犬の爪切りのやり方は?注意点や嫌がるときの対処法について

犬が猫のように爪研ぎをすることはないため、放っておくと人間と同じようにどんどん爪が伸びてしまいます。爪が伸びるスピードは犬によって異なりますが、爪が長いと当たったときに痛かったり、何かに引っかかることで怪我をしてしまう可能性があります。そのため、爪が伸びている場合はきちんと爪を切ってあげましょう。ここでは犬の爪切りのやり方や注意点、嫌がるときの対処法などをご紹介します。

目次

犬の爪切りについて

17438812 711668902349294 1544317355985731584 n

犬は自分で爪を切ることができないので、定期的に爪切りをしてあげる必要があります。爪切りを行う頻度は犬によって異なりますが、長くなっていたらすぐに切ってあげる必要があるので、必要な道具を揃えておきましょう。

犬の爪切りの必要性

犬は猫のように爪を研ぐことがないため、放っておくと爪が長くなってしまいます。
野生に住んでいる場合は、歩いたり走ったりしたときに爪が地面に擦れて削られていきますが、家庭でペットとして飼っている場合は定期的に切ってあげないとどんどん爪が伸びてしまいます。

爪が伸びると犬の爪が飼い主さんや人の体に当たってしまったり、何かに引っかかることで剥がれてしまう危険性があります。
相手に怪我をさせたり、犬自身が怪我をする危険性があるので、長くなったらすぐに爪切りを行いましょう。

どれくらいの頻度で切ればいい?

爪が伸びるスピードは犬によって異なります。

散歩の時間が長かったり、外で運動をする機会が多い場合は、地面に擦れることで爪が削られるため爪が伸びにくくなりますが、運動量が少なく家の中で過ごすことが多い犬であれば、月に2回くらいは爪切りが必要となる場合があります。

用意するもの

犬の爪切りを行う場合は、爪切りと爪ヤスリ、止血剤などを用意してあげましょう。爪切りは爪を挟んで切るニッパータイプと、輪っかの中に爪を通して切るギロチンタイプに分かれています。

ギロチンタイプの方が初心者でも安全に切りやすくなっていますが、太くて硬い爪や巻いている爪の場合はニッパータイプの方が切りやすい場合もあるので、必要に応じて使い分けてみましょう。

犬の爪には血管が通っているため、万が一出血したときに備えて止血剤も用意しておきます。爪ヤスリは爪を切った後に角をとったり形を整えるときに使用します。

やり方や気を付ける注意点は?

Fotolia 203901252 xs

犬の爪切りを行うときは正しい手順で怪我をさせないように行っていきましょう。誤って切りすぎてしまうと血管を傷つけてしまうことがあるので注意してください。

爪切りのやり方

・爪を確認する
犬の爪を見て長さを確認します。犬の爪には血管が通っているため、爪の中が赤色やピンク色になっている部分があります。切るのは白い部分だけなのでよく見ておきましょう。

・爪を切る
爪切りを使って爪を切っていきます。ピンクや赤色になっている場所を傷つけないように白い部分だけを切ります。最初にまっすぐ爪を切り、丸くなるように角を切っていきます。

・爪ヤスリで削る
爪切りだけでは角を取り切ることが難しい場合があるので、爪ヤスリを使って角を丸くしていきます。

爪切りを行うときの注意点

爪切りを行うときはとにかく深爪をしないように気を付けてください。犬の爪には血管が通っているため、深爪をすると血が出てしまいます。

そのため、爪を切る場合は爪の中にある血管を確認しておく必要がありますが、犬によっては爪の色が黒く、血管を確認することが難しい場合があります。血が出てしまうと当然痛みも出るので、血管が分かりづらいときは無理をせずに少しずつ切っていきましょう。

爪切りの頻度は増えてしまうかもしれませんが、先っぽを切るだけでも効果はあるので、怪我の恐れがある場合は無理をせず、伸びた先の部分だけをカットしましょう。

嫌がる場合はどうすればいい?

Fotolia 132536856 xs

犬によっては爪切りを嫌がってしまう場合があります。犬は一度痛い思いをすると爪切りを嫌がるようになるので、爪を切るときは慎重に行っていきましょう。

ボディーコントロールを覚えさせる

犬は触られることに慣れていない足先を持たれたり、体を固定されると嫌がる場合があります。

爪を切るときは、犬が暴れてしまうとなかなかうまく爪切りを行うことができない場合があるので、爪切りを嫌がる場合はボディーコントロールを覚えさせることで足先を持たれたり、体を固定されることに慣れさせておく必要があります。

犬のボディーコントロールについては次の記事を参考にしてください。

犬のボディコントロールとは?触っても嫌がらなくなるしつけについて|HANEY [ハニー]
犬のボディーコントロールとは、犬の体を自由に触ることができる状態をいいます。背中や首回りなどであれば自由に触ることができる場合でも口や耳、足先など、犬が嫌がる場所を触ろうとすると逃げてしまったり、抵抗して暴れてしまうことがあります。犬の体を自由に触ることができないと、後に苦労する場合があるのでしっかりと慣れさせておきましょう。ここでは犬のボディーコントロールの必要性やしつけ方などをご紹介します。

痛い思いをさせないように気を付ける

爪切りで一度痛い思いをさせてしまうと爪切りを怖がるようになってしまうので、間違って血管を切らないように注意する必要があります。

犬が爪切りを怖がってしまう場合は、4本足で立たせた状態で爪を切る足を後ろに曲げて切ることで犬から見えにくくなるので、犬を撫でるなどしてリラックスさせている状態で行うとスムーズに爪を切ることができる場合があります。

また、おやつを与えながら行うことで徐々に嫌がらなくなる場合もあるので、嫌がる場合はご褒美を用意して慣れさせていきましょう。

動物病院やトリミングサロンに依頼する

どうしても自宅で爪を切ることが難しい場合は、動物病院やトリミングサロンで犬の爪を切ってもらうことができます。

その場合はお金はかかりますが、安全に爪切りを行うことができるので、なかなかうまく爪切りができない場合や、怪我をさせてしまわないか不安な場合は動物病院やトリミングサロンに依頼しましょう。

ポイント

犬の爪は生活習慣や個体差によって伸びるスピードが大きく異なる場合があります。爪が伸びたままになっていると怪我の原因となるので、定期的に爪の状態を確認しておきましょう。

爪切りは体を固定しなくても行うことができますが、犬が動いたり暴れてしまうような場合は抱きかかえながら行った方がやりやすい場合もあります。血管を切ると血が出てしまうので、怪我をさせないように慎重に行ってください。