柴犬の赤ってどんな色?特徴や値段、黒柴との交配について

柴犬といえばベージュに似た薄茶色の毛色をイメージする人が多いと思いますが、柴犬ではこの薄茶色の毛色を赤と表現しています。赤柴は柴犬の中ではもっとも数が多い種類となっているため、値段も柴犬の中では平均的となっていますが、数が多い理由は人気が高いからというだけではなく、交配によって生まれる確率が関係しています。ここでは赤柴の特徴や値段、黒柴と交配したときの結果や確率などについてご紹介します。

目次

柴犬の赤い毛色について

Fotolia 106562530 xs

赤柴は柴犬の中でもっともオーソドックスで数が多い毛色となります。そのため、よく見かける柴犬は赤毛が多いですが、他にもいくつかの毛色が存在します。

もっともオーソドックスな毛色

柴犬の赤色とは、ベージュのような薄茶色と白色が組み合わさった毛色のことで、もっともポピュラーで見かけることが多い毛色となります。

とても赤毛には見えない赤柴ですが、古くから日本にいる犬ということもあって日本人特有の表現から赤と呼ばれています。
オーソドックスな毛色ということもあって数が多く、赤柴は柴犬全体の約8割を占めていると言われています。

赤以外にも毛色がある

全体の8割を占めているというだけあって、散歩中やペットショップなどで見かける柴犬のほとんどは赤柴となっています。

そのため、他の毛色を見かけることはほとんどありませんが、赤柴以外にも黒や白、胡麻という毛色が存在します。
どれも赤柴と比べると非常に数が少ないため、あまり見かけることのない毛色となります。

柴犬の毛色については次の記事を参考にしてください。

赤柴の特徴や値段について

Fotolia 187097007 xs

赤柴は薄茶色の毛色をした柴犬ですが、部分的に毛色が白くなっています。これは「裏白」と呼ばれる柴犬の特徴となります。

柴犬の特徴「裏白」について

赤柴は鼻から頭、頭からお尻にかけては薄茶色をした毛が生えていますが、頬や口周り、目の上、胸、脚の内側、尻尾の裏などには白い毛が生えています。

この白い部分は「裏白」と呼ばれており、毛色に関わらず存在することから柴犬の特徴の一つとなっています。
目の上が眉毛のように白くなっているのも特徴の一つで、色の違いが表れやすい黒柴や胡麻柴では目が四つあるように見えることから「四ツ目」と呼ばれることもあります。

柴犬の中では平均的な値段

赤柴は柴犬の中ではもっとも数が多く、取引されている数も多い種類となります。そのため、赤柴の値段は平均的な柴犬の値段となります。

血統や年齢など犬の特徴によっても値段は大きく変わりますが、だいたい8〜20万円くらいの値段で取引されることが多くなっており、他の毛色の場合はこれよりも高い値段で取引される傾向があります。

柴犬の値段については次の記事を参考にしてください。

柴犬の値段はいくらくらい?子犬の販売価格や購入先について|HANEY [ハニー]
柴犬は昔から広く飼われてきた日本犬で、現在では日本だけでなく海外での人気も高くなりつつあります。飼い主さんに忠実で素朴な雰囲気が特徴的な犬種で、いくつかの毛色や種類に分かれていますが、その値段はいくらくらいするのでしょうか?また、毛色や血統によってどれくらい値段が変わるのでしょうか?ここでは柴犬の子犬の販売価格や値段の違い、購入先などを簡単にご紹介いたします。

黒柴と交配させた場合はどうなる?

Fotolia 180834806 xs

赤柴は柴犬の中ではもっとも数が多い毛色となっていますが、その理由には柴犬同士を交配させたときに赤柴が生まれる確率が高いことが関係しています。

また、親犬の毛色によっては同じ赤柴でも若干毛色が異なる場合もあります。

同じ赤柴でも毛色が異なる

赤柴は薄茶色と白の2色の毛色を指しますが、ところどころに黒い差し毛が入っている子もいます。
これは親犬の影響によるもので、親犬に黒い毛が生えている場合や、おもてには出ていなくてもその遺伝子を持っている場合に黒い差し毛が入ることがあります。

黒い差し毛の割合が増えると胡麻という毛色に分類されるようになりますが、若干入っている程度であれば赤柴に分類されることが多いです。

赤柴は生まれる確率が高い

柴犬は赤同士を組み合わせた場合はもちろんのこと、赤と黒を組み合わせた場合でも生まれる確率が高くなっています。
まず赤同士の柴犬を組み合わせるときに、片方の赤柴の毛色が差し毛のない赤毛であった場合は、非常に高い確率で赤柴が生まれてきます。

これは赤と黒、赤と白を交配させた場合でも同じで、片方の親犬が黒い毛色の要素を持っていない赤柴である場合は高確率で赤柴が生まれますが、黒柴が生まれることはありません。そのため、黒柴同士を掛け合わせた場合以外は高確率で赤柴が生まれてくるようになっています。

ポイント

赤柴は柴犬の中ではもっとも人気が高く、ペットショップや街中でも見かけることが多い毛色ということもあって値段も柴犬の中では平均的となっています。しかし、同じ赤柴でも裏白と呼ばれる白い毛の入り方や、黒い差し毛の有無など毛色が若干異なります。

数が多い理由は交配を行ったときに生まれる確率が高いことなどが関係していますが、柴犬の日本犬としての素朴さが際立つ毛色となるため、日本だけじゃなく海外でも人気の高い毛色となっています。