犬の歯磨きの方法は?行う頻度や歯ブラシ、ガーゼを使ったやり方について

犬も人間と同じように定期的に歯磨きを行わないと、歯周病や虫歯になってしまいます。これらの歯の病気は口臭の原因となったり、他の病気の原因となる場合があるので注意しなければなりません。ペットとして飼われている3歳以上の犬の多くは歯周病を抱えていると言われているため、犬の歯を守るためにも正しい方法や頻度で歯を磨いてあげる必要があります。ここでは犬の歯磨きの方法や頻度などをご紹介します。

目次

歯磨きはどんなやり方をするべき?

Fotolia 42224891 xs

犬は基本的に歯磨きが好きではありません。そのため、歯磨きを行う場合はまず口を触られることに慣れさせたり、歯ブラシに慣れさせることから始める必要があります。

まずは慣れさせることから始める

歯ブラシをいきなり犬の口に入れると、歯磨きを嫌がるようになってしまいます。そのため、まずは慣れさせることから始めていきましょう。

最初は口を触られることに慣れさせる必要があるので、犬の口を触ったり、唇をめくるなどしていきます。
口を軽くタッチしたら、褒めたりおやつなどのご褒美を与えることから始めていき、慣れたら唇をめくる、歯に触るなどに挑戦してみましょう。

ガーゼで磨く方法

口を触られても嫌がらなくなってきたら、まずはガーゼや犬用のデンタルシーツを指に巻いて歯を磨いていきましょう。

濡らしたガーゼを歯ブラシの代わりに使って歯を磨きますが、最初はガーゼを指に巻いた状態で犬の口に触ったり、唇をめくるなどを褒めながら慣れさせていきます。

十分に慣れさせたらガーゼで歯をこすって歯磨きを行いますが、歯磨きを行うときは犬歯、奥歯、前歯と分けて行い、犬歯を磨き終わったら褒める、奥歯を磨き終わったら褒めるという風にご褒美を与えながら行いましょう。

奥歯を磨くときはなるべく奥までしっかりと磨いてあげる必要がありますが、犬が嫌がってしまわないように短い時間で終わらせることも大切です。

詳しくは動画を参考にしてください。

歯ブラシで磨いていく方法

歯ブラシで歯磨きを行う場合も、まずは歯ブラシに慣れさせることから始めていきます。最初は歯ブラシの匂いを嗅がせたり、舐めさせたりして慣れさせていきましょう。

慣れてきたら歯磨きで歯をタッチして褒めたり、おやつなどのご褒美を与え、歯ブラシで歯に触れるようになったら水で濡らした歯ブラシを使って歯を磨いてきます。

犬の唇を持ち上げて犬歯、奥歯、前歯に分けて磨いていき、うまくできたらその都度おやつを与えて褒めてあげましょう。

歯を磨くときは歯と歯茎の間の汚れを落とすように磨いていきます。基本的に歯の裏側以外は口を閉じた状態で磨くことができるので、無理に口を開けさせる必要はありませんが、慣れてきたら口の中に入れてみて、歯の裏側なども磨いてみましょう。

どれくらいの頻度ですればいい?

Fotolia 140009255 xs

犬の歯磨きはなるべく毎日行った方が良いですが、毎日の歯磨きが難しい場合は週に2〜3回を目安に行っていきましょう。

なるべく毎日行う

歯周病などの歯の病気を予防するためには、毎日歯磨きを行った方が良いと言われています。そのため、毎日1回、2〜3分の歯磨きを行うようにしましょう。

歯磨きを行うタイミングは犬がリラックスしている寝る前の時間帯や、機嫌がいい散歩前の時間などに行うと受け入れやすくなります。

週に2〜3回はやるようにしよう

忙しくて毎日歯磨きすることが難しいという場合でも、なるべく週に2〜3回は歯磨きをするようにしましょう。

歯についた歯垢は3〜4日ほどで歯石に変わってしまいます。一度、歯石がつくと歯磨きでは取り除くことができないため、歯の状態によっては特別な治療が必要となってしまうことがあります。

