柴犬はきつねとたぬきに似ている?顔つきの種類や特徴について

柴犬は日本人にとっては非常に馴染みが深い犬種となっていますが、実は柴犬にはたくさんの種類が存在します。そのため、同じ柴犬でもきつね顔の子と、たぬき顔の子に分かれています。中には非常に数が少なくなっている珍しい柴犬もおり、現在広く飼われている柴犬とは全く違った特徴を持っています。ここでは柴犬のたぬき顔やきつね顔の違いや、地柴などの柴犬の種類の特徴などを簡単にご紹介いたします。

目次

柴犬はきつね顔とたぬき顔に分かれている?

Fotolia 178219298 xs

柴犬は頬がふっくらとしているたぬき顔の子と、輪郭がシャープになっているきつね顔の子に分かれています。

現在はたぬき顔の柴犬が一般的となっていますが、かつては多くの柴犬がきつね顔をしていたと言われています。

一般的な柴犬はたぬき顔

Fotolia 124673154 xs

現在、流通している数が多いのはたぬき顔の柴犬だと言われています。たぬき顔の柴犬は顔が丸く、ほっぺがふっくらとしているのが特徴で、全体的に肉付きが良く体ががっちりとしています。

一般的なペットショップやブリーダーで見かけるのはこちらの柴犬なので、よく見慣れた馴染み深い姿をしています。

かつてはきつね顔だった?

Fotolia 132768457 xs

柴犬の中にはごく稀にきつね似た顔つきをしている子がいます。ふっくらとしているたぬき顔の柴犬と違って全体的に細く、輪郭がシャープになっているのが特徴で、きつねのような凛々しい顔つきをしています。

現在ではあまり見かけることがないきつね顔の顔つきをした柴犬ですが、かつてはきつね顔が一般的だったと言われています。

いくつかの種類に分かれている

Fotolia 157497106 xs

柴犬にはたくさんの種類があります。現在、広く飼われている柴犬とは異なるルーツを持つ種類や、古くから特定の地域に根付いている種類など様々です。

そのため、柴犬の種類によってたぬき顔ときつね顔に分かれています。一般的に広く飼われているたぬき顔の柴犬は信州柴という種類で、きつね顔の柴犬は縄文柴という種類になります。

縄文柴犬

Image5

出典:www.jomon-shiba.com

縄文柴犬は、すべての日本犬の祖先と言われている縄文犬の特徴を受け継いでいる柴犬のことです。
縄文犬はきつねのような顔つきをしていたとされているため、一般的にきつね顔の柴犬はこの縄文柴という種類となります。

現在は数が少なくなっているため、見かけることはほとんどありませんが、非常に歴史が深い柴犬となります。

縄文柴については次の記事を参考にしてください。

縄文柴犬ってどんな犬?ルーツや特徴、価格について見てみよう|HANEY [ハニー]
縄文柴犬という名前を聞いたことはありますか?柴犬にはいくつかの種類があり、その中には日本犬の起源となっている縄文犬の特徴を引き継いだ縄文柴犬という種類がいます。この種類は日本で広く飼われている柴犬とは異なる特徴を持っており、顔つきがきつねに似ていることからきつね顔と呼ばれています。ここでは縄文柴犬の特徴や値段などについて見ていきましょう。

地柴について

古くから特定の地域に根付いていた柴犬のことを地柴といいます。地柴はそれぞれ異なる特徴を持っており、現在流通している柴犬とは異なる見た目をしています。以下は代表的な地柴の種類です。

・信州柴
・美濃柴
・山陰柴
・川上犬
・三河柴
・越後柴

信州柴

Sinsyusibaken1

出典:dog.doggiedelights.biz

現在、もっとも流通しているたぬき顔の柴犬はこの信州柴という種類になります。そのため、柴犬といえばほとんどの場合この信州柴を指しています。長野県の山間部で飼われていた柴犬で、小動物などを捕まえる猟犬として飼われていた歴史を持ちます。

信州柴については次の記事を参考にしてください。

信州柴犬ってどんな犬?特徴や価格について見てみよう|HANEY [ハニー]
柴犬は知っているけれど、信州柴犬という名前はあまり聞いたことがないという人も多いかもしれません。柴犬は同じ犬種の中でもいくつかの種類に分かれており、それぞれ顔つきや見た目などが若干異なります。信州柴犬は柴犬の中でも一般的な種類の一つで、街中やペットショップでも見かけることが多い種類となっています。ここでは信州柴犬の特徴や価格、ルーツなどを簡単にご紹介します。

