山陰柴犬は羊に似ている?特徴や値段、販売状況について

出典:3inshiba.com

山陰柴犬という名前は聞いたことがありますか?山陰柴犬は「地柴」と呼ばれる柴犬の一種で、現在日本で広く飼われている柴犬とは異なる特徴やルーツを持った犬種となります。そのため、一般的な柴犬とは見た目が異なり、羊に似ていると言われて話題になりましたが、非常に数が少ないため簡単には飼うことのできない犬種となっています。ここではそんな山陰柴犬の特徴や歴史、値段、販売状況などについてご紹介いたします。

目次

山陰柴犬ってどんな犬?

312f6cdfc50230b68812975e7ae05875  shiba inu twitter

出典:www.pinterest.jp

山陰柴犬とは、日本の各地域に古くから根付いている地柴の一種で、山陰柴犬は名前の通り山陰地方に古くから暮らしている柴犬となります。

地柴について

柴犬は同じ犬種の中にもいくつかの種類があります。その中でも古くから特定の地域に根付き、飼われていた柴犬のことを地柴といいます。地柴は山陰柴犬の他にも信州柴、美濃柴、越後柴、三河柴、川上犬などが存在します。

柴犬の種類については次の記事を参考にしてください。

柴犬はきつねとたぬきに似ている?顔つきの種類や特徴について|HANEY [ハニー]
柴犬は日本人にとっては非常に馴染みが深い犬種となっていますが、実は柴犬にはたくさんの種類が存在します。そのため、同じ柴犬でもきつね顔の子と、たぬき顔の子に分かれています。中には非常に数が少なくなっている珍しい柴犬もおり、現在広く飼われている柴犬とは全く違った特徴を持っています。ここでは柴犬のたぬき顔やきつね顔の違いや、地柴などの柴犬の種類の特徴などを簡単にご紹介いたします。

山陰地方に住んでいた柴犬

山陰柴犬は古くから山陰地方に住んでいた地柴です。山陰地方とは鳥取県や島根県、兵庫県の北部を指します。

もともとは2つの種類に分かれており、鳥取県に住んでいたものを印旛犬、島根県に住んでいたものを石州犬と呼んでいましたが、第二次世界大戦の影響や伝染病によって絶滅の危機に瀕したため、印旛犬と石州犬を交配させて山陰柴犬を誕生させました。

その際に印旛犬と石州犬の特徴は失われてしまいましたが、それらの血統を受け継いでいる地柴として現在でも育成や繁殖が行われています。

どんな特徴がある?

Mimi01

出典:3inshiba.com

山陰柴犬は現在日本で広く飼われている一般的な柴犬に比べると、全体的にスリムで引き締まった体をしています。

また、柴犬の場合はもっともポピュラーな赤毛の他にも、黒や胡麻などの毛色が認められていますが、山陰柴犬の毛色は赤のみとなっています。

全体的にスリム

山陰柴犬は一般的な柴犬に比べるとやや細身でスリムな体型をしています。筋肉質な引き締まった体型で、足も長めになっていますが、体高などの大きさに関しては一般的な柴犬と違いはありません。

顔も現在の柴犬とは違ってスリムなきつね顔となっており、耳のつき方にも特徴があります。普通、柴犬は耳の間隔が広く、頭の隅の方に斜めを向いた状態でついていますが、山陽柴犬は耳の間隔が狭く、頭のてっぺんに前を向いた状態でついています。

毛色は赤のみ

山陰柴は毛色にも特徴があります。通常、柴犬は赤、黒、胡麻などがスタンダードとして認められていますが、山陰柴の毛色は赤のみとなっています。

赤といっても現在の柴犬と同じようにベージュに近いような薄茶色や、色が薄く白に近いものから黒が混じったような色の濃いものなど様々です。

羊に似ている?

普段はきつね顔と例えられることが多い山陰柴ですが、冬毛が抜ける時期になると羊のような見た目になることがあります。

山陰柴は被毛にも特徴があり、頭の後ろから腰にかけてふさふさとした毛が生えていますが、換毛期に入り、冬毛が抜けきっていない状態になると顔以外を羊のような白い毛が覆うこともあるそうです。

個体差はありますが、まるで羊の被り物を被っているかのような見た目になることもあります。

販売状況や値段について

山陰柴犬は数が非常に少なく、現在でも絶滅の危険性がある柴犬です。そのため、ペットショップに並ぶことはなく、値段が付けられて販売されるということはほとんどありません。

数が非常に少ない

戦後に数が激減した因幡犬、石州犬の絶滅を防ぐために2つの犬種を組み合わせることで誕生した山陰柴犬ですが、現在でもその数は300匹ほどしかいないとされています。

そのため、数が非常に少なくなっていることから、ペットショップで値段を付けられて販売されるということはほとんどありません。

飼いたい場合はどうすればいい?

山陰柴犬を飼いたいという場合は、山陰柴犬の保護や育成を行っている山陰柴犬育成会に問い合わせてみましょう。
ここではスタンダードの管理や山陰柴犬の子犬の譲渡などを行っているため、子犬の里親となることができます。

ただし、子犬の受け渡しもあくまで保存を目的としたものなので、子犬を譲渡する条件は厳しいものとなっていると思われます。興味がある方は一度問い合わせてみてください。

山陰柴犬育成会

ポイント

山陰柴犬は印旛犬、石州犬という鳥取県や島根県に住んでいた犬を交配させることで生まれた地柴となります。歴史が深い、2種類の犬種の絶滅を防ぐために交配が行われたことで誕生した柴犬で、現在も保存や育成が行われていますが、その数はあまり多くありません。

そのため、ペットショップやブリーダーで値段が付けられて販売されているということはほとんどないと思われます。飼育条件が厳しい可能性はありますが、山陰柴犬の保存を行っている山陰柴犬育成会では子犬の譲渡が行われていることもあるので、どうしても飼いたい、興味があるという方は一度問い合わせてみてください。