犬が歯磨きを嫌がる理由は?慣れさせ方や噛むときの対処法

犬は基本的に歯磨きが嫌いなのでいきなり歯を磨こうと歯ブラシを口に入れると嫌がるようになってしまいます。犬も人間と同じで定期的に歯磨きをしてあげないと虫歯や歯周病の原因となってしまいますが、一度嫌がるようになると歯ブラシを見ただけで逃げ出したり、嫌がって噛むようになるので、なかなか上手に歯磨きができなくなります。ここでは犬が歯磨きを嫌がる理由や噛んだり、嫌がるときの慣れさせ方などをご紹介します。

目次

犬が歯磨きを嫌がるのはどうして?

Fotolia 42224891 xs

犬は様々な理由で歯磨きを嫌がるようになりますが、多くの場合は口に触られることに慣れていなかったり、見慣れない歯ブラシを口の中に入れられることを不快に感じてしまうことが原因となっています。

口に触られることに慣れていない

犬は基本的に口周りを触られることを嫌います。犬の歯を磨くためには唇をめくったり、歯に触る必要があるため、口に触られていることに慣れていない状態で歯磨きを行おうとすると不快感や恐怖心から歯磨き嫌いになってしまう可能性があります。

歯ブラシに慣れていない

歯ブラシに慣れていない状態でいきなり口の中に入れようとすると犬は嫌がってしまいます。人間であれば歯ブラシが歯を磨くために使う道具であることを知っていますが、犬にはそれが分かりません。

見慣れないものをいきなり口の中に入れようとすることで驚いてしまったり、不快に感じてしまうようになります。

歯磨きに悪い印象を持っている

歯磨きをするときに痛くしてしまったり、無理やり体を固定して行おうとすると、歯磨きに悪い印象を持つようになります。

犬は一度嫌な思いをするとそのことをとてもよく覚えているため「歯磨きするよ」と声をかけたり、歯ブラシを見ると嫌がって逃げたり、歯ブラシを噛んでしまうようになってしまいます。

慣れさせるための方法は?

Fotolia 53179683 xs

一度歯磨きを嫌がるようになってしまうと、慣れさせるまでに時間がかかる場合があります。慣れさせる練習をしてもすぐには効果が出ない場合もありますが、無理をせず根気強く慣れさせていきましょう。

口を触ることから始める

歯磨きに慣れさせるためには犬の口を触れるようになる必要がありますが、犬が歯磨き嫌いになっていると口に触ろうとするだけで嫌がって逃げてしまいます。

これは「口を触る=歯磨き」となっていることが原因なので、歯磨きを行うとき以外にも犬の口を触る習慣を作る必要があります。
普段からスキンシップを取るときに口に触る習慣をつけておくと自然と慣れていくので、犬がリラックスしているときやスキンシップを取っているときなど、何気ないタイミングで触るようにしましょう。

口を軽くタッチすることから始め、触れたら「いいこ」と褒めておやつを与えるようにしていきます。
慣れてきたら唇をめくったり、犬の歯を触ってみましょう。どうしても触らせてもらえない場合はおやつなどで気を引き、うまく触れたらおやつを与えて褒めてあげましょう。

歯ブラシに慣れさせる

口を触れるようになると、ガーゼやデンタルシートなどを指に巻いて歯磨きを行う練習ができるようになりますが、歯ブラシに悪いイメージを持ったままだと歯ブラシを見かけるだけで逃げてしまったり、嫌がって噛んでしまう場合があります。

これも「歯ブラシ=嫌いな歯磨き」という悪いイメージがついていることが原因なので、歯磨きをするとき以外にも歯ブラシを置いて慣れさせたり、においを嗅がせるなどしていきましょう。また、歯ブラシに甘い味がする犬用のデンタルペーストをつけて舐めさせることなども効果的です。

歯磨きの練習を行う

犬の口に触れるようになり、歯ブラシを嫌がらなくなったら少しずつ歯磨きの練習を行っていきましょう。
まずは甘い味がする犬用のデンタルペーストをつけて舐めさせて、少しだけ口に入れます。

最初は口の中に歯ブラシを入れても動かしたりせず、うまくいけばご褒美のおやつをあげて「いいこ」と褒めてあげましょう。
慣れてきたら徐々に歯ブラシで歯に触ったり、少しだけ歯ブラシで擦るなどして、うまくいけば同じようにおやつを与えて褒めてあげます。

「歯磨き=おやつがもらえる」というように歯磨きに良いイメージを持つようになれば、犬は歯磨きを徐々に嫌がらなくなっていきます。
うまくできるようになれば一部だけ歯を磨き、嫌がる前にやめておやつを与えるということを繰り返して少しずつ慣れさせていきましょう。

犬の歯磨きのやり方については次の記事を参考にしてください。

ガムやおもちゃには効果がある?

Fotolia 127379341 xs

犬には犬用のガムや歯に良いおもちゃなど、いろいろなデンタルケアグッズがあります。
これらの中には一定の効果が期待できる物もあるので、歯磨きができるようになるまではこうしたグッズを活用することができます。

ガムやおもちゃについて

犬用のガムやデンタルケア用のおもちゃなど、犬が噛むことで歯の汚れを取り除いてくれるデンタルケアグッズがあります。
ガムなどは夢中になってこれらを噛んでくれるので、歯を綺麗にしてくれることに加え、ストレスの発散などの効果も期待できます。

与える場合はできるだけ奥歯で噛ませたり、時間をかけて毎日あげることで効果が出てきますが、間違って飲み込んで喉を詰まらせてしまうことがないように十分に注意しましょう。

歯磨きを嫌がる犬に効果的

犬が歯磨きを嫌がっているときや、歯磨きに慣れさせる練習を行っているときはうまく歯を磨くことができません。
そのため、歯磨きに慣れさせるまではこうしたガムやおもちゃは効果的です。

しかし、こうしたデンタルグッズだけでは磨き残しが出てしまったり、歯の状態をチェックすることができません。
そのため、デンタルグッズに頼るだけでなく、徐々に歯磨きに慣れさせていく必要があります。

ポイント

口に触られることや、歯ブラシに慣れていない状態でいきなり歯磨きを行おうとすると犬は嫌がるようになってしまいます。そのため、一番最初に歯磨きを行うときは十分に慣れさせてから行う必要があります。

犬が一度歯磨きを嫌がるようになってしまうと、慣れさせるまでに時間がかかってしまいますが、おやつを与えて褒めながら練習をしたり、甘い味がするデンタルペーストを活用するなどして時間をかければ、少しずつ慣れていくので、根気強く慣れさせていきましょう。