柴犬にはどんな手入れが必要なの?ブラッシングや抜け毛について

柴犬は被毛が短い犬種なので、それほど手入れが必要ではないように思えますが、ブラッシングやシャンプー、耳掃除、爪切りなどの手入れは定期的に行う必要があります。特にダブルコートの被毛は毛が生え変わる時期になると抜け毛が多くなってしまうので、ブラッシングや抜け毛対策のための手入れを念入りに行わなければなりません。ここでは、柴犬に必要な手入れを簡単にご紹介します。

目次

柴犬にしてあげるべき手入れは?

Fotolia 172662044 xs

犬にはブラッシングや耳掃除など、定期的な手入れが必要となります。手入れの内容や頻度は犬種によって若干異なる場合があるので、柴犬に必要なものをあらかじめ知っておきましょう。

柴犬の特徴

犬の手入れを行う場合は、その犬種の特徴を知っておく必要があります。
柴犬は短い被毛が二重に生えているダブルーコートの犬種で、季節の変わり目は抜け毛多くなっています。
そのため、ブラッシングの頻度は抜け毛の状態によって変わります。

耳はピンと立っている立ち耳の犬種なので、耳掃除をそれほどこまめに行う必要はありません。
しかし、犬によってはほとんど生えていない「狼爪」という爪が柴犬には生えている場合があるので、爪切りを行う際は確認しておきましょう。

柴犬に必要な手入れ

柴犬には基本的にブラッシング、シャンプー、耳掃除、爪切りなどの手入れが必要となります。

被毛が短い犬種なのでトリミングは必要ではありませんが、抜け毛が多くなる季節はこまめにブラッシングを行いましょう。
また、柴犬によっては「肛門絞り」が必要となる場合もあります。

肛門絞りとは?

犬の肛門の近くには、マーキングをするための分泌液が溜まっている肛門腺があります。犬は便をするときにこの腺から分泌液が一緒に出るようになっていますが、柴犬の中にはこの分泌液を自力で排出することができない子もいます。

そうなると腺を詰まらせてしまい、何らかの病気を引き起こす原因となってしまいます。分泌液の溜まる頻度も犬によって異なるので、柴犬によっては定期的に肛門絞りを行うことで飼い主さんが分泌液を出してあげる必要があります。

肛門絞りのやり方については次の記事を参考にしてください。

犬の肛門絞りのやり方は?頻度や注意点について|HANEY [ハニー]
肛門絞りという言葉を聞いたことはありますか?犬のお尻の穴の近くには小さい袋が2つあり、この場所には犬特有のにおいがする分泌液が溜められています。この分泌液は本来、犬自身が自分で出せますが、中には自分で出すことができない子もいます。分泌液が溜まると病気の原因となるので、飼い主さんが肛門絞りによって分泌液を出してあげる必要があります。ここでは犬の肛門絞りのやり方や頻度、注意点などをご紹介します。

抜け毛対策やブラッシング

Fotolia 210041699 xs

抜け毛対策は基本的にシャンプーとブラッシングがメインとなります。柴犬は換毛期に入ると抜け毛が多くなるので、こまめに手入れを行うようにしましょう。

柴犬の抜け毛について

柴犬のようなダブルコートの犬種は、換毛期に入ると非常に抜け毛が多くなります。換毛期は一年に二回あり、春から夏、秋から冬にかけて毛が生え変わります。

柴犬は一年を通して比較的抜け毛が多く見られますが、春から夏にかけては特に抜け毛の量が増えるので、ブラッシングや部屋の掃除をこまめに行ったり、定期的にシャンプーで体を洗ってあげる必要があります。

柴犬の抜け毛対策については次の記事を参考にしてください。

柴犬は抜け毛の対策が必要?ひどくなる時期や手入れの方法について|HANEY [ハニー]
柴犬は毛が短い犬種なので、抜け毛はあまり多くないように見えますが、特定の時期になると大量に抜け毛が増えてしまいます。毛の生え変わる時期になると短い毛が大量に抜け落ちるようになり、ひどいときは羊の毛を刈ったときのような大きな毛玉が作れるくらい毛が抜けてしまうので、きちんと対策をとる必要があります。ここでは柴犬の抜け毛の量や対策が必要となる時期、手入れや対策する方法などについてご紹介します。

ブラッシングについて

柴犬は被毛が短い犬種なので、普段はそれほど念入りにブラッシングをする必要はありません。
そのため、だいたい週に1〜2回ほどでも問題はありませんが、換毛期に入ると抜け毛が増えてしまうので毎日行う必要があります。

抜け毛を放置すると毛玉ができて皮膚が蒸れてしまったり、ノミやダニが繁殖する原因となってしまいます。
そのため、ブラッシングを行うときは抜け毛をできるだけ取ってあげましょう。

