犬の肛門絞りのやり方は?頻度や注意点について

肛門絞りという言葉を聞いたことはありますか?犬のお尻の穴の近くには小さい袋が2つあり、この場所には犬特有のにおいがする分泌液が溜められています。この分泌液は本来、犬自身が自分で出せますが、中には自分で出すことができない子もいます。分泌液が溜まると病気の原因となるので、飼い主さんが肛門絞りによって分泌液を出してあげる必要があります。ここでは犬の肛門絞りのやり方や頻度、注意点などをご紹介します。

目次

犬の肛門腺について

Fotolia 197115841 xs

犬のお尻の近くには肛門のうという袋があります。ここにはにおいを出すための分泌液が溜められていますが、この分泌液がうまく排出されないと病気の原因となってしまいます。

肛門のうとは?

肛門のうとは、お尻の穴の近くに左右一つずつ備わっている袋のことで、この中には肛門腺というものがあります。

この腺からはマーキングをするときなどに出す犬特有のにおいがする液が分泌されており、トイレをするときに一緒に排出されるようになっています。
しかし、犬の中には自分でこの分泌液を排出できない子もいます。

病気の原因になることも

肛門腺から出されている分泌液を犬が自分で出すことができないと、肛門のうにどんどん溜まってしまいます。
そうなると炎症を起こしてしまったり、細菌が繁殖して肛門周囲腺炎や肛門のう炎などの病気を発症してしまうことがあります。

特に小型の犬種は自分で分泌液を出すことができない場合が多いので注意しましょう。

膿が溜まることで肛門が破裂する危険がある犬の病気「肛門のう炎」について|HANEY [ハニー]
肛門に犬特有の分泌液が溜まることで発症する犬の病気「肛門のう炎」。分泌液の量は犬によって違いますが、特に自力で出せない小型犬にたまりやすいといわれています。飼い主さんが犬の分泌液を出す「肛門絞り」を上手くできていなかったり、または分泌液の存在自体を知らないことが原因で発症することが多く、ひどい場合だと肛門の皮を破って出血することもあります。そんな犬の肛門のう炎や肛門の絞り方についてまとめました。
肛門周辺に炎症が起きる犬の病気「肛門周囲腺炎」について|HANEY [ハニー]
肛門周辺腺炎とは、肛門の周りにある肛門周辺腺という分泌腺に炎症が起きる病気です。肛門周辺腺に炎症が起きると肛門周辺が赤く腫れる、痛みやかゆみが出る、などの症状があらわれ、悪化すると出血や化膿やしこりができるようになります。治療では主に抗生物質による投薬治療を行いますが、しこりがある場合は外科手術によって摘出する必要があります。しこりが大きくなると手術は困難になるため、早期に治療する必要があります。

肛門絞りのやり方は?

Fotolia 14023497 xs

犬が自分で肛門腺から出される分泌液を排出することができない場合は、飼い主さんが肛門絞りを行うことで出してあげる必要があります。

肛門のうの場所を確認する

まずは肛門のうの場所を確認してみましょう。分泌液が溜められている肛門のうはお尻の穴から4時と8時の方向にあります。

この場所を軽く撫でることで袋があるのを確認することができるので、まずは軽く触ってみましょう。
詳しくは動画を確認してください。

絞り方

袋の場所を確認したら、実際に肛門絞りを行っていきます。犬のしっぽを持ち上げて袋を人差し指と親指でつまむような感じで絞ります。

このとき、適度な力で若干上に持ち上げながら絞るような感じで行うと絞りやすくなります。
肛門絞りを行うとにおいのキツイ分泌液が排出されるので、お風呂場で行ったりトイレットペーパーを手に巻いた状態で行うことをお勧めします。

どれくらいの頻度でやればいい?

Fotolia 162517614 xs

肛門絞りを行う頻度は犬によって異なります。分泌液が溜まる量は犬によって異なりますが、だいたい2〜3週間に一度の頻度で行うと安心だと言われています。

犬によって異なる

肛門腺からにおいの液が分泌される量は犬によって異なります。そのため、犬によっては1ヶ月ほどで大量の分泌液が溜まってしまう子もいれば、2〜3ヶ月経っても平気という子もいます。

また、犬によっては自力で出すことができる場合もあるので、そういった場合は頻繁に肛門絞りを行う必要はありません。

2〜3週間に一回行う

犬が自力で分泌液を出すことができない場合は、だいたい2〜3週間に一回くらいの頻度で肛門絞りを行いましょう。

犬によっては2〜3ヶ月放っておいても問題がない場合もありますが、比較的分泌液が溜まりやすい子の場合でも2〜3週間を目安に行えば病気を予防することができると言われています。

ペットサロンや動物病院に依頼する

自宅での肛門絞りが難しいという場合は、ペットサロンや動物病院で依頼することができます。
当然、料金はかかりますが分泌液が溜まってしまうと犬は病気になってしまうので、自分でできないという場合はプロにお願いしましょう。

ヘアカットが必要な犬種の場合は、トリミングのついでにやってもらったり、動物病院で定期検診を受けるついでにやってもらうと良いでしょう。

ポイント

肛門絞りは犬によっては必要ない場合もあります。特に大型犬の場合は自分で排出できる子が多いので、自力で排出できる場合は肛門絞りを行う必要はありません。しかし、老犬や小型犬は分泌液を排出するための筋肉が弱いので、自力で出せない場合があります。

お尻に溜められている分泌液の量は犬によって異なるため、中にはほとんど溜まらない子もいますが、病気を避けるためにも最初は2〜3週間を目安に行うようにしておきましょう。