柴犬の黒である人気の「黒柴」は珍しい毛色なの?特徴や価格について

柴犬は茶色っぽい毛色の赤柴がもっとも見かけることの多いカラーとなっていますが、最近では黒い毛色の柴犬も人気が高くなっています。そのため、黒い柴犬は外を散歩しているところやペットショップなどでも見る機会が多くなっていますが、まだまだ赤柴に比べると数が多くないので、比較的珍しい毛色となっています。ここでは、黒柴の特徴や価格などについて簡単にご紹介いたします。

目次

黒い柴犬について

Fotolia 157497106 xs

柴犬といえば茶色の毛色が一般的ですが、他にもいくつかカラーの種類があります。その中でも黒い毛色の柴犬は「黒柴」と呼ばれて近年人気が高くなりつつあります。

柴犬のカラーについて

柴犬には赤、黒、胡麻、白などの毛色があります。赤とは一般的な茶色の毛色をした柴犬のことで、もっとも数が多い種類となっています。
赤、黒、胡麻、白が一般的な毛色とっていますが、白い毛色は公式には認めれていません。

柴犬の毛色について詳しくは次の記事を参考にしてください。

黒柴の毛色について

柴犬の黒は、黒褐色などと表記されることもある毛色で、ダックスフンドやチワワなどの犬種に見られるブラックアンドタンに近い毛色となります。

色の入り方は犬によって異なりますが、一般的に黒柴は鼻の上から目の周り、頭、背中、尻尾など全体的に黒色になっており、頬や目の上、首、前足の上、後ろ足の内側、足先などは白やベージュに近い色になっています。

目の上の白い部分は眉毛のようになっているのが特徴的で、目が四つついているようにも見えるため「四ツ目」と呼ばれることもあります。

他の毛色とは異なる特徴や価格について

Fotolia 203901252 xs

黒柴は普通の赤柴に比べると若干性格が異なると言われる場合があります。また、赤柴と比べて数が少ないため価格がやや高くなっています。

性格が異なる?

黒柴には普通の柴犬よりも大人しい性格の子が多いため、育てやすいと言われることがあります。しかし、犬の性格は遺伝やしつけによるところが大きいため、黒柴も基本的には変わらないとされています。

黒柴や白柴の性格については次の記事を参考にしてください。

柴犬は白と黒で性格が異なる?毛色による特徴や気質の違いについて|HANEY [ハニー]
柴犬には赤、黒、胡麻、黒胡麻、赤胡麻など、いくつかの毛色の種類があります。毛色の種類が多いトイプードルはよく毛色によって性格に違いが見られると言わていますが、柴犬も白や黒など毛色によって性格に違いが見られることがあるのでしょうか?ここでは白柴や黒柴の性格など、毛色による柴犬の性格の違いをご紹介いたします。

黒柴の価格は他の毛色よりも高め?

柴犬は茶色い毛色をしている赤柴の数が圧倒的に多いため、黒い毛色の黒柴はやや高値で取引される傾向があります。
犬の血統や購入するペットショップやブリーダによっても異なりますが、一般的には15〜20万円の価格で取引されることが多くなっています。

また、黒柴に限ったことではありませんが、親犬がチャンピオン犬で容姿が整っている場合などは100万円近い値段が付けられることもあります。

柴犬の価格については次の記事を参考にしてください。

柴犬の値段はいくらくらい?子犬の販売価格や購入先について|HANEY [ハニー]
柴犬は昔から広く飼われてきた日本犬で、現在では日本だけでなく海外での人気も高くなりつつあります。飼い主さんに忠実で素朴な雰囲気が特徴的な犬種で、いくつかの毛色や種類に分かれていますが、その値段はいくらくらいするのでしょうか?また、毛色や血統によってどれくらい値段が変わるのでしょうか?ここでは柴犬の子犬の販売価格や値段の違い、購入先などを簡単にご紹介いたします。

裏白がない黒柴もいる?

柴犬の場合、黒い毛色をしていても顔や首、足の内側、おへそ周りなどは白くなっています。これを「裏白」といいますが、黒柴の中には裏白がない全身真っ黒な子もいます。

全身真っ黒な子もいる

通常柴犬は赤でも黒でも頬や首回り、足の内側などは部分的に白やクリーム色になっています。しかし、黒柴の中にはこの裏白がない全身真っ黒な子も存在します。

これは非常に稀で、ほとんど生まれることはありませんが、柴犬は裏白がある状態がスタンダードとなっているため、真っ黒な場合はミスカラーとなります。

真っ黒な柴犬が生まれる理由

犬の毛色は親犬から受け継いだ遺伝によって決まります。毛色の遺伝は少し複雑になっていますが、基本的には赤柴が生まれる確率がもっとも高くなっています。

裏白がない真っ黒な柴犬は裏白がない黒い毛色の遺伝子を持った犬同士が交配することでごく稀に生まれるため、非常に珍しい毛色となっています。

ポイント

柴犬は茶色い毛色をしている赤柴がもっとも一般的なので、黒柴は比較的珍しい毛色と言えるでしょう。しかし、黒柴の人気が高くなるにつれて見かける機会も増えているため、柴犬の中では2番目に見かけることが多い毛色となっています。

そのため、黒柴を購入したい場合はペットショップに問い合わせたり、ブリーダーから探すことで比較的すぐに見つけることができます。ただし、絶対数が赤柴に比べると少ないため、値段は若干高くなっています。