柴犬にトリミングは必要?料金や頻度について

犬種によっては定期的にトリミングサロンへ連れて行く必要があります。サロンでは主にヘアカットやシャンプー、耳掃除、爪切りなどを行っているため、自宅でのケアやヘアカットが難しい場合はサロンへ連れて行きますが、柴犬もトリミングサロンへ連れて行く必要はあるのでしょうか?ここでは、柴犬のトリミングの必要性や料金、連れて行く頻度などをご紹介します。

目次

柴犬にも必要なものなの?

Fotolia 106562530 xs

柴犬はヘアカットをする必要のない犬種なので、基本的にトリミングサロンへ連れて行く必要はありません。
ただし、サロンではいろいろなサービスを受けられるので、自宅でできない場合は定期的に連れて行くのもおすすめです。

柴犬に全身カットは必要ない

柴犬は被毛が短いダブルコートの犬種なので、ヘアカットをする必要はありません。ヘアカットはトリミング犬種といって、トリミングを行わないと被毛が長くなり過ぎてしまう犬種にのみ必要となります。

柴犬のようなダブルコートの犬種は、季節に合わせて毛が生え変わるようになっているので、暑い季節だからといってサマーカットなどの全身カットを行う必要はありません。

反対に短くカットすることでうまく体温調整ができなくなったり、毛が元通り生えてこなくなることもあるので、トリミングサロンへ連れて行く場合はお尻周りの毛や肉球の周りにある毛を少しだけカットする程度となります。

その他の手入れについて

トリミングサロンでは柴犬のヘアカット以外にもシャンプーや耳掃除、爪切りなども行っています。
柴犬は非常に抜け毛が多い犬種なので、換毛期はブラッシングや定期的なシャンプーによって抜け毛を取り除いてあげる必要があります。

特に4〜7月にかけてはシャンプーに入れる機会が増えることが多いので、自宅での手入れが難しい場合はサロンへ連れて行って、トリマーさんにシャンプーや耳掃除などを行ってもらうことができます。

トリミングの料金はどれぐらい?

Fotolia 132768457 xs

料金は連れて行くサロンや受けさせるメニューによっても異なります。柴犬の場合はカットが必要ではないため、自宅で飼い主さんが出来ないものだけを依頼しましょう。

柴犬はシャンプーがメイン

柴犬をトリミングに連れて行く場合は、シャンプーがメインとなる人が多いと思われます。自宅でのシャンプーが大変な場合や、耳掃除や爪切り、肛門絞りなどが難しい場合はそれらがセットになっているメニューを依頼したり、難しいものだけを選んで依頼しましょう。

シャンプーの料金

トリミングサロンでは、柴犬は中型犬として扱われることが多いので、シャンプーの料金は4,000〜5,000円くらいが一般的となります。
この中には耳掃除や爪切り、肛門絞り、簡単なカットなども含まれていることが多いので、自宅で難しい手入れをまとめて依頼することができます。

また、サロンによっては耳掃除のみや爪切りのみの依頼なら、1,000円前後で依頼することもできます。

どれくらいの頻度で連れて行けばいい?

Fotolia 203901252 xs

柴犬をトリミングサロンへ連れて行く場合は、だいたい月に1回くらいの頻度が一般的となっています。

1ヶ月に1回

柴犬はカットを行う必要がないので、トリミングサロンにはシャンプーを依頼するために連れて行く場合がほとんどだと思われます。
そのため、シャンプーを行うタイミングで、月に1回くらいの頻度でサロンへ連れて行くと良いでしょう。

ポイント

柴犬は自宅でシャンプーやブラッシング、耳掃除などの手入れを行うことができる場合は、基本的にトリミングサロンへ連れて行く必要はありません。しかし、自宅でのシャンプーが大変な場合や、耳掃除や爪切り、肛門絞りなどが難しい場合などはトリミングサロンでやってもらうこともできます。

その場合はだいたい月に1回の頻度で料金は4,000円ほどとなります。自宅でのケアができる場合は毎月連れて行く必要はないので、換毛期で溜まった抜け毛を一度スッキリさせたい場合など、必要に応じて連れて行っても良いでしょう。