柴犬に爪切りは必要?嫌がる理由や頻度について

犬は自分で爪を切ることができないため、放っておくと爪が伸びてしまいます。柴犬には活発な子が多いため、散歩の長さや運動の量によってはそれほど爪が伸びない場合もありますが、犬によっては狼爪が生えていたり、爪が伸びすぎて怪我をしてしまうことがあるので、定期的に爪を切ってあげる必要があります。ここでは柴犬の爪切りの必要性や嫌がる理由、爪を切る頻度などをご紹介いたします。

目次

昔は爪切りは必要じゃなかった?

Fotolia 124673154 xs

野生の犬は自分の爪を切ることはないので、かつては柴犬の爪を切ってあげる必要はありませんでした。

しかし、犬は自分で爪を研ぐということはしないので、ペットとして室内で柴犬を飼う場合は飼い主さんが定期的に爪を切ってあげる必要があります。

昔は必要ではなかった?

柴犬はかつて猟犬として飼われていた犬種です。土の上を走ることで自然と爪が削られていたので、人間が爪を切らなくても適度な長さに保たれていましたが、現在は柴犬をペットとして室内で飼う家庭が増えているため、定期的に切ってあげないと爪が長くなってしまいます。

室内のフローリングやカーペットでは、どれだけ歩いたり走ったりしても爪が削られることはほとんどないため、切らずに放っておくと長くなった爪が原因で飼い主さんや柴犬が怪我をしてしまう恐れがあります。

伸びすぎることによる危険

柴犬の爪が長くなりすぎてしまうと、犬と遊ぶときに爪が当たって痛い思いをする可能性があります。

また、柴犬自身も爪が伸びすぎることで歩きにくくなったり、爪が何かに引っかかったり、折れてしまうことで怪我をしてしまう危険があるので、飼い主さんが定期的に爪を切ってあげましょう。

柴犬が嫌がる理由について

Fotolia 72034985 xs

柴犬の爪は定期的に切ってあげる必要がありますが、犬によっては爪切りを嫌がってしまう場合があります。

以前に爪切りで痛い思いをしたことがある場合や、体を触られたり、固定されることに慣れていない場合は嫌がってしまう可能性があるので注意しましょう。

爪切りで痛い思いをしたことがある

柴犬の爪には血管や神経が通っています。そのため、深く切りすぎると血が出てしまったり、痛い思いをさせることになります。

そうなると爪切りに対して悪いイメージを持つようになるため、爪切りを行おうとすると嫌がって逃げたり、暴れてしまうようになるので、深く切りすぎないように注意しなければなりません。

ボディーコントロールを覚えさせる

犬は体を固定されたり、足の先を触られることを嫌う傾向があります。特に柴犬は警戒心が強い子も多いため、飼い主さんであっても体を固定されたり、足先を触られるのを嫌がる可能性があります。

無理に体を押さえて行うと、爪切りを見ただけで逃げるようになってしまうので、まずはいろいろな場所を触られることに慣れさせるボディーコントロールのしつけを覚えさせましょう。

犬のボディーコントロールについては次の記事を参考にしてください。

犬のボディコントロールとは?触っても嫌がらなくなるしつけについて|HANEY [ハニー]
犬のボディーコントロールとは、犬の体を自由に触ることができる状態をいいます。背中や首回りなどであれば自由に触ることができる場合でも口や耳、足先など、犬が嫌がる場所を触ろうとすると逃げてしまったり、抵抗して暴れてしまうことがあります。犬の体を自由に触ることができないと、後に苦労する場合があるのでしっかりと慣れさせておきましょう。ここでは犬のボディーコントロールの必要性やしつけ方などをご紹介します。

どれくらいの頻度で行う?

Fotolia 180834806 xs

爪切りを行う頻度は柴犬によって異なります。月に一回は切らないといけないという場合もあれば、年に数回でいいという場合もあるので、定期的に爪の長さを見て切るかどうか判断しましょう。

犬によって爪切りの頻度は異なる

爪の伸びる早さは犬によって異なります。外で飼っている場合や、柴犬の運動量や散歩の距離などによっても異なるので、個体によってそれぞれ爪を切る頻度は違います。

柴犬によっては年に数回程度という場合もあるので、頻繁に切る必要がなく自分で爪を切ることが難しい場合は動物病院やトリミングサロンへ依頼するのもいいでしょう。

爪の状態を確認しよう

爪を切るかどうかを判断するときは、柴犬が立っているときに横から確認してみましょう。爪が肉球から出て地面に当たっている場合は、伸びすぎているため切ってあげる必要があります。

地面に当たるくらい爪が伸びているとカチカチと音がするので、フローリングを歩いたときに音がする場合は爪を確認してあげましょう。

狼爪について

「狼爪(ろうそう)」とは、犬の足首付近にある爪のことをいいます。犬の指は4本しかないと思われがちですが、実は肉球についてある指と狼爪を合わせると全部で5本ついています。

これは狼の名残と言われており、犬によっては元々ついていなかったり、ブリーダーが切除していることも多いですが、柴犬の中には狼爪が残っている子もいます。

狼爪は地面に触れることがない場所についているので、放っておくとどんどん伸びてしまいます。そのため、狼爪がついている場合はこまめに爪の状態を確認しておきましょう。

ポイント

犬は自分で爪研ぎをしないため、放っておくとどんどん爪が伸びてしまいます。そうなると爪が当たって痛い思いをするだけでなく、柴犬自身の怪我の原因となってしまうので、定期的に爪をチェックして切ってあげましょう。

爪切りはトリミングサロンや動物病院でお金を払うことで切ってもらうことができるので、頻繁に爪切りを行わない場合は獣医さんやトリマーさんに依頼してみても良いでしょう。自宅で爪切りを行う場合はボディーコントロールで慣れさせておくと爪を切りやすくなります。深爪をすると痛い思いをさせてしまうので、爪を切るときは十分に注意しましょう。

犬の爪切りのやり方については次の記事を参考にしてください。

犬の爪切りのやり方は?注意点や嫌がるときの対処法について|HANEY [ハニー]
犬が猫のように爪研ぎをすることはないため、放っておくと人間と同じようにどんどん爪が伸びてしまいます。爪が伸びるスピードは犬によって異なりますが、爪が長いと当たったときに痛かったり、何かに引っかかることで怪我をしてしまう可能性があります。そのため、爪が伸びている場合はきちんと爪を切ってあげましょう。ここでは犬の爪切りのやり方や注意点、嫌がるときの対処法などをご紹介します。