柴犬の耳掃除の頻度はどれくらい?嫌がる場合のやり方について

柴犬の耳も他の犬と同じで、定期的に掃除してあげないと汚れが溜まってしまいます。耳が長い犬種や垂れ耳の犬種と違って柴犬はピンと立っている立ち耳なので汚れは溜まりにくくなっていますが、全く掃除をしないと耳の中が汚れてしまい、臭いや病気の原因となってしまうことがあります。そのため、耳のチェックを兼ねて定期的に耳掃除を行いましょう。ここでは柴犬の耳掃除の頻度や嫌がる理由、やり方などをご紹介します。

目次

どれぐらいの頻度で耳掃除をするべき?

Fotolia 187097007 xs

柴犬は毛が短い立ち耳の犬種なので、それほど頻繁に耳掃除を行う必要はありませんが、定期的に耳のチェックは行うようにしておきましょう。

耳掃除は必要?

耳の中に汚れが溜まってしまうと耳の中が臭くなったり、細菌が繁殖することで耳の病気になってしまうことがあります。
そのため、定期的な耳掃除は必要となりますが、柴犬は毛が短い立ち耳の犬種なので、耳の中が蒸れたりすることはあまりありません。

しかし、同じ柴犬でも体質によっては耳垢が出やすかったり、耳の中が蒸れやすい場合もあるので定期的に耳の中はチェックするようにしておきましょう。

週に一回くらいの頻度でチェックしよう

柴犬はそれほど頻繁に耳掃除をする必要はありません。そのため、週に一回くらいの頻度で耳の中をチェックして汚れが見えたら耳掃除をするようにしましょう。

耳の中はダニやノミが繁殖したり、知らず知らずのうちに病気になっていることもあるので、定期的なチェックは必要となります。
耳をしきりに気にしていたり、臭いがきつくなっている場合は何らかの病気が原因となっている可能性があるので注意しましょう。

柴犬が嫌がる場合はどうすればいい?

Fotolia 72034985 xs

柴犬の中には耳掃除を嫌がる子がいます。犬が逃げてしまったり、暴れてしまう場合はうまく耳掃除を行うことができないので、まずは何を嫌がっているのかを知っておく必要があります。

耳掃除を嫌がる理由

犬は耳の洗浄液が苦手だったり、体を押さえられることを不快に感じていると耳掃除を嫌がるようになります。
耳の洗浄液は体温よりも冷たくなっているため、耳の中に入れるとびっくりしてしまう犬が多いようです。

また、鼻の良い犬の場合は洗浄液に含まれているアルコールのにおいを苦手としている場合もあります。
柴犬によっては耳掃除の際に体を押さえられることを不快に感じる場合があるため、耳掃除をしようとすると逃げたり、怒って暴れてしまうようになります。

洗浄液を温める

洗浄液が冷たくて苦手な場合は、人肌程度に温めて使用することで犬が嫌がらなくなることがあります。
また、においに敏感な場合は低刺激のものを使用するなど対策してあげましょう。

一度耳掃除で嫌な思いをすると、柴犬は必死に抵抗する場合があるので、そのときはリラックスしているタイミングを見計らって固定し、耳掃除を行いましょう。

終わったときにおやつを与えたり、たっぷり褒めてあげることで徐々に耳掃除に慣れさせることができます。

抱っこの練習をする

耳掃除やシャンプーなどをするときだけ犬を抱っこしたり、体を押さえつけるようにしていると、犬は抱っこを嫌がって逃げるようになってしまいます。そのため、普段からコミュニケーションの一環として抱っこの練習をしておきましょう。

抱っこをして、しばらくじっとしていられたらおやつを与えるなどして慣れさせることで少しずつ嫌がらなくなります。
また、体を固定させる場合はボディーコントロールのしつけも効果的です。

犬のボディーコントロールについては次の記事を参考にしてください。

犬のボディコントロールとは?触っても嫌がらなくなるしつけについて|HANEY [ハニー]
犬のボディーコントロールとは、犬の体を自由に触ることができる状態をいいます。背中や首回りなどであれば自由に触ることができる場合でも口や耳、足先など、犬が嫌がる場所を触ろうとすると逃げてしまったり、抵抗して暴れてしまうことがあります。犬の体を自由に触ることができないと、後に苦労する場合があるのでしっかりと慣れさせておきましょう。ここでは犬のボディーコントロールの必要性やしつけ方などをご紹介します。

やり方や必要なものについて

Fotolia 172662044 xs

耳の中が汚れていた場合は、洗浄液を使って耳掃除を行いましょう。犬の耳はとてもデリケートなので、耳の中を傷つけてしまわないように注意してください。

必要なもの

耳掃除にはペット用の耳の洗浄液、ペット用の綿棒、コットンなどを用意しましょう。柴犬は毛が短い犬種なので、耳の毛を抜いたりカットする必要はほとんどないと思われますが、必要であれば先が丸くなっているミニバサミを用意しましょう。

耳掃除のやり方

柴犬は比較的耳の汚れが溜まりにくい犬種なので、まずは耳に汚れがないかを確認しましょう。それほど汚れていない場合はペット用の綿棒やコットンで優しく表面を掃除します。

洗浄液を使用する場合は綿棒やコットンに浸して使ったり、洗浄液を直接入れて耳の付け根を持って優しく揉んであげましょう。
終わったら犬の頭を傾けて洗浄液を外に出してあげます。洗浄後に表面に汚れが出ている場合は綿棒やコットンで拭き取ってください。

やり方について詳しくは次の記事を参考にしてください。

犬の耳掃除の頻度はどれくらい?洗浄液や綿棒を使ったやり方について|HANEY [ハニー]
犬も人間と同じように定期的に耳掃除を行わないと耳の中に汚れが溜まってしまいます。特に汚れが溜まりやすい垂れ耳の犬種は、飼い主さんが耳掃除をしてあげないと耳の中から悪臭がしたり、細菌が繁殖して耳の病気を発症してしまうことがあります。ここでは犬の耳掃除の頻度や洗浄液、綿棒を使った耳掃除のやり方、犬が耳掃除を嫌がるときの対処法などをご紹介します。

ポイント

柴犬は立ち耳なのでそれほど耳の中が蒸れたり、汚れが溜まることはありません。そのため、それほど頻繁に耳掃除を行う必要はありませんが、1〜2週間に一回くらいは耳の中の状態をチェックしておきましょう。柴犬にも個体差があるため、中には耳垢が溜まりやすい子もいるので、耳の中の様子を見て汚れている場合は耳掃除を行いましょう。