食事の内容によって歯垢や歯石のつきやすさは異なりますが、毎日の歯磨きが難しいという場合でもなるべく2日に1回くらいは歯を磨いてあげましょう。

いつからするのかについては次の記事を参考にしてください。

犬の歯磨きはいつから行う?ガムを与える時期や始め方について|HANEY [ハニー]
犬は定期的に歯磨きを行わないと口内環境が悪化して口臭がきつくなったり、歯周病や虫歯などの歯の病気になってしまう場合があります。そのため、きちんと歯磨きをさせる必要がありますが、成犬になってから始めようとすると嫌がって逃げたり、歯ブラシを怖がってしまうことがあります。それでは、犬の歯磨きはいつから始めれば良いのでしょうか。ここでは犬用のガムを与える時期や歯磨きをいつから始めるのかなどをご紹介します。

犬が嫌がる場合の対処法は?

Fotolia 90063975 xs

犬が歯磨きを嫌がる場合は歯磨きガムを使用したり、プロのトリマーさんにお願いするという方法があります。
しかし、歯磨きは自宅でもできた方が良いので、徐々に慣れさせていった方がいいでしょう。

歯磨きガムを使用する

犬が嫌がって歯磨きができないという場合は、犬用の歯磨きガムを与えてみましょう。
歯磨きガムは噛むだけで歯の歯垢を落とすことができるので、犬はストレスを発散しながら歯を綺麗にすることができます。

犬用のガムには塩分や添加物の使用を控えたものや、牛皮を使ったものなどたくさんの種類があるので、犬の健康状態に合わせたものを使用しましょう。

1日に1つ与えるだけで犬を喜ばせながら歯を綺麗にすることができますが、硬いガムは与え過ぎるとかえって歯に良くないと言われることがあるので注意してください。

また、間違って飲み込むことで喉を詰まらせる危険もあるので、ガムを与えているときは目を離さないようにしましょう。

トリミングサロンでお願いする

自宅での歯磨きに苦労している場合は、トリミングサロンでお願いすることもできます。
しかし、歯磨きを行うたびにお金がかかってしまうので、基本的には自宅で行うようにして、月に1度トリミングサロンでしっかり磨いてもらうなど、定期的に利用することをお勧めします。

また、歯の状態が悪い場合は動物病院にも相談してみましょう。

少しずつ慣れさせていく

犬用のガムだけではムラができてしまったり、うまく落ちない汚れが出てしまいます。また、毎日や2〜3日に1回など、頻繁にトリミングサロンへ連れて行くのも厳しい場合があるので、犬が嫌がる場合でも少しずつ歯磨きに慣れさせていく必要があります。

まずは触られることから始めていき、おやつを与えながら徐々に歯磨きに慣れさせていきましょう。

犬が歯磨きを嫌がる場合は次の記事を参考にしてください。

犬が歯磨きを嫌がる理由は?慣れさせ方や噛むときの対処法|HANEY [ハニー]
犬は基本的に歯磨きが嫌いなのでいきなり歯を磨こうと歯ブラシを口に入れると嫌がるようになってしまいます。犬も人間と同じで定期的に歯磨きをしてあげないと虫歯や歯周病の原因となってしまいますが、一度嫌がるようになると歯ブラシを見ただけで逃げ出したり、嫌がって噛むようになるので、なかなか上手に歯磨きができなくなります。ここでは犬が歯磨きを嫌がる理由や噛んだり、嫌がるときの慣れさせ方などをご紹介します。

ポイント

犬はきちんと歯磨きを行っていないと、歯周病などの歯の病気を患ってしまいます。食事の内容にもよりますが、最低でも週に2〜3回の頻度で歯磨きを行わないと歯石ができてしまい、歯の状態が悪くなってしまうので、きちんと歯磨きを行うようにしましょう。

歯磨きを行う場合は一度で無理をせずに、褒めながら少しずつ進めていきます。無理やり口を開かせたり、歯ブラシを押し込んでしまうと嫌がるようになってしまうので、2〜3分という短い時間で犬が嫌がる前に終わらせてあげましょう。