縄文柴犬ってどんな犬?ルーツや特徴、価格について見てみよう

出典:www.jomon-shiba.com

縄文柴犬という名前を聞いたことはありますか?柴犬にはいくつかの種類があり、その中には日本犬の起源となっている縄文犬の特徴を引き継いだ縄文柴犬という種類がいます。この種類は日本で広く飼われている柴犬とは異なる特徴を持っており、顔つきがきつねに似ていることからきつね顔と呼ばれています。ここでは縄文柴犬の特徴や値段などについて見ていきましょう。

目次

縄文柴犬とは?

Image2

出典:www.jomon-shiba.com

柴犬は同じ犬種の中でもいくつかの種類に分かれています。縄文柴犬とは縄文犬をルーツに持つ柴犬のことで、日本古来の犬の血統を受け継いでいます。

柴犬の種類について

柴犬にはいくつかの種類があり、縄文犬を祖先に持つ縄文柴犬のほかにも「地柴」といって古くから特定の地域で飼われていた柴犬がいます。

主に信州柴犬、美濃柴犬、三河柴犬、越後柴犬、川上犬などがあり、それぞれ異なるルーツを持っています。

柴犬の種類については次の記事を参考にしてください。

縄文犬をルーツに持つ柴犬

縄文柴は縄文犬をルーツに持つ柴犬です。縄文犬とは日本犬の祖先と言われている犬で、その名前の通り縄文時代から人と共存していた犬種となります。

縄文犬は小柄な犬で立ち耳、巻尾などの特徴を持っていたとされているため、現在の柴犬と比較的よく似た姿をしていたと考えられています。縄文犬はすでに絶滅していますが、縄文柴犬はこの縄文犬の特徴を受け継いでいる柴犬となります。

どんな特徴がある?

Image10

出典:www.jomon-shiba.com

縄文柴犬はきつねに似た顔つきと全体的に細身な体をしています。こうした特徴は、日本犬のルーツになっている縄文犬の姿ととてもよく似ていると言われています。

きつねに似た顔をしている

現在、日本で広く飼われている柴犬は顔に丸みがあり、ほっぺたがふっくらとしています。その姿がたぬきに似ていることからたぬき顔と呼ばれることがあります。

一方、縄文柴は顔が細く、シャープな輪郭をしています。マズルが長く、きつねに似た凛々しい顔つきをしているため、一般的な柴犬がたぬき顔と呼ばれるのに対して縄文柴犬はきつね顔と呼ばれています。

その違いは並べてみると一目瞭然で、一般的な柴犬の方が全体的に肉付きが良くて丸みがあります。

全体的に細身

一般的な柴犬よりも顔つきが細くて輪郭がシャープになっている縄文柴犬ですが、顔だけでなく体つきも細身になっています。

引き締まったスリムな体型は山や藪の中を俊敏に動くのに適しているとされており、畑を野生動物から守るための番犬や猟犬として優れた能力を発揮すると言われています。

どれくらいの価格で取引されている?

Image13

出典:www.jomon-shiba.com

一般的に広く飼われているたぬき顔の柴犬と違い、きつね顔の縄文柴は数がとても少なくなっています。

ペットショップでは販売していないため、飼いたい場合は縄文柴犬の研究、保護を行っているNPO法人に問い合わせる必要があります。

縄文柴犬は数がとても少ない

縄文犬の姿や特徴を受け継いでいる縄文柴犬は、現在では300頭ほどしかいないと言われています。
そのため、一般的に飼われている柴犬と違って数がとても少なくなっています。

当然ペットショップでは飼うことができないので、縄文柴犬を飼いたい場合は特定のブリーダーを探したり、縄文柴犬の保護、研究を行っている縄文柴犬研究センターに問い合わせてみましょう。

値段について

縄文柴犬研究センターでは営利目的での子犬の販売は行っていないため、縄文柴の値段設定は行っていないそうです。
そのため、里親になるために必要なお金は、血統書の発行手数料や輸送費、ワクチン接種費用、自治体への登録料のみとなっています。

興味がある方は「NPO法人縄文柴犬研究センター」に問い合わせてみてください。

NPO法人縄文柴犬研究センター

ポイント

縄文柴犬は現在日本で広く飼われている柴犬とは異なる特徴を持っており、スリムな骨格やきつねに似た顔つきはすべての日本犬の祖先だと言われている縄文犬の特徴を色濃く受け継いでいる証です。紀元前から存在していたとされる犬の特徴を受け継いでいる犬は世界的にも珍しく、貴重な在来種となるため、保護が行われていますが、現在は300頭にまで数が減っているとされています。

そのため、一般的なペットショップやブリーダーには流通していません。飼いたいという場合はNPO法人縄文柴犬研究センターで里親として迎え入れることができるので、詳しい条件や費用について問い合わせてみてください。