柴犬のブラッシングについては次の記事を参考にしてください。

柴犬のブラッシングは毎日必要?やり方や嫌がる場合の方法について|HANEY [ハニー]
犬は定期的にブラッシングによって被毛を手入れしてあげる必要があります。ブラッシングの頻度は犬種によって異なるため、犬によってはそれほどこまめにする必要がない場合もありますが、抜け毛が多い犬や被毛が長い犬種などは毎日手入れをしてあげた方が良いと言われています。柴犬にはブラッシングを毎日してあげる必要があるのでしょうか?ここでは柴犬のブラッシングの頻度ややり方、嫌がる場合の対処法などをご紹介します。

シャンプーについて

体を清潔に保つためには、定期的なシャンプーが必要となります。特に梅雨の時期は被毛が蒸れやすく抜け毛も多くなるので、よく体を流してあげましょう。

ただし、柴犬の中には皮膚が弱い子もいるので、頻繁に体を洗ったり、刺激の強いシャンプーを使用すると抜け毛が増えたり、皮膚の病気になる場合もあるので注意しましょう。

柴犬のシャンプーについては次の記事を参考にしてください。

柴犬のシャンプーはいつから行う?頻度や嫌がるときの対処法について|HANEY [ハニー]
柴犬は被毛が短い犬種なので、被毛の長い犬種に比べると汚れが溜まりにくくなっています。しかし、何ヶ月もシャンプーをしていないと臭いが出たり、皮膚が不衛生な状態となるので適度にシャンプーを行う必要があります。それでは柴犬にはいつから、どのくらいの頻度でシャンプーを行えばよいのでしょうか?ここでは、柴犬のシャンプーの頻度や嫌がるときの対処法などについて見ていきましょう。

爪切りや耳掃除も定期的にしてあげよう

Fotolia 194349734 xs

爪が伸びていたり、耳の中が汚れている場合は爪切りや耳掃除を行いましょう。

爪切りについて

爪が伸びすぎると相手に爪が当たって怪我をさせてしまったり、柴犬自身が爪を引っ掛けて怪我をしてしまう可能性があります。
そのため、爪が伸びている場合は爪を切ってあげましょう。

爪が伸びる早さは犬によって異なるので、定期的に確認するようにします。柴犬によっては狼の名残である狼爪が足首の近くに生えている場合もあるので確認しておきましょう。

柴犬の爪切りについては次の記事を参考にしてください。

柴犬に爪切りは必要?嫌がる理由や頻度について|HANEY [ハニー]
犬は自分で爪を切ることができないため、放っておくと爪が伸びてしまいます。柴犬には活発な子が多いため、散歩の長さや運動の量によってはそれほど爪が伸びない場合もありますが、犬によっては狼爪が生えていたり、爪が伸びすぎて怪我をしてしまうことがあるので、定期的に爪を切ってあげる必要があります。ここでは柴犬の爪切りの必要性や嫌がる理由、爪を切る頻度などをご紹介いたします。

耳掃除について

柴犬は立ち耳の犬種なので、そこまでこまめに耳の手入れを行う必要はありません。
しかし、耳の中に汚れが溜まった状態になっていると、外耳炎などの病気を引き起こす原因となります。そのため、定期的に耳の状態を確認しておきましょう。

週に1回は耳を確認して、汚れている場合はペット用の綿棒やコットンを使って耳垢を取り、汚れが溜まっている場合は洗浄液などを使って手入れを行います。

柴犬の耳掃除については次の記事を参考にしてください。

柴犬の耳掃除の頻度はどれくらい?嫌がる場合のやり方について|HANEY [ハニー]
柴犬の耳も他の犬と同じで、定期的に掃除してあげないと汚れが溜まってしまいます。耳が長い犬種や垂れ耳の犬種と違って柴犬はピンと立っている立ち耳なので汚れは溜まりにくくなっていますが、全く掃除をしないと耳の中が汚れてしまい、臭いや病気の原因となってしまうことがあります。そのため、耳のチェックを兼ねて定期的に耳掃除を行いましょう。ここでは柴犬の耳掃除の頻度や嫌がる理由、やり方などをご紹介します。

ポイント

柴犬は被毛が短い犬種なので、トリミングを行う必要はなくブラッシングもそれほど大変ではありません。また、柴犬は立ち耳なのでそれほど念入りに耳の手入れを行う必要はありません。そのため、垂れ耳で毛の長い犬種と比べると比較的手入れは簡単だといえるでしょう。

ただし、抜け毛が多くなると毛玉もできやすくなるので、きちんと手入れをしてあげる必要があります。抜け毛を放置するといろいろな病気の原因となってしまうので、手入れを怠らないようにしましょう。