柴犬の白は珍しい?白柴の価格や血統書について見てみよう

白い柴犬といえばソフトバンクのCMで有名な「お父さん」をイメージする人が多いかもしれませんが、お父さんの犬種は柴犬ではなく「北海道犬」という種類になります。見た目はとても良く似ていますが、白い柴犬は北海道犬とは別の種類で、いろいろな毛色がある中でも白い毛色をしている柴犬は比較的珍しいと言われています。ここでは柴犬の白の特徴や価格、血統書などをご紹介いたします。

目次

柴犬には白色もいるの?

1 2

出典:www.e-shibainu.com

柴犬といえば茶色の毛色をしているイメージがありますが、茶色い柴犬は赤と呼ばれており、他にもいくつか毛色の種類があります。その中には全身真っ白な毛色をしている柴犬も存在しています。

柴犬にはいろいろな毛色がある

柴犬は一般的な赤色の他にも、黒や胡麻などの毛色があります。中には白い柴犬もいますが、基本的には赤と呼ばれている茶色の柴犬がもっともオーソドックスで、その割合は柴犬全体の8割にも及ぶと言われています。

柴犬の毛色について詳しくは次の記事を参考にしてください。

真っ白な柴犬

柴犬といえば茶色と白の毛色をイメージする人が多いと思われますが、中には全身真っ白な白柴もいます。
白柴の見た目はソフトバンクのCMの「お父さん」として有名な北海道犬と非常によく似ており、雪のように白い毛色をしていますが、ところどころが茶色くなっていることもあります。

また、通常鼻の色は黒色をしていますが、白柴の中にはやや赤味がかった茶色い鼻をしている個体もいます。

白柴はとっても珍しいの?

2 640 1

出典:www.e-shibainu.com

柴犬の多くは茶色い毛色をしている赤柴となるため、白い毛色をしている柴犬はあまり数が多くありません。
涼しげな見た目や珍しさから白柴はとても人気がありますが、実は公式では認められていないカラーとなっています。

白柴は数が少ない

白い柴犬は数があまり多くありません。ほとんどはオーソドックスな赤柴となるため、その数は柴犬全体の10%未満だと言われています。

白柴の数が少ないのには主に、交配の事情や白色が公式に認められていないことなどが関係しています。

公式には認められていない

白い毛色の柴犬は、日本の犬種や血統の管理などを行っているジャパンケネルクラブでは認められていないカラーとなっています。
柴犬の毛色は赤、黒褐色、胡麻、黒胡麻、赤胡麻などがスタンダードとなっているため、白柴は公式には認められていません。

白い柴犬は赤柴同士を交配していくことで色が薄くなったり、黒い柴犬同士を交配することで稀に生まれることがあります。

しかし、公式では認められていないカラーということもあって、白柴が生まれた場合は濃い毛色の柴犬と交配して色を戻そうとすることが多いため、数があまり多くありません。そのため、白柴の親犬は白柴ではなく、赤柴や黒柴であることも多いようです。

価格や血統書について

Fotolia 205533171 xs

白柴は数があまり多くないため、一般的な柴犬と比べると価格が高くなっている場合があります。また、公式には認められていないカラーなので、以前までは血統書を発行することができなかったそうです。

価格は他の柴犬よりも高め

年齢や血統によっても異なりますが、柴犬はだいたい9万円〜20万円くらいの価格で取引されることが多くなっています。

しかし、白柴は数があまり多くないため、他の柴犬よりも若干平均価格が高くなっており、15〜30万円くらいの価格で取引されています。

柴犬の価格について詳しくは次の記事を参考にしてください。

白い柴犬の血統書について

血統書とは、人間でいうところの戸籍のようなもので、犬が生まれた場所や親犬の情報などその犬に関する様々なことが記録されているものになります。

血統書はその犬が特定の犬種であることを証明するものとなっているため、公式には認められていない白柴は血統書を発行することができないこともあったようですが、現在は発行することができるようになりました。その場合、毛色の表記は赤などの毛色と同じになるようです。

犬の血統書について詳しくは次の記事を参考にしてください。

犬の血統書にはどんな意味が?作り方や必要性について|HANEY [ハニー]
犬を飼う際に血統書がある犬とない犬で値段が異なる場合があります。犬によっては発行できない場合があり、発行されている犬は健康的である可能性が高く安心できると言われることもあります。そのため、一般的に血統書がある犬は高い値段で取引されていますが、血統書とは一体どういうものなのでしょうか?ここでは血統書についてや作る際に必要な条件、必要性などをご紹介いたします。

ポイント

白柴は柴犬の中でも珍しい毛色となっています。人気が高く、価格も他の柴犬より高くなっていることがありますが、公式では認めれられていないため、ドッグショーなどには向いていないカラーとなります。

一般的に色が薄くなって白が生まれた場合は、再び色の濃い柴犬と交配させることが多いため、数が少なく希少価値が高くなっています。そのため、ペットショップで見かけることはあまり多くありませんが、ブリーダーでは取り扱っているところもあるので、興味がある方は探してみてください。