美濃柴

Mimitoxiang hui

出典:www.minosiba-gifu.server-shared.com

美濃柴は古くから岐阜県で飼われてきた柴犬で、一般的な柴犬よりも色の濃い、チョコレートのような赤毛が特徴となります。

繁殖力が低いため、年に20頭ほどしか生まれてこないので、数が少なく非常に希少な種類となります。

美濃柴については次の記事を参考にしてください。

美濃柴犬ってどんな犬?特徴や値段、飼いたい場合について|HANEY [ハニー]
美濃柴犬という犬をご存知ですか?美濃柴犬は私たちがよく知っている柴犬の一種で、顔や体つきは普通の柴犬とそれほど違いがありませんが、毛色は赤みのあるチョコレートのようなカラーとなっています。非常に数が少ないため、ペットショップで見かけることはないので、飼いたい場合は特定のブリーダーや保護団体に問い合わせる必要があります。ここでは美濃柴犬の特徴や値段などをご紹介します。

山陰柴

Top01

出典:3inshiba.com

山陰柴は鳥取県や島根県で飼われていた地柴で、もともとは印旛犬、石州犬という2種類の犬に分かれていました。

顔つきはきつね顔に近いですが、被毛に特徴があり、冬毛が抜け始める時期にもこもことした白い毛が残ることで羊のような見た目になることがあります。

山陰柴については次の記事を参考にしてください。

川上犬

20140319kawakami01

出典:www.iijan.or.jp

川上犬は現在広く飼われている信州柴と同じ長野県の地柴で、ニホンオオカミの血を引く犬だと言われています。

一般的な柴犬よりも少し体が大きく、非常に高い運動能力を持っており、顔つきも鋭く野性味が強い見た目をしています。

川上犬については次の記事を参考にしてください。

川上犬ってどんな犬?特徴や値段、性格や購入できるかどうかについて|HANEY [ハニー]
日本犬といえば柴犬がもっとも有名ですが、柴犬には同じ犬種の中でもいくつかの種類が存在します。川上犬もその一つで、長野県のとある地方で古くから飼われていました。ニホンオオカミの血を引いていると言われており、一般的な柴犬よりも野性味が強く、鋭い顔つきをしています。ここでは川上犬の特徴や性格、値段、飼い方などをご紹介いたします。

三河柴

三河柴は愛知県に根付いていた地柴で、同じく三河地方で古くから飼われている三河犬とは別の種類となります。
猟犬として飼われてきた柴犬で、獲物の探索や追跡を行っていました。現在ではすでに絶滅したとされています。

越後柴

越後柴とは、新潟県に古くから住んでいた地柴で「越後犬」とも呼ばれていました。すでに絶滅しているため、現在は存在しない地柴となります。

珍しい地柴を飼いたい場合は?

Fotolia 106562530 xs

このように柴犬には様々な種類がありますが、一般的に広く流通している信州柴以外の地柴は非常に数が少なくなっています。
そのため、一般的なペットショップやブリーダーではほとんど見かけることがありません。

ペットショップやブリーダーでは販売していない

美濃柴、山陰柴、川上犬などの珍しい地柴は、ペットショップやブリーダーではほとんど販売していません。
稀にきつね顔に近い柴犬も取引されていますが、縄文柴犬の場合は他の地柴と同様に非常に数が少なくなっているためほとんど見かけることはありません。

そのため、一般的な犬種のようにペットショップやブリーダーから購入することが難しくなっています。

保全を行っている団体で子犬の譲渡が行われている

これらの珍しい柴犬たちは数が非常に少なく絶滅を危惧されています。そのため、一般的な方法で飼うことできない場合がありますが、これらの柴犬の保全を行っている団体が子犬の譲渡を行っている場合があります。

基本的に営利目的では活動していないため、高額な値段をつけて柴犬を販売するということはしていませんが、代わりに厳しい審査を設けていることが多いため、誰でも飼えるというわけではありません。

あくまでも犬種の保存という目的で子犬の譲渡を行っているので、普通のペットして犬を飼う場合とは異なる可能性があります。

ポイント

このように柴犬にはたくさんの種類が存在しています。そのため、たぬき顔やきつね顔など犬によって顔つきが異なったり、毛色や骨格などにも違いが見られます。現在、もっとも一般的な柴犬は信州柴犬という種類でたぬき顔が特徴となっており、他の種類は数が非常に少なくなっているため、見かけることはほとんどありません。

こうした事情からペットショップなどで購入することはできませんが、それぞれ保全活動を行っている団体がいるので、そういったところに連絡をとることで飼うことができる場合があります。興味がある方は一度問い合わせてみてください。