトリーバーは元々のイギリス原産の犬種ですが、その後アメリカに持ち込まれて改良が加えらたことでイギリス系とアメリカ系に分かれました。そのため、クリーム色のイギリスのゴールデンレトリーバーと色が濃いアメリカのゴールデンレトリーバーでは性格に違いが見られるそうです。

他にも犬の中には同じ犬種でも若干改良が加えられたり、ルーツが異なる場合があるため、毛色によって性格に違いが見られることもあります。

柴犬の場合は毛色による性格の違いは見られない

柴犬の毛色には赤、黒、胡麻がありますが、赤柴はこの中でもっともポピュラーな毛色となっています。
赤柴同士を交配させていくと徐々に色が薄くなり、白柴が生まれることがありますが、その時は黒柴と交配させることで赤色に戻しているそうです。

そのため、ゴールデンレトリーバーのような違いが生まれることがないので、毛色ごとに性格の違いが出ることはありません。

ポイント

柴犬には赤や黒、胡麻など毛色に違いがありますが、毛色による性格の違いはほとんどありません。黒は大人しくて甘えん坊な子が多いと言われることがありますが、毛色の違いよりも個体差やしつけ、性別の違いの方が大きいと思われます。

白柴はスタンダードとして認められていないため、血統書では赤柴と同じ表記になることが多く、毛色が白くなると色の濃い黒柴などと交配させて色を戻しています。そのため、毛色による大きな違いが出ることはほとんどありません。